40件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

八頭町議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日目 3月22日)

万博ありますね。大阪の。結局、こういうようなことに向かって八頭町がこれから売り出しをかけていかなきゃならない。今までの実績に基づいてですよ。いっぱい何人か苦労しましたよ。初代の方なんかは、自分のポケットマネー使って事業開拓していろんな人と交渉して、本当に涙ぐましい努力をしてた。成果はそれなりに上がってた。二代目も三代目もそれなりに努力をした。

八頭町議会 2018-12-13 平成30年第 9回定例会(第4日目12月13日)

もう一つ紹介しますと、先ほど、先日決まった2025年の大阪万博でありますけども、これもSDGs万博です。ホームページ、これ、プリントアウトしたものなんですけども、2025年、大阪関西万博が目指すもの、国連が掲げる持続可能な開発目標SDGsが達成される社会日本国家戦略ソサエティー5.0の実現ということがうたってあります。要は、2025年の万博もSDGs万博です。

米子市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会(第4号12月11日)

ことし大山開山1300年祭もありました、そして香港便も増便をされました、そして2020年には東京オリンピック・パラリンピックがあり、そして2025年には大阪万博が開催をされます。特に大阪万博は、西日本にとっては東京オリンピック・パラリンピックよりも効果が大きいじゃないかというふうにも言われております。海外からも大勢の観光客が日本全体に訪れることになるものと考えられます。

倉吉市議会 2018-12-04 平成30年第6回定例会(第2号12月 4日)

そして、2025年に、いわゆる大阪市負の遺産とされているという夢洲が万博の誘致で活用されるというようなことありましたけど、倉吉市にも負の遺産と、塩漬けの土地というのがあるんです。その辺も、1億円の例の土地というのはどういった活用法、今も草刈りだとか管理されているわけですけども、どういった使用予定があるのか、計画があるのか。

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会(第2号) 本文

また、東京オリンピックの次には2025年、大阪で万博が開催されます。平成から新たな時代を迎えようとしている今日、自治体も今まで以上に世界的な視点が求められています。このような時代背景の中、芸術文化国際文化交流の振興、文化財の保存・活用を使命としている文化庁は、今後、時代の変化に応じた取り組みを進めていくために文化行政を大きく転換しました。

伯耆町議会 2018-09-21 平成30年 9月第 3回定例会(第3日 9月21日)

しかし、この大阪万博の中身はと見ますと、さきの国会外国資本、財界の意向を酌んで政府が強行的に成立させましたIR法に盛り込まれたカジノ設置とセットで計画されているものであります。このようなカジノ施設とセットされるような万博には反対が52%との世論調査結果も出ているところでございます。

琴浦町議会 2018-09-20 平成30年第 6回定例会(第5日 9月20日)

しかし、松井知事らが進める夢洲万博には、次のような問題があります。それは、第1に、万博とともにIR、イコール、カジノをセットで夢洲に誘致し、これを大阪の成長戦略の切り札にしようとしていることであります。カジノは刑法で禁じられる賭博です。また、成長戦略どころか、ギャンブルが何の財源を生み出すものでもないことは明瞭であります。

鳥取市議会 2018-09-01 平成30年 9月定例会(第3号) 本文

この本の中には、毎日新聞の支局長鳥取に来て、因幡の傘踊りを大衆化してはどうかというような提案があったこと、あるいは、しゃんしゃん祭、初めは昭和47年まで鳥取市が直接運営されていて、傘の修理をみずからの手でなさっていたとか、それから万博、つくば博、山形花笠と本当に多くのところで、先ほど市長がおっしゃった一斉美を全国で非常に高く評価され、また、岩国、鳥栖、全国で傘踊り連が各地に派遣され、交流の一端をなされたということがわかります

米子市議会 2018-08-01 平成30年 7月定例会(第7号 8月 1日)

しかし、大阪府大阪市が進めようとしている夢洲万博にはさまざまな問題があると考えます。次に、述べる問題から目をそらして誘致活動を支援し、協力することを決議するのは大阪府民、市民に対しても無責任だと私は考えます。  第1は、決議国際博覧会開催の意義だけを強調していますが、誘致しようとしている大阪府の構想は、国際博覧会一本ではない、カジノ誘致とセットだということです。

倉吉市議会 2018-07-02 平成30年第4回定例会(第6号 7月 2日)

○3番(佐藤博英君) いわゆる万博誘致ということですが、どういう意見がこの決議について出されたか。それを伺います。 ○8番(伊藤正三君) 大まかには、細かい議論というより、オリンピックとはまた違うわけですが、まだこれは決定したわけではございません。ただ、やっぱり東京鳥取とはまだまだ距離がございます。関西圏というのは、鳥取県関西広域連合に入っております。

境港市議会 2018-06-29 平成30年第3回定例会(第5号 6月29日)

万博会場の建設費は約1,250億円、運営費は約800億から830億円に上るとされています。このほかにインフラ整備がさまざま計画されており、鉄道整備と関連事業費だけで730億円と見込まれています。会場建設費は、国、地元自治体、民間それぞれ3分の1ずつの負担で合意したとのことですが、民間400億円の見通しは立っていません。

八頭町議会 2018-06-20 平成30年第 4回定例会(第5日目 6月20日)

万博でも結局これを持ってこようとしている、見え見えだと。この問題も衆議院で問題になったんですよ。一切何も答えない。反対ですね。  それから理由の第2番目、この万博大阪湾の埋め立て途中の人口島である、先ほど言った夢洲で開催することによって、この地で既に破綻した巨大開発、またぞろ財界と一緒になってもくろんでるから、これも見え見え。  

鳥取市議会 2018-06-01 平成30年 6月定例会(第7号) 本文

大阪府大阪市が進めようとしている夢洲万博にはさまざまな問題点があると思います。誘致決議を安易に上げるのは、大阪府民・市民に対して無責任であると考えます。  第1は、万国博覧会のことばかり強調されていますが、夢洲万博はカジノ誘致とセットで提案されていることを忘れてはならないと思います。大阪府知事は、成長の起爆剤としてカジノを中核とする総合型リゾート、IRと万博の相乗効果をうたっています。

琴浦町議会 2016-12-08 平成28年第 7回定例会(第3日12月 8日)

それで、ちょうど2025年には万博が、松井知事が今誘致をされてますが、なるかならんか知りませんよ。だから、きょうはカジノのことは言いませんけども。そういうところが、もうこれから10年先に2025年までに起こってくる。  私は、今の1億2,000万人は、いわゆる2100年の年代に、明治時代江戸時代の3,300万人にまで落ちてくるんだ、日本人口が、何にもしなければ。

湯梨浜町議会 2016-09-08 平成28年第 6回定例会(第 1日 9月 8日)

まちづくり関係では、7月に町内3カ所で町長と語る会を開催、8月には、未来創造会議を通じて御指導をいただいている福井昌平さんがチーフプロデューサーを務められました「ミラノ万博日本館」、これが金賞をとったということなどもございまして、公益社団法人日本広告連盟日本宣伝賞の特別賞を受賞されたというのを機に御講演をいただきました。

琴浦町議会 2014-06-11 平成26年第 3回定例会(第2日 6月11日)

もう一つ、先進自治体の事例として紹介させてもらおうと思うんですけども、川西市では、各課の単位における具体的な改革活動を表彰し、先ほどの市長賞みたいなことを贈るんですけども、その後に全国大会でありますカイゼン万博というのがあります。そちらに出場する資格みたいな形で、自分は直接見たといいましたら、大府市のほうですね、愛知県なんですけども、行政内部でそういう評価を発表するところをやっておられました。

鳥取市議会 2010-09-01 平成22年 9月定例会(第2号) 本文

上海万博などを見に行っているということでございました。  積極的に各地域中国人観光客を誘客する、来てもらうという取り組みが進んでおります。そういう意味では本市は決してトップランナーの方ではないということで、今やはり少し力を入れて体制を整える必要があるというふうに考えているところでございます。

  • 1
  • 2