901件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伯耆町議会 2019-03-14 平成31年 3月第 1回定例会(第3日 3月14日)

法的にもこうした背景がございますし、近年がんを発症する人は2人に1人と言われるほど急増しているのが実態でございます。  がん克服のキーワードは早期発見であります。そこで、専門医による出前授業としてがん検診受診の重要性や最新の医療技術、あるいはがんに伴う苦痛を和らげる緩和ケアの観点など、わかりやすい内容で子供たちに学習の機会を与え、がんに対する新たな認識を持たせることは重要であると思います。  

北栄町議会 2019-03-13 平成31年 3月第2回定例会 (第 9日 3月13日)

また、健康管理システム(健康かるて)からは、がん検診等のデータをもとに健康課題を抽出しました。策定中の第2期では、現在医師や県、国保連等と本町の健康課題の分析に取り組んでおりますが、そのために集めたデータも加えております。  次に、高血圧対策の取り組みと評価についてでございます。  高血圧は、脳梗塞や心疾患につながる可能性がある疾患であり、さまざまな予防事業に取り組んでおります。

琴浦町議会 2019-03-12 平成31年第 2回定例会(第4日 3月12日)

そうすると、今々急がんでも、そういうものが出たり、それから先ほどありました、この本庁舎のレイアウトの何とかを委託して今の非常に不備なところをどうあるべきかというのをこれから来年度の予算でプランをつくると。そういう中にあって、もう教育委員会はあそこに移転しましょうとか云々は私はないと思うんですよ。そんなに一刻を争って、1年、もうすぐやらないといけないということでは私は個人的にはないと思います。

倉吉市議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第6号 3月 5日)

これ一般会計のほうでも、がん検診ということで関連した質問にもなるかと思いますけれども、こちらの事業の目的は、被保険者の健康増進を図るため、データヘルス計画等に基づく保健事業を実施するということで4点上がっています。その中から、糖尿病性腎症重症化予防事業というのと特定健診受診率向上のための受診勧奨についてお聞きいたします。  

北栄町議会 2019-03-05 平成31年 3月第2回定例会 (第 1日 3月 5日)

2次予防といたしましては、疾患の早期発見、早期治療につなげるため、健診、がん検診を受診しやすい環境に整えるとともに、効率的、効果的な受診勧奨を行ってまいります。また、生活習慣病重症化予防のための保健指導を充実してまいります。  感染症対策として、風疹抗体価検査と成人の風疹予防接種を実施するほか、子どもの任意予防接種の助成方法を一部変更し、子育て世代の利便性と経済的な負担軽減を図ってまいります。

倉吉市議会 2019-03-04 平成31年第2回定例会(第5号 3月 4日)

○11番(藤井隆弘君) 4款1項5目がん検診について質問させていただきます。  国民の2人に1人はがんにかかると、テレビでも芸能人でいろんな話題が出てくるわけですけども、こちらの事業説明シート、172ページの上段見ましたら、事業の目的、意図については、倉吉市民はがん罹患率が高く、がんの早期発見及び死亡者数を減少させるため、がん検診(胃、肺、大腸、子宮、乳、前立腺)を実施するものとあります。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第2号) 本文

日本は世界でも屈指の超長寿国となりましたが、全国的に見れば2人に1人はがんにかかり、3人に1人はがんで亡くなるという状況にあるようであります。鳥取市は、食べ物は新鮮でおいしく、空気はきれいで、住みやすく、がんの罹患率は低いと予想していました。しかし、予想に反して、がんの種類によっては罹患率が全国でワーストテンに入っているものも複数あるようであります。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会 目次

するための本市における取り組みにつ  いて、これまでの鳥取市創生総合戦略における取り組みの成果及び課題について、県立  美術館建設に係る問題解決に向けた県の対応に対する市長の見解について、鳥取市新市  域振興ビジョン推進計画の短期事業計画の総括について、移住定住の推進施策のこれま  での成果について、地域包括ケアシステムの推進のための鳥取市立病院における取り組  みの現状と今後の方針について、本市におけるがん

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第4号) 本文

40歳から60歳の働き盛りのがんを減らそうと取り組む鳥取県と協会けんぽが提携して行うものです。働き盛りは国民健康保険の人にもいます。同じように拡大・実施すべきと考えます。  4つ目に、胃がん発生予防のために、中学生にピロリ菌抗体検査を行うことを提案いたします。ピロリ菌は5歳ごろまでに感染し、胃・十二指腸潰瘍や胃がんなどの原因となります。

北栄町議会 2018-12-20 平成30年12月第8回定例会 (第14日12月20日)

妊婦健診時に子宮頸がん予防のHPV検査無料実施。実績は364件。親の学びプログラム(全保育園、認定こども園で実施)。認可保育所の施設整備。新たな子育ての拠点となる施設を整備。平成30年4月に開設しておるということでございました。不妊治療の支援など、多くの施策を実施している。  (3)邑南町の日本一の子育て村の取り組みには、攻めと守りのプロジェクトがある。

湯梨浜町議会 2018-12-18 平成30年第 8回定例会(第 9日12月18日)

ここの部屋というのははわいっ子がんばり教室、要するに学習、勉強しとるところなんですよね。そのところというのは保護者等においても非常に評判がいい、申し込みも多いというぐあいに聞きます。今回の児童クラブの移転の設定がそういったはわいっ子がんばり教室なんかも含めた、要するに塾的なあれですよね、含めた設計になっとるのかなってないのかというようなところをちょっとお聞かせ願いたいというふうに思います。

八頭町議会 2018-12-13 平成30年第 9回定例会(第4日目12月13日)

がんがんなら解凍しなくてもいい。それが冷凍庫から出したらそのままかじって食べられるという。本当に夏に食べたら最高のデザートかなというふうに思います。家庭の冷蔵庫でも保存できます。弱点でございます。先ほどいいました。日もちがしないのが最大の弱点でございます。そのことは販売店でロスが多く出るので、それを見越してバイヤーが安く買ってしまうというのが今の現実でございます。

米子市議会 2018-12-12 平成30年12月定例会(第5号12月12日)

史跡として評価するのと、宅地として評価するのは著しい違いがある、でも、それだったら史跡で持っとっても、史跡の評価だったら売ってくれんがんっていうふうに言われたんですよ、記憶にないっていうふうに言われたんですけど。 ○(渡辺議長) それは議事進行になってないんで。 ○(山川議員) ですから、実際、そういうふうに安い土地を過大に買って……。 ○(渡辺議長) それは議事進行になってない。

境港市議会 2018-12-12 平成30年第6回定例会(第4号12月12日)

さらに検診率も高く、規則正しい食生活の割合が高いデータから、私は、認知症、がん、生活習慣病などの予防に健康教育がとても効果があるのではと思っております。健康づくり推進計画の中で、健康教育についてどのような取り組みを考えておられるか、お聞かせください。 ○議長(柊 康弘君) 答弁を求めます。  佐々木福祉保健部長。

湯梨浜町議会 2018-12-12 平成30年第 8回定例会(第 3日12月12日)

8種目検診は必要ですけれども、今現在、レディース検診という名前をつけていただきまして、年4回女性が子宮がん、乳がんのみ検診を受けております。甲状腺の悪性新生物検査、骨密度検査、骨粗鬆症の検査、高脂血症の検査、また鬱病、関節リウマチ、卵巣腫瘍への早期発見はなされておりますでしょうか。これは、ぜひ進めていただきたいと思います。  

倉吉市議会 2018-12-04 平成30年第6回定例会(第2号12月 4日)

今の状況の中で、どこでそういう方は吸われるのかなという、ちょっと思いますが、それも一つお聞かせ願いたいなと思いますし、もう全てたばこは吸うなと、もうやめえということなのか、今のお亡くなりになるのはやっぱりがんが一番です。その中でもやっぱり肺がんがトップを占めております。

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会(第6号) 本文

私たちが目にするがん登録のデータ、これもまたしかりで、県医師会に所属する健対協が扱っていますが、集約データはクローズされた中で厳密に扱われています。だからこそ、患者情報の基礎データであるビッグデータはより一層慎重な扱いが求められると考えます。  

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会(第3号) 本文

主要ながんの中でも10年生存率が最も低いのが肝がんですが、原因の80%以上はB型・C型ウイルス性肝炎と言われております。感染時期が明確でないことや、自覚症状がないことが多いため、適切な時期に治療を受ける機会がなく、本人が気づかないうちに肝硬変や肝がんへ移行する感染者が多く存在することが問題となっております。

琴浦町議会 2018-09-20 平成30年第 6回定例会(第5日 9月20日)

また、がん検診の受診率ですが、目標とする35%には達していないと。これは検診によるがんの早期発見が直接命にかかわる重要な機会であることを改めて周知徹底をしていただきたい。重要なことだということをうたっておられました。