運営者 Bitlet 姉妹サービス
249件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 湯梨浜町議会 平成30年第 8回定例会(第 3日12月12日) そして、夜間であれば迅速な対応ができない。ましてや想定条件のような大雨、強風が重なれば、どれだけの人たちが避難できるのだろうか。  2点目、避難するときに各集落の避難行動要支援者への対応はできたのだろうか。  3点目、ハザードマップには、訓練参加地域の指定避難所は花見コミュニティー施設となっているのに、訓練ではなぜ羽衣会館にしたのだろうか。   もっと読む
2018-12-06 米子市議会 平成30年12月定例会(第2号12月 6日) なぜここを先ほどから何回も申し上げるかといいますと、視察に行かせていただいた中学が、区なので米子市とは現状は違うんですけど、こちらのほうが保育から教育に関して全て、米子市でいう教育委員会さんが担っておられるということで、我々がといいますか、当局の皆さんがおっしゃいます切れ目のない支援体制という概念が向こうにはございませんでした。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第4号) 本文 過去の水害を教訓といたしまして、鳥取市におきましては、避難勧告、避難指示が出ても、例えば既に浸水が始まっていたり、夜間など移動に危険を伴う場合、これは建物の2階以上への垂直避難、これを勧めておられますが、今回浸水エリアとなった青谷駅前の高齢の方から、総合支所は遠いし、坂道だし、なかなか避難できませんわと、そのような複数の声をお伺いいたしました。 もっと読む
2018-09-11 米子市議会 平成30年 9月定例会(第4号 9月11日) といいますのが、ここからはまだその制度や体制が整っておりませんので、私からの要望的といいますか、希望的な質問になってしまいますので申しわけございませんけれども、私は、今後地域に根差した、身近な人材によって、その地域ごとに特色を持った家庭教育支援チームを、できましたら中学校区ごとに立ち上げていただいて、地域における家庭教育支援にかかわる機関をつないでいく、その中心的な役割を担っていただくような仕組みづくりができないものか もっと読む
2018-09-06 八頭町議会 平成30年第 7回定例会(第3日目 9月 6日) 議員御指摘のエアコン設置は、長期的に避難される場合の想定というふうに考えておりますが、7月豪雨時におきましても夜間のみの避難の方が多く、昼間は御自宅で過ごされておりました。幸いにもこれまで長期的に避難された例もなく、今回の経験も踏まえ、体育施設等の避難所に対応すべく9月の補正予算に大型扇風機10台の予算計上をさせていただいております。 もっと読む
2018-07-20 米子市議会 平成30年 7月定例会(第5号 7月20日) 安来市につきましては、ゼロ歳から中学3年生までが無償、松江市につきましては、ゼロ歳から小学校6年生まで、出雲市につきましては、ゼロ歳から満6歳に達する年度までが無償という制度でございます。 ○(岩﨑副議長) 岡村議員。 もっと読む
2018-06-18 境港市議会 平成30年第3回定例会(第2号 6月18日) また、佐賀県では、同意が得られた中学3年生を対象に、学校健診の検尿の残りを利用してピロリ菌検査を実施しています。陽性と判定されると便による2次検査に進み、陽性の場合除菌を行います。2016年度は佐賀県内中学3年生の8割近くに当たる6,953人が1次検査を受け、5.7%に当たる399人が陽性、うち279人が2次検査を受け、208人が除菌をされたということです。 もっと読む
2018-06-11 八頭町議会 平成30年第 4回定例会(第3日目 6月11日) 時々登校の様子を8のつく日、やずっ子の日に見にいきますけれども、そして、中学2年生の職場体験の様子を見る機会もありますが、しっかりした子どもたちの姿に感心をしています。  どの子も汽車でということではなくて、各家庭で相談されて選択できるような方法はとれないのでしょうか。 もっと読む
2018-06-08 八頭町議会 平成30年第 4回定例会(第2日目 6月 8日) そういう連携のことを考えていきますと、鳥取市においても南中、桜ヶ丘中学の子どもたちが盛んにホッケーをやっております。 もっと読む
2018-03-12 湯梨浜町議会 平成30年第 2回定例会(第 5日 3月12日) 湯梨浜町在住のひとり親家庭の方を対象に生活実態や福祉、子育て、教育についてのニーズを把握するため、ひとり親家庭等ニーズ調査を実施したところ、子どもが中学、高校へと進学していくにつれ経済的な不安が生じ、子どもの将来について不安を抱かれている家庭が多いと、そういった傾向がございました。 もっと読む
2018-03-08 米子市議会 平成30年 3月定例会(第6号 3月 8日) それは、土曜、日曜、祝祭日、夜間を議会にしていく。そうすれば、日ごろ働いている人たち、各界で活躍してる有能な専門職の人たちも議会に出てくる。そして、その専門職的な考え方で指摘や提案もしてくる。そうすれば、当然議会全体の権能も高まってくる、市民の期待も高まってくる、そういうことが一つに私はあるだろうと思います。  ただ、もう一つ、やはり各界各層からの広い民意を議会に上げていかなきゃいけない。 もっと読む
2018-03-07 米子市議会 平成30年 3月定例会(第5号 3月 7日) 夜間に楽しめる娯楽や夜の飲食は、そのまま宿泊事業にもつながりやすいため、ここに工夫を施して、訪れて楽しい米子の町をアピールしていきたいと考えております。  続きまして、市営住宅の長寿命化についてのお尋ねでございます。市営住宅のこれからのあり方と整備方針についてのお尋ねでございますが、ことし4月に都市整備部に住宅政策課を新設いたしまして、住宅政策を一元的に実施していくこととしております。 もっと読む
2017-12-18 北栄町議会 平成29年12月第11回定例会 (第12日12月18日) 和解及び損害賠償の額の決定について  日程第21 平成29年陳情第6号 公文書の適切な管理運用を求める意見書の提出につい                 て(陳情)  日程第22 平成29年陳情第7号 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ、組織犯罪処罰法の改                 正に係る意見書の提出について(陳情)  日程第23 平成29年陳情第8号 教育環境・施設・設備の充実に関する陳情(大栄中学 もっと読む
2017-12-11 米子市議会 平成29年12月定例会(第5号12月11日) それを契機に、米子市におきましてもこの道路管理者、警察、学校、教育委員会事務局含めて通学路の安全確保に係る連絡協議会、これを設置いたしまして毎年各校区ごと、小学校・中学校区ごとに危険な箇所を確認し合同点検をしてどういう取り組みができるのか、道路管理者として、あるいは警察として信号等も含めて協議を行っておるところでございます。   もっと読む
2017-12-06 琴浦町議会 平成29年第 7回定例会(第2日12月 6日) ○議員(7番 藤本 則明君) 私は以前、月例報告でも言いましたけれども、自分の子供が3人おるわけですけれども、中学時代にいじめがあったことを公表しました。これはやはりいじめを受けた親でないとわからない部分も多々あろうかと思います。机の上で計算をした、こういった思いだというようなことはある程度理解はできますけれども、本当に腹の中で思いは私は受けた者でないとわからないという認識を常に持っております。 もっと読む
2017-12-06 琴浦町議会 平成29年第 7回定例会(第2日12月 6日) ○議員(7番 藤本 則明君) 私は以前、月例報告でも言いましたけれども、自分の子供が3人おるわけですけれども、中学時代にいじめがあったことを公表しました。これはやはりいじめを受けた親でないとわからない部分も多々あろうかと思います。机の上で計算をした、こういった思いだというようなことはある程度理解はできますけれども、本当に腹の中で思いは私は受けた者でないとわからないという認識を常に持っております。 もっと読む
2017-12-06 境港市議会 平成29年第6回定例会(第1号12月 6日) また、例年集客が落ちる冬場の対策として、SNSを使ったフォトコンテストの開催や、夜間の魅力度向上としてJR境港駅前の世界妖怪会議の会場にあんどんを設置するなど、官民一体となってにぎわいの創出に取り組んでいるところであります。  水産業について申し上げます。   もっと読む
2017-12-06 倉吉市議会 平成29年第7回定例会(第3号12月 6日) それから、夜間用に照明車両も必要になってくる。それから、これを走らせるには4メートル以上の幅員の道路も確保しないといけないということにもなってきます。ただ、堺町の場合は堤防がありますので、4メーターは確保できるということのようであります。   もっと読む
2017-09-08 八頭町議会 平成29年第 8回定例会(第3日目 9月 8日) それから、中学生のほうの学習会につきましては、やずっこ学習会、同じような格好で、いろいろ協議した結果、中学生いろいろ部活動等で忙しいというところもありまして、年1回夏休みに開催ということで事業をしております。  以上でございます。 ○議 長(谷本正敏君) 岡嶋議員。 もっと読む
2017-03-09 琴浦町議会 平成29年第 2回定例会(第3日 3月 9日) そこで、学習支援事業、例えば中学の段階で先ほども出ましたけど、高校などへ進学させて自立を促し、経済的な苦しさから親から子供に引き継がれる負の連鎖に歯どめをかける狙いがある。厚生労働省の紹介では、子供の学習支援を初め日常的な生活習慣、仲間との出会い、活動ができる居場所づくり、進学に関する支援、高校進学者の中退防止に関する支援等、これは子供と保護者の双方に必要な支援を行うとあります。 もっと読む