2719件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

米子市議会 2019-07-02 令和元年 6月定例会(第6号 7月 2日)

5月に鳥取県知事、新潟県知事等が地方創生実現財政基盤強化知事連盟を設立し、地方交付税の財源調整機能の充実、強化を国に求めているため、本市議会も意見書を提出すべきである。また、地方公務員人材確保は必要なことであり、特に将来を担う子どもを育てる保育士等を確保するための財源は必要であるとの採択を主張する意見がありました。一方、地方公務員人材確保を進める前に、資質向上に努めなければならない。

境港市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第5号 6月26日)

また、確実にニーズを調査して利用者の要望に合ったものをつくっていただけるよう、市の取り組みを後押ししたいとの意見などがあり、採決の結果、全員異議なく採択し、市長送付すべきものと決しました。  以上で経済厚生委員会委員長報告を終わります。 ○議長(柊 康弘君) 次に、総務民教委員会委員長、森岡俊夫議員。 ○総務民教委員会委員長(森岡俊夫君) 総務民教委員会委員長報告を行います。  

米子市議会 2019-06-21 令和元年 6月定例会(第5号 6月21日)

の拠点として、地元企業教育関係者向けの社会開放型の研修を皆生温泉で継続して開催する取り組みの展開について、協会を初めとする関係者と調整を進めているところでございます。  また、どのような縁でこの取り組みが始まったのかというお尋ねでございましたが、実は平成25年度から鳥取県におかれまして、この「ほめ達!」研修に取り組んでおられます。

北栄町議会 2019-06-21 令和元年 6月第4回定例会 (第 2日 6月21日)

海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律が制定されております。これ以降は再生海域利用法というふうに申し上げたいと思いますが、この法案のポイントをお伺いいたします。海洋風力発電のメリットもお伺いいたします。本町への導入の可能性をお伺いいたします。  2点目でございます。小学生の登下校時の安全対策についてでございます。  

倉吉市議会 2019-06-20 令和元年第3回定例会(第4号 6月20日)

この150万円で70歳以上の方のプール利用料を無料にしてきておりました。しかし、このたび、6月1日から無料をやめにいたしました。  そこで、利用免除の終了は、教育委員会から申し出られたものか、それとも市の予算査定によるものかお聞きしたいと思います。 ○教育長(小椋博幸君)(登壇) 米田議員の御質問にお答えいたします。  市の温水プール利用料の件でございます。

米子市議会 2019-06-20 令和元年 6月定例会(第4号 6月20日)

平成30年度の利用件数は2万4,634件となっておりまして、これは前年度比でいきますと138.9%と伸びてきております。また利用人数で見ますと3万2,391人ということで、これは、内容的には国内のお客様が約8割と、そして外国人利用者の方が約2割といったような比率になっております。

倉吉市議会 2019-06-19 令和元年第3回定例会(第3号 6月19日)

それに加えて、やはり空き家を利用しながらアートギャラリーをまちなかに配置させ、町全体で芸術のまち、あるいは芸術家の集うまちとして全国にアピールしてはどうかということでございます。これにより、さっきも言いましたが、懸案である中心市街地の空き家の解消にもつながっていくと考えます。

倉吉市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第2号 6月18日)

県も市も70歳以上の利用者の減免措置が設けられています。県では、70歳以上の一般利用はもちろん、団体利用の2分の1の人が70歳以上の場合は10分の10の減免、団体利用の2分の1未満、70歳以上が2分の1未満のときは2分の1の減免という基準が設けられておりました。倉吉市はこの団体利用という基準が設けられておりません。できれば県の基準に合わせていただくということがいいのではないかと思っています。

北栄町議会 2019-06-18 令和元年 6月第4回定例会 (第 1日 6月18日)

繰り越しの内容としましては、配水管改良工事由良宿3工区で関係者との工期調整に伴い工期延長が必要になったため、また米里配水池内面改修工事で不落札が生じたため、工事内容の再調整を行うために繰り越しをするものでございます。以上でございます。 ○議長(飯田 正征君) 以上で報告第7号の詳細説明を終わります。  次に、報告第8号についての詳細説明を求めます。  杉本生涯学習課長

境港市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3号 6月14日)

見守り隊の方々は、スケジュール調整して時間を合わせ、開始の放送を注意深く聞いて見守りについております。聞いたところによりますと、隊員の人数が少なく、何回もつくことで、大きな負担となっていると聞いております。見守り隊をふやす方法を考えていただきたいと思いますが、御所見を伺いたいと思います。 ○議長(柊 康弘君) 答弁を求めます。  松本教育長

湯梨浜町議会 2019-06-12 令和元年第 5回定例会(第 6日 6月12日)

そう思って消費税導入がずっと上げてこられたのにもそんなに大きな反対もなく今日まで来たわけですけれども、果たしてその社会保障がじゃあきちんと賄われているかということになると、今、ちまたでは多くの皆さんが介護が大変とか介護保険では利用できないとか、そういう声が大変大きくなっています。  

湯梨浜町議会 2019-06-07 令和元年第 5回定例会(第 1日 6月 7日)

これにつきましては、県に対する納付金の減額分を医療費として計上して調整を図ったものでございます。差額につきましては、繰入金で発生した端数の調整額でございます。  給与の明細等につきましては、説明を省略させていただきます。以上でございます。 ○議長(入江 誠君) 続いて長寿福祉課長

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会(第3号) 本文

運行開始の4月4日から5月末までの利用実績は、延べ36人が利用されまして、うち24人が児童利用であったと伺っております。また、利用者の皆様からは、とても助かっている、また、悪天候の際子供の登下校に利用でき安心である、こういった声をいただくなど、本地域において重要な生活交通になっているものと認識しているところでございます。  

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会(第4号) 本文

この制度代理受領制度といいますが、この制度利用するには、申請者が不妊治療を実施する医療機関の了承を受けた上で、事前に代理受領の申請を行い、市長から承認を受ける必要がございます。手続が少し煩雑なため、これまで余り利用される方がおられませんでしたが、申請者にはいろいろな事情があると考えられますので、今後、この代理受領制度につきまして周知に努めていきたいと考えております。