200件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岩美町議会 2021-06-12 06月12日-01号

また、学校で行われたいじめアンケートで、父親からの暴力訴え助けを求めましたが、高圧的な父親からの要求に屈し、教育委員会がアンケートを開示してしまうという考えられない対応も報じられています。 また、昨年5歳の船戸結愛さんも虐待の末亡くなりました。結愛さんが書いたノートが見つかっています。その中には、もうお願い、許して、許してください、お願いしますと書かれていたそうです。

倉吉市議会 2019-06-19 令和元年第3回定例会(第3号 6月19日)

また、周囲の人の気持ちを理解するのが難しい子どもの場合には、誤解やいじめを受けやすく、果てには不登校やひきこもりとなる可能性も出てきます。  勉強がよくできる子の場合には、グレーゾーンだと気づかないまま大人になり、社会に出て人間関係や仕事上のトラブルを抱えてつまずき、初めて発覚するというケースもあります。

倉吉市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第2号 6月18日)

次に、差別いじめ、ハラスメントなどの人権侵害をなくすることができるかどうか、私はきのう、上灘地区の人権教育研究会役員の研修会、人権政策課長さんに来ていただいてやりましたけれども、大変勉強になりました。いろいろなところで勉強していますが、差別事象であるとか、人権侵害事象というのは、もう本当に毎年のようにふえていってる。インターネットが導入されてからはいろんなのがふえているんです。

琴浦町議会 2019-06-10 令和元年第 3回定例会(第2日 6月10日)

設置されたそもそもの発端は、大津のいじめ事件の件であります。町長部局が関与しなければならないような大きな自殺事件だとか、いじめ事件だとか、そういうようなことが起こらないためにも、町長部局としっかり連携をとりなさいということであって、日常の個別具体の事例に対しては教育委員会事務委任されているということで理解しております。 ○議長(小椋 正和君) 桑本賢治。

北栄町議会 2019-03-12 平成31年 3月第2回定例会 (第 8日 3月12日)

最後に、親からの虐待や教職員によるいじめなどの悲惨な事件についてどう考えるか、また、今後の対応についてでございます。千葉県野田市で過日発生した小学校4年生の死亡事案を初め、連日のように痛ましい事件報道されております。昨年7月に起きた目黒区での5歳児児童死亡事案も当時大きく報道されました。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第7号) 本文

3月は自殺対策強化月間です。策定中のいのち支える鳥取市自死対策推進計画についてお尋ねします。  我が国の自死者数は1998年、平成10年以降14年連続して3万人を超える深刻な状況があり、自死は個人の問題ではなく社会の問題として、国を挙げて総合的に取り組むために、平成18年に自殺対策基本法施行されました。

境港市議会 2018-12-12 平成30年第6回定例会(第4号12月12日)

また、この性的マイノリティーの生徒のうち、侮辱的な言葉をかけられたり、無理やり服を脱がされたり、持ち物を隠されたり、そういった何らかのいじめの被害を受けていると答えた生徒は61.4%に上がっているということでした。そして、この生徒たちの3人の1人は自傷行為を行った経験があると答えています。  

琴浦町議会 2018-12-11 平成30年第 8回定例会(第3日12月11日)

まず1項目めのいじめ問題等とその対応については教育長のほうに、それから、2項目めのマイナンバー制度の活用、それから次年度以降の予算編成方針については町長のほうにお伺いしたいと思います。  まず、1項目めのいじめ問題とその対応についてということでありますが、この10月に、2017年度の全国の小・中学校、それから特別高等支援学校等のあわせたもののいじめの調査結果が報告されております。

琴浦町議会 2018-12-10 平成30年第 8回定例会(第2日12月10日)

若年層の自殺率の減少幅が鈍いことを受けて、厚生労働省の調査結果は、10代前半は他の年齢層に比べて、何の前ぶれもなく自死する傾向があると分析しています。学校が始まる新学期に急増する実態を教育現場は重く受けとめてほしいと思います。  子供が周囲に悩みを打ち明けやすい環境づくりをすることが重要だと思いますが、教育長にお伺いします。

北栄町議会 2018-09-12 平成30年 9月第6回定例会 (第 7日 9月12日)

そんなグッドサイクルになるためのヒントがわかる講座で、虐待予防を初めとし、将来起こり得る不登校いじめ、望まない妊娠の防止等のさまざまな課題の予防につながるものと期待してるところです。  学校につきましては、子どもたちが抱えるさまざまな課題に寄り添い、成長をしっかりと支えていくためにスクールソーシャルワーカー等を配置し、相談体制の充実を図っているところでございます。

伯耆町議会 2018-03-15 平成30年 3月第 1回定例会(第3日 3月15日)

28年度の死亡者の中で病院で亡くなった方が118人、自宅が21人、施設が18人、自殺事故が6人となっておりました。合併後の人口減は約1,400人を上回っております。高齢化率は、今年度の1月1日現在ですけれど、35.9%、そのうち溝口は41.5%です。50%を超えた集落が15集落、それに近いようなのを数えますともっともっと多いというのが現状でございました。  

境港市議会 2017-12-11 平成29年第6回定例会(第2号12月11日)

自殺対策基本法改正を受けて、各自治体でも自死対策計画の策定が進行中であると認識をしています。鳥取県自死対策推進センターから出された鳥取県における自死の状況、平成28年統計によりますと、全国の自死者は平成27年には2万4,025人、28年には2万1,703人ということで、減少傾向にあるということでございます。

米子市議会 2017-12-11 平成29年12月定例会(第5号12月11日)

次に、いじめ対策いじめについてお伺いいたしたいと思います。  いじめ認知件数が増加しているということでありますが、その原因についてお伺いいたしたいと思います。 ○(尾沢議長) 北尾教育長。 ○(北尾教育長) いじめ認知件数の増加についてのお尋ねでございますけども、確かに全国的にもそうですし本市でもそうですけども、平成26年度から大幅に増加しております。

鳥取市議会 2017-09-01 平成29年 9月定例会(第2号) 本文

いじめを受けながらも頑張って登校を続けている子供たちは数多くいるはずで、この中には、自殺に至らずとも、現在の子供たちを取り巻く環境を考えれば、一瞬でも死を考えたという子供は相当数あるのではないでしょうか。こうした子供たちの心の声をしっかりと受けとめて、さらに、生命軽視の風潮がはびこる社会から真に生命尊重の理念のもとで、生きる支援を社会全体で行っていく、その方途を示すことが求められていると考えます。

倉吉市議会 2017-06-15 平成29年第4回定例会(第4号 6月15日)

そういう意味で、高齢者いじめというか、弱者いじめになりはしないかというようなことも不安な面があるわけであります。  そういう意味では、この辺についてはやはり慎重に検討すべき課題ではないかなと思っております。課税を強化すればまちが元気になるという単純な話ではありませんので、ちょっとお答えしにくいわけですが、そういう課題がこの問題にはあると認識しております。

鳥取市議会 2017-06-01 平成29年 6月定例会(第2号) 本文

2017年自殺対策白書によると7年連続して減少しているとはいえ、2016年の自殺者は2万1,897人を数えています。  本市の生活困窮者支援事業の相談内容を見ると、相談件数の多さもさることながら、年度をまたいで継続相談している人が約2割います。そして、相談内容が複合化し、複雑化しています。ここには、世帯丸ごとの生活困難が表出しています。