運営者 Bitlet 姉妹サービス
1168件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 北栄町議会 平成30年12月第8回定例会 (第 8日12月14日) また、平成28年度の地震対応などにより、大幅に財政調整基金を取り崩しました。経常収支比率も上昇しており、平成28年度は92.3%と90%を超えたということは硬直化が進んだということと評価せざるを得ませんが、財政指標上、危機的な状況とまでは言えない状況でございます。   もっと読む
2018-12-12 米子市議会 平成30年12月定例会(第5号12月12日) 平成12年には、記憶にも新しいんですけども鳥取県西部地震、これはマグニチュード7.3ということで、大規模な地震でありました。地震関係でいえば、平成28年10月に鳥取県の中部地震、マグニチュード6.6、大変な地震でありまして、これももう本当に記憶に新しいところではあると思います。 もっと読む
2018-12-12 湯梨浜町議会 平成30年第 8回定例会(第 3日12月12日) ことしも6月の大阪北部地震、7月の西日本豪雨、そして9月の北海道地震や台風24号により大きな被害が発生をしました。毎年、全国のどこかで災害が発生しており、今ではいつ、どこで災害が起きても不思議でない状況になっております。町内でも、過去に台風、豪雨、豪雪、そして地震により多くの被害が発生してきました。 もっと読む
2018-12-11 米子市議会 平成30年12月定例会(第4号12月11日) 地震列島に50基以上の原発が立ち並び、地震は活動期に入ったと専門家が言われています。豪雨などの自然災害が頻発している近年です。国の地震調査研究推進本部が2016年に公表しました中国地方の地震に関する長期評価があります。これによると、鳥取県と島根県東部が、中国地方では地震発生率が高く、今後30年間にマグニチュード6.8以上の地震発生する確率を40%としています。 もっと読む
2018-12-10 湯梨浜町議会 平成30年第 8回定例会(第 1日12月10日) また、この日は鳥取県中部地震からちょうど2年目の日であることから、倉吉市で鳥取県中部地震に係る第5回の復興会議及び鳥取中部福興祭が行われました。このうち、復興会議では、住宅再建支援金の申請について、期限を設けたらどうかというようなことについての意見交換があり、倉吉市のごくわずか、1軒ですけれども、実際に言いますと。 もっと読む
2018-12-07 米子市議会 平成30年12月定例会(第3号12月 7日) ○(朝妻市民生活部長) ホームページ等でも御案内をしているところでございますけれども、発生の時期や時間帯、地域、土地の状況、気象条件、被害を与える種類及び被害状況などが調査研究で明らかになっております。また、忌避剤等の有効性あるいは発生抑制の方法等の検証結果というのも明らかになっております。 ○(岩﨑副議長) 前原議員。 もっと読む
2018-12-07 北栄町議会 平成30年12月第8回定例会 (第 1日12月 7日) こちらは10月末をもって鳥取県中部地震の各種の支援金の申請が終わりましたので、とりあえず目安がついたということで補助金の精査をさせていただいたということです。ただ、申請は済んだんですが工事の完成が来年の10月末までに行えばよいということもありまして、この額が事業の確定額ではないということでございますので御了解いただきたいと思います。  それでは、15ページをお願いいたします。 もっと読む
2018-12-06 米子市議会 平成30年12月定例会(第2号12月 6日) ○(高橋農林水産振興局長) 黒腐菌核病の発生状況と面積推移、あるいは傾向ということでございますけども、米子市での近年の新たな発生状況につきましては、平成28年の11月から平成29年の6月末までに118圃場、面積にして14.2ヘクタール確認されております。また、平成29年11月から平成30年6月末までには62圃場、7.5ヘクタールで発生が確認されております。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第3号) 本文 私が住む青谷町では、台風24号で甚大な被害が発生しました。皆様方からの御支援に対しまして、被災地に住む1人として心から感謝申し上げます。  私は10月4日に日本共産党市議団とともに、被災者に添った迅速な対応、このことを鳥取市長に申し入れを行いました。青谷支所、執行部を初め皆様方の御尽力で、現地は次第に落ちつきを取り戻しています。本当にありがとうございました。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第1号) 本文 近年、平成28年に発生した鳥取県中部地震や、記録的な積雪となった平成29年の大雪、数十年に1度と言われる大雨特別警報が発令された平成30年7月豪雨、さらには、災害級とも言えることしの猛暑など、自然災害が市民生活に大きな被害をもたらしたことは記憶に新しいところです。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第4号) 本文 その9月議会終盤となった9月30日、今度は台風24号が上陸し、市内各所で土砂災害が発生、特に青谷地域では住宅等の浸水被害が発生するなど、市民生活に大きな影響を及ぼしました。  そこで、今回は台風24号における避難情報の発信や避難の現状など、鳥取市の状況はどうだったのか、また、災害対応に対するその後の検証と評価についてお伺いします。  登壇での質問は以上といたします。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第2号) 本文 地震が起きやすく、台風の常襲コースに位置する地理的条件に加え、最近は豪雨の頻発のように、従来と異なる様相を見せています。まさに、どの地域でもあらゆる事態を想定し備えを強めることが必要です。地域の現状と課題を常に点検し、住民を守る対策を講じていくことが欠かせません。災害に強い社会をつくることは政治の大きな役割だと考えます。   もっと読む
2018-10-17 北栄町議会 平成30年10月第7回臨時会 (第 1日10月17日) これは、農道などの交通規制のための看板や三角コーンなど、災害発生時から注意喚起などに必要な資材を購入するためのものでございます。   もっと読む
2018-09-18 北栄町議会 平成30年 9月第6回定例会 (第13日 9月18日) この事業は県の事業の部分もありますので、県と連携して、風疹の発生防止を目的としたワクチン接種につきまして、皆さんに広報していきたいと思っております。 ○議長(飯田 正征君) そのほかございませんか。  9番、藤田和徳議員。 ○議員(9番 藤田 和徳君) 9番です。主要施策の成果27ページ、一番下です。簡単な質問をします。 もっと読む
2018-09-18 湯梨浜町議会 平成30年第 5回定例会(第 6日 9月18日) その一環と申しましょうか、今月6日深夜に発生し、震度7を記録した北海道地震を初め例年になく台風が多発するなど近年は全国どこかで激甚災害が起こっております。今日まで災害発生が数十年あるいは100年に1度などという確率はもはや昔話となって、今や災害の発生は確率論では語れません。 もっと読む
2018-09-13 湯梨浜町議会 平成30年第 5回定例会(第 1日 9月13日) このように、この時期はイベントや催し物が多い時期だったのですが、ことしは例年にも増して、台風、豪雨、台風、地震、猛暑、そしてまた台風と、災害の心配が多い時期でもございました。 もっと読む
2018-09-13 北栄町議会 平成30年 9月第6回定例会 (第 8日 9月13日) それぞれの学校の防災教育、発災後行動を比較してみますと、釜石東中学校では、災害発生の8年前から大学教授の指導を受け防災教育を行っており、その内容は、実際に生徒に避難経路を確認させて防災計画を作成するなど、子どもたちがみずから考え、判断し、行動できる力を育てることを目的とした防災教育であったと思います。 もっと読む
2018-09-12 北栄町議会 平成30年 9月第6回定例会 (第 7日 9月12日) また、その後台風21号、また先日の北海道地震においても亡くなられた方や被災者、被害が多数出ております。まだその全容はわかっておりませんが、亡くなられた方に対しまして心よりお悔やみ申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げ、また一日も早い復興復旧をお祈りいたします。  さて、本町の7月豪雨時におきましても被害が報告されました。 もっと読む
2018-09-12 米子市議会 平成30年 9月定例会(第5号 9月12日) ○(安田議員) 次に、平成12年10月6日午後1時30分に発生した鳥取県西部地震は、鳥取県日野町から島根県伯太町にかけて地下5キロから15キロの地点にある長さ20キロの断層が約1.4メートルずれたマグニチュード7.3規模の大きな地震でありました。大沢川暗渠上の民家は、全壊家屋10棟、半壊家屋27棟、一部損壊家屋11棟、合計48棟の被害がありました。 もっと読む
2018-09-11 米子市議会 平成30年 9月定例会(第4号 9月11日) 本年6月18日に発生した大阪北部を震源とした地震により、小学校のプールのブロックが倒壊し、小学校4年生の女子児童が亡くなるという痛ましい事件が発生いたしました。このことを受けて、全国では学校や公共施設の周辺、通学路にあるブロック塀の点検が一斉に実施されました。通学路の安全を確保するためには、交通安全のみならず、周囲の建造物にも注意しなければいけないということを改めて認識いたしました。   もっと読む