運営者 Bitlet 姉妹サービス
2447件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-05 倉吉市議会 平成31年第2回定例会(第6号 3月 5日) そのために、命を守るために必要な防災情報に、市民の皆さんが知りたい情報を加えて、見やすく、理解しやすく、使いやすい形でマップを作成する必要があると考えております。 もっと読む
2019-03-04 倉吉市議会 平成31年第2回定例会(第5号 3月 4日) も交えて情報交換会というようなものはしてみたいと考えております。   もっと読む
2019-02-28 倉吉市議会 平成31年第2回定例会(第4号 2月28日) 議員は、個人的に腹が立っても、そんなことは市民には関係のないことです。何か問題があれば、いきなり議会に動議を出すのではなく、まずは直接相手と話し合いをすることが大切です。そして、話し合いが決裂したときに初めて法的手段に訴えるのです。法令のことをよく理解していると思い込んでいた私のおごりであったと言えます。   もっと読む
2019-02-26 倉吉市議会 平成31年第2回定例会(第3号 2月26日) 性表現からグロテスクなものから、そういうふうに何でも見える状況っていうのは不適切な状況、有害情報、子どもの権利を奪っていく。子どもの権利条約の第17条に適切な情報の入手という項目があります。子どもにはよくない情報から子どもを守らなければならないと書いてあるんです。 もっと読む
2019-02-25 倉吉市議会 平成31年第2回定例会(第2号 2月25日) 農業、漁業であれば法人とかみなし法人、それぞれ個人の百姓、農家の方、漁業の方って少ないとは思うんですけども、企業とは違ってまた受け入れる側もそれなりの心構えというか、対応の仕方は違ってくると思うんです。個人の法人であれば3人、4人の団体でありますから。50人とか100人の企業であればまた違うんでしょうけども、そういった形の分野での労働者確保という形がふえてくる可能性もあると思うんです。 もっと読む
2019-02-21 湯梨浜町議会 平成31年第 2回臨時会(第 1日 2月21日) 2款総務費、1項総務管理費、事業名が情報通信基盤整備事業、総額が7億9,393万9,000円でございまして、各年度の年割額は記載のとおりでございます。  5ページ、第3表の繰越明許費でございます。2款総務費、1項総務管理費、事業名が防災行政無線管理臨時経費、金額が378万円、この繰越をお願いするものでございます。  はぐっていただきまして、6ページでございます。 もっと読む
2018-12-20 北栄町議会 平成30年12月第8回定例会 (第14日12月20日) 今回提案の議員の期末手当の支給率の引き上げ改定は、町長等の特別職の期末手当の支給率改定に準じて行おうとしているものですが、そもそも期末手当とは税制上では議員個人の所得として取り扱われる性質のものであり、紛れもない報酬であると解されます。であるなら、議員の期末手当の改定には別途の手続が必要であります。 もっと読む
2018-12-14 北栄町議会 平成30年12月第8回定例会 (第 8日12月14日) 自然災害は防ぎようがなく、被害を最小限に抑えるための山や川の整備などのハード事業や、避難訓練、講習、食料備蓄などをするソフト事業しか行政、個人にはなかなかできないと思います。復旧にはすぐに取りかかれる件や関係者との協議後でないと取りかかれない件があるが、スピード感を持って災害復旧に取り組んでいただいていると思っています。 もっと読む
2018-12-12 米子市議会 平成30年12月定例会(第5号12月12日) ○(岡文化観光局長) 固定資産税評価額につきましては、これを公表するということになれば、先ほど議員がおっしゃいましたように、所有者の同意が必要ということにもなるかもしれませんけども、これはあくまでも個人情報ということでございますので、議場で公表するようなことは差し控えたいと考えております。 ○(渡辺議長) 山川議員。 もっと読む
2018-12-12 湯梨浜町議会 平成30年第 8回定例会(第 3日12月12日) 公助とは、公的機関が個人や地域で解決できない災害の問題を解決することですが、避難者や福祉避難所の開設、避難路の指定、食料の確保が災害時の実態に合っていない、非常時に素早く対応できるのだろうかという懸念。  そして、町には地域防災計画が策定され、業務の大綱が示されています。 もっと読む
2018-12-11 米子市議会 平成30年12月定例会(第4号12月11日) ○(岡村議員) これは平成28年広島国税局統計情報より抜粋したものですけども、米子税務署管内で事業者数が1万1,379あって、そのうち免税が6,574、57.8%といった状況です。その内訳を見ますと、個人事業者では全体で7,267のうち免税事業者が5,418で、免税比率が74.6%あると、こうした状況がこの数字から明らかとなっています。こうした中で、圧倒的多数が免税業者です。 もっと読む
2018-12-10 湯梨浜町議会 平成30年第 8回定例会(第 1日12月10日) が、午後になりましてから雨もやっぱり強くなりまして、16時45分に気象庁の土砂災害警戒情報というのを受けまして、16時55分、町内全域に避難勧告を発令。18時35分には気象庁から土砂災害危険度情報がございまして、泊地区がレベル3に達する見込みだという情報を受けまして、19時30分に泊地区に避難指示を発令いたしました。20時45分には、これを町内全域に拡大して発令いたしたところでございます。   もっと読む
2018-12-10 倉吉市議会 平成30年第6回定例会(第5号12月10日) いずれにせよ、放っとくということはできませんので、常に新しい情報を得ながら、どういうことでやっていけばいいかということで考えて、なるべく早く対策をとりたいと考えております。 ○議長(坂井 徹君) 次に、13番山口博敬議員に質疑を許します。 ○13番(山口博敬君) 打吹公園の管理についてお伺いをいたしたいと思います。   もっと読む
2018-12-07 米子市議会 平成30年12月定例会(第3号12月 7日) 本市といたしましては、不正請求の抑止でありますとか、不正取得による個人の権利侵害、これは重大なことであるというふうに考えておりますので、他の方法も含めて、そういった抑止策については研究を続けてまいりたいというふうに考えております。 ○(渡辺議長) 西川議員。 もっと読む
2018-12-06 倉吉市議会 平成30年第6回定例会(第4号12月 6日) 山林の所有者は個人ですが、面した道路は市の道路、それでも、安全管理は所有者個人のみに求められるのかどうかということですけども、昨年6月、熊本市の県道で、道路に面した民有地から大きな木が倒れ、乗用車を運転していた男性が亡くなるという事故が発生しております。熊本市はその2年前に一度文書で地権者に木の伐採を依頼したようですが、きちんと処理がされないまま、最悪の事態となっております。   もっと読む
2018-12-05 倉吉市議会 平成30年第6回定例会(第3号12月 5日) 2番目、子どもは宝、教育環境についてで、昨年12月定例会ではプログラミング教育を切り口に情報活用能力の育成について質問し、福井前教育長より情報活用能力というのは非常につけなければいけないと答弁いただきました。 もっと読む
2018-12-04 倉吉市議会 平成30年第6回定例会(第2号12月 4日) その権利の実現に当たり、確保するものの一つとして、個人に必要とされる合理的な配慮が提供されることを位置づけております。  今回障がい者に対する合理的配慮について質問通告をいたしました。その後、教育委員会との聞き取りでは、個人的な課題での質問や要望ではなく、倉吉市の障がい者に対する支援について教育委員会の答弁を求めるもので、質問の趣旨を伝えました。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第6号) 本文 この意見書に反対する理由として、その中身に疾患登録に基づくビックデータの活用とありますが、個人情報保護法の観点からすれば、新たな例外規定での情報の拡散となることを懸念するからです。医療機関や医療研究の倫理指針には「人を対象とする医学系研究は、研究対象者の身体及び精神又は社会に対して大きな影響を与える場合もあり、様々な倫理的、法的又は社会的問題を招く可能性がある。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第3号) 本文 C型肝炎は治せる時代になってきたと言われる中で、C型肝炎に対する正しい情報を知らないために治療に至っていない方に対しては、正しい情報を改めてお伝えすることで、治療を受けていただける可能性があるのではないでしょうか。今後の陽性者への啓発と早期治療を促すよう働きかけることが必要と考えますが、御所見をお伺いいたします。 ◯山田延孝議長 深澤市長。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第1号) 本文 さらに、本市の防災拠点となる新本庁舎には、災害時において市民の皆様からの通報を正確に受け付け、被災状況などを速やかに地図に重ねて情報共有し、市民の生命を守るために迅速かつ的確な対応につなげる災害情報共有システムや、各総合支所と新本庁舎との連携をより密にするためのテレビ会議システムなどを備えた災害対策本部室を整備することとしており、災害時における万全な体制の構築に向け努めてまいります。   もっと読む