13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

境港市議会 2020-12-15 令和 2年12月定例会(第3号12月15日)

特に鳥取県は、不登校総合対策センター等で「すらら」というラーニング教材も現在使っており、不登校児童生徒家庭学習を支援するということが進んでいるとお聞きしました。その状況は、学習意欲が非常にあったり、またあるいは家庭学習が定着している子供さんにとっては非常に有効な教材であると。  

北栄町議会 2020-09-10 令和 2年 9月第8回定例会 (第 8日 9月10日)

また、鳥取教育委員会も不登校生を対象にラーニング教材を導入し、中学生ら20人が自宅学習に励み、在籍校の校長が出欠を判断している。  これらのことを踏まえ、本町においても災害等のいかなる状況下でも学習支援ができるよう、早急な取組が必要と考えます。本町取組状況と今後の対応について伺います。  次に、移住促進についてでございます。  

境港市議会 2020-06-17 令和 2年 6月定例会(第4号 6月17日)

特に鳥取県は、不登校総合対策センター等で「すらら」というラーニング教材も現在使っておりまして、不登校児童生徒家庭学習を支援するということが進んでおります。その状況をお聞きしますと、学習意欲が非常にあったり、あるいは家庭学習が定着してる子供さんにとっては非常に有効な教材であると。ただ、そういったところがまだ未確立の児童生徒については、長続きしないというような、そんな課題も示されております。

岩美町議会 2020-06-10 06月10日-01号

5月補正予算でも、児童用ラーニングアカウント取得に関する事業費が計上され、全員協議会の質疑の中で、中学生の97%、小学生の72%が既に電子メディアを使用できる環境にあると説明されました。しかし、子どもたちにメディアリテラシーが身についているとは言いがたい状況だと思われますし、家庭でのルールづくりも十分ではなく、電子メディアを安全に使える状況ではないと思います。

倉吉市議会 2020-06-10 令和 2年第5回定例会(第3号 6月10日)

ラーニング教材、すららというものが県のホームページにも載っておりまして、この案内市内小学校でもされていたように伺いましたが、その案内は全小・中学校でされたのでしょうかというようなことをちょっと伺いたいなと思います。案内状況です。 ○教育長小椋博幸君) 竺原議員の御質問にお答えを申し上げます。  

鳥取市議会 2020-06-01 令和2年 6月定例会(第3号) 本文

具体的な活用策をお話しいたしますと、学校休業へ対応したラーニングオンライン授業に向けた環境整備、来庁されなくても手続を行うことのできる電子申請によるオンライン化、あるいは、職員感染対策としてテレワークによる在宅勤務先ほど介護施設面会制限のことも触れられましたけれども、そういった際のオンライン面談等が可能な環境整備を促進するために助成制度を創設する。

鳥取市議会 2020-06-01 令和2年 6月定例会 目次

…………………………………………………………………………………………………… 246~247 平野真理子議員(~追及~マイナンバーカード交付率を上げるための全庁的な取組に対  する市長の決意について) ………………………………………………………………………………… 247 市長(答弁) …………………………………………………………………………………………………… 247 平野真理子議員(~追及~ラーニング

鳥取市議会 2020-06-01 令和2年 6月定例会(第5号) 本文

あわせて、市内小・中・義務教育学校児童生徒一人一人がオンラインで使用できるラーニング教材、これはすららといいますけれども、このすららを活用できるよう取組を進めているところです。このラーニング教材学習を支援するデジタル教材で、小学校1年から中学校3年まで全学年5教科の学習に取り組むことができます。また、学年を戻って学習することもでき、自分のペースで学習を進められます。

岩美町議会 2020-03-06 03月06日-01号

そうしたことから、今後の当面の利用の仕方ということでは、各学校ともしっかりと、直接現場のほうにも出向いて協議もいたしましたけれども、例えば中学校で言えば、ラーニングといったようなものを入れて、授業の最後の10分間に端末を開いて授業の振り返りを行うとか、それから学校内全生徒が、それぞれ教員が中心になってグループ分けをしてインターネットに接続して使うとか、そういった利用については今の環境で使うことができるということを

鳥取市議会 2015-09-01 平成27年 9月定例会(第3号) 本文

御提案のトーマツベンチャーサポートと東北芸術工科大学が共同で実施する創業成長促進プロフェッショナルスクール職員の受講につきましては、実際のところ、合計20時間のラーニングが必要など長期間の研修でもありますので、まずはこの関係機関と連携した起業・創業支援の取り組み、この中で職員参加必要性というのはもう少し検討してみたいなというふうに考えております。  

鳥取市議会 2015-06-01 平成27年 6月定例会(第4号) 本文

5カ月でラーニング15回と集合研修2回の約30万円で、ベンチャー支援の最前線で活躍する実務担当者が講師となり、販路拡大やPR、先ほどクラウドファンディングを含めた資金調達人材採用海外進出ノウハウを包括的に教えるほか、支援先の各成長段階に合わせた支援ノウハウも提供するそうです。地方創生の東京の一極是正により、一層国の施策との呼応や、より県や関連市町村との連携が求められております。

  • 1