1055件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2019-03-15 平成31年 3月第2回定例会 (第11日 3月15日)

○住民生活課長(藤江 純子君) この中部広域の負担金、し尿分ですけども、クリーンセンターの管理運営費のほうを人口であったりとか処理量で案分したものでありまして、必ずしも処理の量がふえたから負担金がふえたというものではございません。総額自体がふえたということもございますので、連合負担金の予算額自体が全体的にふえております。

北栄町議会 2019-03-13 平成31年 3月第2回定例会 (第 9日 3月13日)

次に、住民参加の手法として、ヘルスプロモーション研究センターの岩永医師の指導による手法の評価についてでございますが、この手法は、平成24年に六尾自治会が取り組まれた自治会健康づくり事業において、岩永俊博医師の指導により実践されたものでございます。

北栄町議会 2019-03-12 平成31年 3月第2回定例会 (第 8日 3月12日)

教育委員会では、子育て世代包括支援センター、ネウボラでございますけども、そこで妊娠届を受けておりますので、虐待につながる可能性があるケースなどのハイリスク者を把握し、精神的な負担の軽減を図ったり、医療機関や健康推進課と連携しながら支援を行っているところでございます。

琴浦町議会 2019-03-08 平成31年第 2回定例会(第3日 3月 8日)

また、成美地区公民館とこども園の複合化の話もありましたが、そこに文化センターも加え、公民館の機能強化のこれは側面もあると思いますけど、地域拠点とすべきと思いますが、見解のほどを町長、教育長に伺いたいと思います。 ○議長(小椋 正和君) 小松町長。 ○町長(小松 弘明君) 地区公民館についての御質問であります。  

琴浦町議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 5日)

40ページの社会教育費の中の生涯学習センター運営費でございます。こちら479万8,000円の減額をしております。工事請負費の生涯学習センターの大規模改修工事ということで壁面工事、今年度行いましたが、完成ということでの減額補正でございます。  続いて、42ページ、災害復旧費であります。農林水産業災害復旧費で現年発生の農地災害復旧につきましては、資料の2ページの(4)をごらんいただけますでしょうか。

八頭町議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会(第1日目 3月 5日)

 町民課長   山下真一  保健課長   森脇孝和  建設課長   年岡英夫  産業観光課長 谷口雅美智 上下水道課長 山田勇  地籍調査課長兼船岡住民課長         谷本清通  会計管理者  木嶋成志  人権推進課長兼八東住民課長         岡満  教育委員会事務局次長         新田弥生  社会教育課長 奥平徹  農業委員会事務局長         小林春美  男女共同参画センター

北栄町議会 2019-03-05 平成31年 3月第2回定例会 (第 1日 3月 5日)

7目の北条改善センター費です。こちら、名前のとおり北条の農村環境改善センターの経費です。管理費としては例年のとおりです。若干ふえておる分につきましては、修繕費を増額しているということでございます。  続いて、8目の大栄改善センター費、こちらも大栄の農村環境改善センターの管理費でございます。新しいものとしまして、13の委託料の一番下のところです。

倉吉市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第4号 2月28日)

こういったことに対して、鳥取中部ふるさと広域連合とで広域連携婚活事業などにも取り組んでいただいておりますし、県で実施をしていただいております、えんトリーの倉吉センターも開設をしていただいたところであります。  それから、仕事の分野についても、地元採用率60%の目標に対して49.7%と、これも目標に届いていない状況がございます。  

倉吉市議会 2019-02-26 平成31年第2回定例会(第3号 2月26日)

あるいは、保育現場や子育て支援センターにおいてもポスターですとか、チラシなども活用しながら、保護者への啓発活動も行っております。それから、妊娠時からの取り組みとしては、母親学級や両親学級で小児科医師等によって、5つの提言なども含めて説明もさせていただいているところであります。

倉吉市議会 2019-02-25 平成31年第2回定例会(第2号 2月25日)

あるいはどっかの行政がこの間試験的にやると言ってましたループバスの復活みたいなものが行政側で検討されてはいかがかなという思いもあるんですけど、その辺についてどうでしょうか。 ○市長(石田耕太郎君) 幾つか御質問いただきました。  

北栄町議会 2019-02-04 平成31年 2月第1回臨時会 (第 1日 2月 4日)

これは、平成30年11月10日に発生いたしました北条農村環境改善センター駐車場内での事故による損害賠償に係る和解及び損害賠償の額の決定でございます。法律上、町の義務に属します相手方への損害賠償に係る和解及び損害賠償額の決定につきまして、地方自治法第180条第1項の規定に基づき専決処分を行いましたので、このたび議会へ報告するものでございます。  以上、詳細につきましては、担当課長に説明させます。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第7号) 本文

紙おむつのリサイクルは現時点ではまだ試験段階のものが多いようでありますので、今後の技術の確立や普及の状況なども見ながら検討していく課題であると考えております。  以上でございます。 ◯山田延孝議長 寺坂寛夫議員。 ◯寺坂寛夫議員 そういう施設がないということですけれども、実は伏野のほうに、今のグラウンドゴルフ場になりました、不燃物の置き場がございました。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第5号) 本文

地方から都会への人口流出と同時に、郊外型の大型ショッピングセンターと車社会の進行が相まってシャッター街化しました。この車社会の進化は都市や地域の構造を変え、街なかは空洞化、さまざまな施設は無秩序に拡散し、その道沿いに飲食店やお店ができました。さらには、郊外への宅地開発が始まり、そこへ居を構える。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会 目次

みをするのか、本市における若者の移住定住の取り組みはどの  ようなものか〕について、本市における児童虐待防止の取り組みについて、本市の認知  症サポーターの位置づけと取り組みについて、本市における障がい者スポーツの現状と  今後の取り組みについて、多文化共生社会の構築〔外国人住民の受け入れに対して市民  はどのような認識を持っているのか、市長の所見はどうか〕について、本市の過去3年  間の国際観光客サポートセンター

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第4号) 本文

地域では福祉相談センターや介護支援センターが設置され、市民の困り感を圏域のネットワークで吸収し、行政や専門機関につないでいく。そして、各センター間の連絡会で情報を分析し、地域福祉施策の企画や制度設計につなげていこうとしておられます。業務の付加価値をどんどん高めようとしている姿勢を感じているわけであります。その中では、民間の活力を導入し、流れをつくろうとしております。

湯梨浜町議会 2018-12-18 平成30年第 8回定例会(第 9日12月18日)

○町長(宮脇 正道君) 現在、松崎地域で多世代交流センター設けて、まちづくり会社に運営をしていただいているわけなんですけれども、その中で、役員の方たちとお話ししているときに、食事は11時半から2時ごろまで提供して、あとはあそこのテーブルと椅子が置いてあるスペースは開放状態にあるわけで、食堂としての営業はしてない時間、そのときに子どもたちが来て勉強したりしているということがあって、そういうお話を聞きましたときに

湯梨浜町議会 2018-12-12 平成30年第 8回定例会(第 3日12月12日)

次に、安全性についてでございますが、現在レークサイド・ヴィレッジゆりはま開発事業地において、開発業者によりますボーリング調査が行われているところで、ボーリング調査及びサウンディング試験というんですか、それが行われているようでございます。

八頭町議会 2018-12-12 平成30年第 9回定例会(第3日目12月12日)

1、福祉避難所は、現在、郡家保健センター、船岡保健センター、八東保健センターの3カ所ですが、要支援者の受け入れの対応はどうなっていますでしょうか。  2、避難行動要支援者避難支援計画の進捗状況について。  3、防災の啓発活動について。  4、避難所の無線LAN、Wi−Fi設置状況について。  以上、4点お願いします。 ○議 長(谷本正敏君) 吉田町長。