2224件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2019-03-15 平成31年 3月第2回定例会 (第11日 3月15日)

捕まったのかどうなのかという情報が必要だと思いますから、そうしたものを踏まえて効果があったなかったというものを御説明させていただく中で、やはり効果があっただろうというふうにある程度認識がされてくれば、有害鳥獣の被害を出していただいているところが中心となりますけれども、そうした効率的な捕獲方法が確立してくればそこが出ているような集落を中心に説明会等を行いながら広げていくというような形になろうかと考えております

伯耆町議会 2019-03-14 平成31年 3月第 1回定例会(第3日 3月14日)

それから2つ目は合理的でかつ効率的、効果的な活動の推進のための取り組みということでございますので、やはりこれも校内でしっかり議論した上での取り組みを求めたいなというぐあいに思っておるところでございます。それから3つ目が適切な休養日等の設定ということでございまして、上限なく活動を展開するようなことは避けるというようなことが重要であろうというぐあいに考えておるところでございます。

北栄町議会 2019-03-13 平成31年 3月第2回定例会 (第 9日 3月13日)

この2つの計画は別々に策定するのではなく、1冊あるいは一体の計画として取り組むことが効果的、効率的な計画にでき上がるのではないかと思いますが、伺います。  7番目に、平成30年4月、社会福祉法の改正により、福祉推進計画に盛り込む内容が既存の項目を含めて16項目示されています。重要性、緊急性で見た優先順位等の所見を伺います。  

北栄町議会 2019-03-12 平成31年 3月第2回定例会 (第 8日 3月12日)

今議会で有害効率的捕獲実証試験が提案されておりますが、内容についてお伺いいたします。  次に、風疹の拡大防止についてでございます。  昨年、大都市圏を中心に風疹が拡大しているという報道がありました。本年も大流行への警戒がなされております。風疹は、妊娠20週ぐらいまでの妊婦が感染した場合、生まれてきた赤ちゃんが難聴や白内障、心臓病などの先天性風疹症候群を発症する可能性があります。

琴浦町議会 2019-03-12 平成31年第 2回定例会(第4日 3月12日)

効率よく早く展開していきたいために基本的なデータというものは早く欲しいということでの、そのスピード感を持っての委託料という考え方を持っておりますので、まず全体的な話をさせていただきます。  交際費の関係につきましては、私が就任してから、その交際費をホームページに掲載するようにということで、それを見られて、どうかという今のような質問をまた期待してホームページを出しておるとこです。

琴浦町議会 2019-03-08 平成31年第 2回定例会(第3日 3月 8日)

重複する各スペースや機能をまとめることで、効率化や、これは各スペースの稼働率を上げることができる。それによって地域社会全体の中で福祉の向上や人権啓発の、住民交流の拠点となるのではないかと思うわけですけど、町長、教育長、そうは思われませんか。よろしくお願いします。 ○議長(小椋 正和君) 小松町長。 ○町長(小松 弘明君) 複合化という点では今おっしゃったとおりだと思います。

八頭町議会 2019-03-08 平成31年第 2回定例会(第4日目 3月 8日)

また、森林組合が取り組む高性能林業機械の導入によります、素材生産の効率化や、これに必要となります作業道の開設、林業就業者の育成など、生産性の向上による林業の再生を積極的に支援したいというところであります。  4点目が地方創生の関係であります。  総合戦略の4つの重点事項を中心として取り組み、具体的に八頭イノベーションバレーの創出。

八頭町議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第3日目 3月 7日)

ところが、実際はあの反収なんちゅうのは土地の生産効率、それから栽培技術の指標みたいなもんだと思っとるです。労働効率は全然含まれとらん。何にもせずにさっきの農業所得5,900やったらほら優秀ですよ。そういった労働効率が含まれてないから、要するにえらい割には計算に合わんなという話になっとるんだと思います。  

八頭町議会 2019-03-06 平成31年第 2回定例会(第2日目 3月 6日)

それから、町長の昨日の施政方針にあります農林水産業の振興についてですが、効率化、共同化などによる持続可能な地域農業を構築する、高収益野菜の作付面積の拡大、果樹、後継者の確保に取り組むとありますが、予算において、どのような事業に力を入れているのか、町長にお伺いいたします。 ○議 長(谷本正敏君) 吉田町長。

琴浦町議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 5日)

いずれにしましても、交付税が減収する中、多くの町政課題解決に向けて選択と集中という観点で効率・効果的な事業を積極的に取り組まなければならない状況にあります。健全な財政運営を基本に、次世代へ住んで楽しいまちづくりのため切磋琢磨していく覚悟でありますので、議員各位、町民の皆様からの多くの意見と知恵をいただき、邁進してまいりますので、御指導、御鞭撻よろしくお願いいたします。  

八頭町議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会(第1日目 3月 5日)

農業者の高齢化や後継者不足、農業所得が低迷する中、農業を守っていくためには、認定農業者等の意欲ある農業者に農地を集約するとともに、集落営農組織による農作業の効率化・共同化などによる持続可能な地域農業を構築していく必要があります。農地中間管理事業を効果的に活用し、担い手への農地集積を推進し、経営基盤の安定を図ります。

北栄町議会 2019-03-05 平成31年 3月第2回定例会 (第 1日 3月 5日)

2次予防といたしましては、疾患の早期発見、早期治療につなげるため、健診、がん検診を受診しやすい環境に整えるとともに、効率的、効果的な受診勧奨を行ってまいります。また、生活習慣病重症化予防のための保健指導を充実してまいります。  感染症対策として、風疹抗体価検査と成人の風疹予防接種を実施するほか、子どもの任意予防接種の助成方法を一部変更し、子育て世代の利便性と経済的な負担軽減を図ってまいります。

倉吉市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第4号 2月28日)

目標としている面積はあるのかということでありますけれども、農地の維持継続を図る目標数値というのは特にないわけでありますけれども、優良な農地を確保、保全して、農産物の生産性や作業効率の向上を図るためには、計画的な農地利用を推進して、農地の適正管理を図る必要があると考えております。農業委員会等と連携しながら、農地を守る取り組みをしていかないといけないと認識をしているところでございます。  

倉吉市議会 2019-02-25 平成31年第2回定例会(第2号 2月25日)

そういった中で、この長寿命化とか管理という部分では、最終的には効率的な活用であるとか統廃合等の財政運営の健全化につながるんだと思います。  そうした中で、先ほどちょっとこれから聞くことにも触れられたので重なるというか、同じ気持ちだなと思って質問もつけ加えさせていただきますと、先ほど避難所機能ということがございました。体育館や校舎、エアコンやトイレの整備、エアコンも今度整備されます。

北栄町議会 2019-02-04 平成31年 2月第1回臨時会 (第 1日 2月 4日)

この委員会は、町長、副町長、会計管理者、総務課長、私、それから地域整備課長、財政室長をもって組織しておりまして、この基金情勢等に応じた的確な判断及び対応を行うことにより、安全で確実かつ効率的に管理及び運用を行うためにこの委員会を設けておりまして、その提案の資料をこの委員会の中で協議をしました。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第3号) 本文

災害対策本部における重要事項は、1つ目に災害情報の正確で迅速な収集と共有、2つ目に避難勧告等の的確な判断、3つ目に市民への避難情報発信の効率化、この大きく3つであると考えております。まず、1つ目の要素を具現化する手段といたしまして、災害対策本部と支部、いわゆる支所でございます、この間の情報共有のためのテレビ会議システムや情報整理のための電子黒板。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会〔資料〕

担い手や後継者の不足による耕作地の放棄など、一次産業の衰退が懸念される中、スマート農業の導入などに よる効率的な農業経営が求められています。本事業は、先進的な生産技術及びITを活用した新技術の導入並び に自然エネルギーの農業分野への活用を模索するものであり、新規就農者を初めとする担い手の確保につながる ものと期待するところです。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第2号) 本文

また、2020年度から5年間を構想期間とする第7次大綱では、健全な財政基盤を堅持するための税財源の確保につながる取り組みやファシリティマネジメントの取り組みなどの強化を図るほか、AI等の導入による事務の効率化などに積極的に取り組みたいと考えております。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第5号) 本文

◯小林俊樹庁舎整備局長 新庁舎はまだ建設中でありまして、具体的な数値が把握できているわけではありませんけれども、設計者の提案では、自然エネルギー、再生可能エネルギーを活用することで、自然エネルギーや高効率機器、省エネルギー機器を導入しない庁舎と比較しまして9%の光熱水費を削減できることを目指しております。