132件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

境港市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第3号12月10日)

1つには、時間外労働上限制度の導入、2つには、年次有給休暇の確実な取得、次年度になりますと、2020年4月から、3番目に、正規雇用労働者非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差が禁止されます。このことは労使双方にとって大きな変更事項であります。この働き方改革関連法案について、当市はどのような対策、対応を検討実施されているのかお聞かせください。  

鳥取市議会 2019-12-01 令和元年 12月定例会(第2号) 本文

◯尾室高志教育長 中体連の派遣補助ですが、派遣者といたしましては登録選手に限るということで、1泊の上限金額を設けた宿泊費、それとバス代またはJR運賃交通費の実費を支給することとしておりまして、これは本市の中学校体育連盟が取りまとめられて本市に申請され、市から中体連の事務局補助金を支給しているという実態でございます。

鳥取市議会 2019-12-01 令和元年 12月定例会(第6号) 本文

このようなエリアに路線バスの初乗り運賃170円より低運賃の100円循環バスくる梨を運行した場合、既存の路線バスに与える影響が非常に大きいものと考えておるところであります。利用者数の減少に歯どめがかからず、また路線バスの維持が大きな課題となっております状況がありますので、まずは路線バスを積極的に御利用いただきたいと考えておるところでございます。  

鳥取市議会 2019-12-01 令和元年 12月定例会(第4号) 本文

本市では、羽田・鳥取便の訪日外国人割引運賃を活用した誘客事業を昨年度からANA全日空、麒麟のまち観光局などと連携して進めておるところであります。ANAの海外ネットワーク、また海外大手オンライン予約サイトを連動させまして、特に欧州、アメリカオーストラリア、こういった地域を重点ターゲットに積極的なプロモーションを展開しておるところであります。

境港市議会 2019-09-11 令和元年 9月定例会(第4号 9月11日)

現在、空き家のうち倒壊するおそれのある特定空き家については、住居用住宅の解体費用の総額の5分の4以内、補助金上限額120万円、倉庫、蔵などについては解体費用の3分の2以内、補助金上限額は120万円の補助金制度があります。危険な建物のみ解体助成制度では、放置空き家がふえるだけで、建物の維持管理を放棄することにつながりかねません。ここで質問いたします。  

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会(第3号) 本文

公共交通空白地有償運送に係ります支援制度につきましては、人件費やガソリン代など運行に必要な経費から運賃収入等を差し引いた額の全額を補助しているところでございます。また、運行に必要となる車両や運行管理に必要な電話機、パソコン等の購入費を上限350万円まで全額補助しておるところでございます。

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会(第6号) 本文

このため、本年度は、国への要望活動や、搭乗率が低調な朝の1便でありますが、この1便を対象にした運賃助成など新たな取り組みを加えながら搭乗率の増加策を強化・推進しております。今後も、関係機関と連携いたしまして、5便化の継続と、さらには6便化の実現に向けて全力で取り組んでまいりたいと考えております。  次に、内部利用している道路情報システムは公開すべきではないかと。

境港市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4号 3月 6日)

それは、補助金は1件について上限20万ですよ、それで3年間で2億6,444万円を補助金として出しました。できた工事が40億、そして全体の経済波及効果は63億になっております。しかも業種でいいますと、建築はもちろんなんですけど、多くの業種にわたってその経済効果が及んでいるというふうな状況なんですね。

米子市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会(第4号12月11日)

○(大江総合政策部長) 路線バスの乗客をふやすための取り組みということ、御質問ですけれど、利便性向上による利用促進を図るために、鳥取県西部地域公共交通再編実施計画に基づきまして、バス事業者による路線バス循環線の新設であるとか、それから乗り継ぎ運賃割引、これが10月から実施されました。

倉吉市議会 2018-12-10 平成30年第6回定例会(第5号12月10日)

そしてもう一つ、コミュニティセンター助成事業でございますが、これは事業費の5分の3を補助ということで、上限1,500万円が限度額という内容になっております。こういった内容について、各団体から提出された申請書を市が受け取りまして、補助事業の内容になっているかどうかを審査をいたしまして、市から全部取りまとめて県に進達をして、さらに県から自治総合センターへ申請をされるという流れになってございます。

米子市議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会(第2号 9月 6日)

○(岡村議員) 詳しくは結局調べてないということなわけですけども、ことし国が打ち出したエアコン購入費用の助成、上限5万円というふうな、この制度の概要はどういった内容となっているのかお示しいただきたいと思います。また、その制度の周知徹底をすべきだと考えますが、対応されているのか、また助成実績についてお知らせください。 ○(渡辺議長) 斉下福祉保健部長

米子市議会 2018-07-23 平成30年 7月定例会(第6号 7月23日)

○(山川議員) 今、1,200億円というふうに言われたんですけど、きちんとまた確認していただきたいと思うんですけども、説明では、中国電力、1,200億だったんですけども、2,000億に上限がなりましたというふうな形で言われましたので、きちんと確認のほどをお願いします。  2,000億というふうに上限があるということなんですけども、UPZ、30キロ圏内に住む人、50万人、仮定します。

倉吉市議会 2018-02-26 平成30年第2回定例会(第5号 2月26日)

補助金は、運行費用の事業支出から運賃等の事業収入を引いた欠損額を補助の算出基礎としておりまして、平成28年度路線バス補助金の実績をもとに平成29年度の当初予算として作成しておりましたが、先日、議案説明会でお配りした資料のとおり、今年度は全体で1,000万円余りの増加が生じてしまったということでございます。