運営者 Bitlet 姉妹サービス
5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2011-09-13 境港市議会 平成23年第4回定例会(第3号 9月13日) 昭和51年、作家、堺屋太一氏が書きおろした小説「団塊の世代」で、一般社会で団塊の世代が認識された経緯があります。その世代を指す一般的な定義が幾つかあると思いますが、昭和22年から27年にわたって出生された世代、いわゆる第1次ベビーブームで、全国では800万人とも言われております。近年には一斉に退職期を迎え、2007年問題としてもクローズアップされました。   もっと読む
2009-03-09 米子市議会 平成21年 3月定例会(第4号 3月 9日) 団塊という名づけ親である堺屋太一さんは、彼らには今後10年間は黄金の時代が来るということをおっしゃっておられます。市長は、この団塊の世代の方々の人材を活用したそういうまちづくりも御検討いただけるお考えはないかお伺いをし、私の質問を終わります。  答弁によっては、再質問をさせていただきます。 ○(中村議長) 野坂市長。 ○(野坂市長)(登壇) 矢倉議員の御質問にお答えを申し上げます。   もっと読む
2007-03-01 鳥取市議会 平成19年 3月定例会(第4号) 本文 堺屋太一氏は「日本は非常に重大な時期に直面している。すべての政党、政治家は、この変革の重たさを正しく理解して、過去を断ち切る勇気と、未来を開く英知を持って進んでもらいたい」と語っておられます。教育問題、少子・高齢化問題、雇用対策、安全・安心な社会の構築など諸問題が山積する中で「人が輝く社会」の実現を目指し、現場からの改革が求められております。 もっと読む
2006-03-01 鳥取市議会 平成18年 3月定例会(第6号) 本文 さらに、堺屋太一氏が話題の書「団塊の世代」を著してから30年。2007年問題とも2010年問題とも呼ばれる団塊の世代が及ぼす社会現象が現実に迫ってきております。堺屋氏は昨年発表した「エキスペリエンツセブン-団塊の7人」という作品において、二、三年のうちに団塊の世代の人々は自身の心の葛藤と向き合い、地域と人に根差した活躍をしていくであろうと心温かく予測しております。 もっと読む
1999-06-18 米子市議会 平成11年第416回定例会(第5号 6月18日) この現状を堺屋太一経済企画庁長官は、日本列島総不況と表現し、先週、先日の景気の現状を下げどまり、横ばいであると報告したと聞き及んでいます。   もっと読む
  • 1