13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

倉吉市議会 2018-09-10 平成30年第5回定例会(第5号 9月10日)

例えばNPO法人未来であったり、あるいはNPO法人養生の郷であったり、あるいは桜ずもうを実施されております一般社団法人倉吉青年会議所であったり、あるいは自治公民館活動、あるいは農事組合での活動があるだろうということで、自治公民館連合会常任委員会で説明をさせていただいたり、あるいは郵送ではございますけども、倉吉社会福祉協議会であったり、あるいはライオンズクラブであったり、そういった学生さんたちと一緒

倉吉市議会 2018-05-15 平成30年第3回臨時会(第2号 5月15日)

やはり私は、名前出していいのかどうかわかりません、NPO法人養生の郷です。やはりここの組織の強化を図っていかないと、この関金温泉活性化事業というのは進んでいかない。だから、いわゆる観光地域づくりプラットホーム、そうしたものをつくり上げて、個々に情報発信するんじゃなくて、そこの人材をしっかり強力にして、そこが全部の全てのわかる、今おっしゃってました、大山池あたりも整備していきたいんだと。

倉吉市議会 2018-02-27 平成30年第2回定例会(第6号 2月27日)

既存の倉吉観光マイス協会があったり、NPO法人養生の郷さんなんかもありますし、今回の1300年祭を通じていろんな団体が非常に御協力いただいたり、そういう動きが出てきておりますので、そのあたりを何とかまとめて、関金活性化に向けてできないかということで、当然、市の職員も頑張りますけども、今考えているところでございます。 ○7番(鳥飼幹男君) 了解しました。 ○議長(坂井 徹君) よろしいですか。

倉吉市議会 2018-02-22 平成30年第2回定例会(第4号 2月22日)

関金地区でもいろんな組織はつくられています、倉吉体験型教育旅行誘致協議会あるいはNPO法人養生の郷、せきがねつつじ温泉まつり実行委員会とかいろいろ組織があるわけですので、そういった力を結集していけば、関金温泉旅館組合も含めてまた有力な方々に集っていただいて、十分な力を発揮していただける組織になるんじゃないかなという感じがいたします。  

倉吉市議会 2012-09-10 平成24年第6回定例会(第5号 9月10日)

平成23年度には協議会事務局NPO法人養生の郷に移管し、75万7,000円の委託料を執行したところでございます。23年度の委託内容につきましては、受け入れ窓口業務、それから体験プログラムの造成、受け入れスキルアップモニターの企画及び実施、広報ツールの整備と情報発信などを行ったところでございます。

倉吉市議会 2011-12-06 平成23年第6回定例会(第2号12月 6日)

薬膳のFさんも理事なんですよ、NPO法人養生の郷の。そして現に理事長の名前もここにあるんですよ。こういう実態からして、会議録を詳しくつくるための録音じゃないわけなんですよ。こういうことをする公民館長は危なくて、皆さん、会合等に臨めませんよ。だから私は罷免要求したんです。何の調査もせずに、私の聞き取りもなかった。  だけどこういうものが出てくると私、手紙ですね、これは。

倉吉市議会 2011-09-06 平成23年第4回定例会(第2号 9月 6日)

はっきり言いますが、いわゆるNPO法人養生の郷というんです。それで、その中にはやっぱり利益誘導があったんです。公民館長養生の郷の理事ですから。そのもう一人の方も理事ですよ。これまで倉吉市にも関係のあった有名な人です。その方に渡っとるわけです。それで、その方が実は手紙を出いとるんです。そのCDを聞いて、確かに聞きましたと。

倉吉市議会 2010-09-13 平成22年第6回定例会(第5号 9月13日)

それで、もう少し調べてみると、これはNPO法人養生の郷を通して扱っている。そして、21年度の養生の郷の会計収支決算書、これを見ますと、講師謝金会場費、資料、コピー等薬膳講習会で28万円の予算を組んでおるけれども、決算は45万9,320円とこういう数字がある。だけ、倉吉は21年までは本人にはあい足らんかもわからんけども、報酬も旅費も支払われておる。

倉吉市議会 2010-06-21 平成22年第5回定例会(第6号 6月21日)

○16番(段塚廣文君) 今、一つの例を言いますと、仮に薬膳のことですが、341万4,000円を全部NPO法人養生の郷に持っていくというようなあれがあるわけですね。予算だから予定だと言われるものの、受け手はもう既に予算化をして、しておるわけですよ。だから、要は委託料としてNPO法人に全部持っていって、あなたの方でそのすべての事業をやってくださいよという形なんですよ。

倉吉市議会 2010-06-14 平成22年第5回定例会(第5号 6月14日)

それで、どちらに委託かということですけれども、営業的にやっておられるところはそうなんですけれども、指導者、それから上級の指導をされる人を1名の雇用を図るんですけれども、これを指導できる団体ということになりますと、やはり、今までのノウハウなり実績を持っておられるNPO法人養生の郷が適任だろうと。どうしても指名競争入札には適さないというふうに考えますので、そこに委託していくことになろうかと思います。

倉吉市議会 2009-03-11 平成21年第3回定例会(第2号 3月11日)

あるところでは、NPO法人養生の郷に寄附するというような話が出たとも聞きますが、これは筋違いだと思います。やはりこの話はなくなったということは聞いております。全然問題にならない話が出てくるということが、この財団は何を考えているのだろうかと私は疑問に思いました。もし残預金があるからということで解散を先延ばししているのであれば、それこそ本当に筋違いなことだというふうに思っております。  

倉吉市議会 2005-11-16 平成17年第8回定例会(第4号11月16日)

新市ブランド化計画取り組みが、NPO法人養生の郷を中心に動き始めました。中部の南の玄関口であり、豊かな自然、農産物と温泉と豊富な観光資源を生かした取り組みが始まります。こうした観光ニーズへの対応として最も大切なことは、目的地選定のための必要な情報提供がなされているかどうかだと思いますが、現在、本市として観光誘致に向けてどのような情報提供をされているのか、まずお伺いをしたいと思います。

  • 1