9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会(第2号) 本文

◯金田靖典議員 山陰ジオパークの、私が住んでおるのは一番西の端になるわけですけれども、この気高青谷地域いそ釣りで有名な長尾鼻、それからまた鳴り青谷海岸井手ケ浜、そして山のほうに向かうと数種の滝を有する不動滝、安山岩の岩窟と、推定樹齢500年の大イチョウの幸盛神社。まさに海から山へと連続し、その地形自然美はジオサイトにふさわしいものとなっています。

鳥取市議会 2014-12-01 平成26年 12月定例会(第3号) 本文

西部地域には、地元では日本一の音色と言われる鳴りの浜の井手ケ浜、約400年の歴史も持つ海女漁鹿野城下町、1,300年の歴史を持つ因州和紙日本最古の人の脳が発掘された青谷上寺地遺跡小泉八雲に小さな美しい村と称される浜村温泉など、全国的に非常に特徴のあるジオの素材が数多く点在しているものと考えております。

鳥取市議会 2014-09-01 平成26年 9月定例会(第1号) 本文

さらに、エリア拡大地域となる鳴りの浜、青谷町の井手ケ浜や、鳥取地震を引き起こした鹿野断層などの貴重な地形地質と、和紙伝統技術が保存・継承されている因州和紙といった人々暮らしなどを強力にアピールした結果、審査員から高い評価が得られ、9月19日から22日に開催される第6回ジオパーク国際ユネスコ会議において、再認定及びエリア拡大が認定されるものと期待しています。  

鳥取市議会 2014-02-01 平成26年 2月定例会(第5号) 本文

その内容は、校舎の周りにコウゾやミツマタがたくさん植えられた森づくりの話であったり、また、運動会で青谷の海や鳴りの浜を組み体操で表現しているというふうな、こういう取り組みの話であったり、また、学校近くの上寺地遺跡テーマにした版画づくりの話であったりと、大変すばらしい取り組みをしております。  

鳥取市議会 2014-02-01 平成26年 2月定例会(第3号) 本文

この地域には、鹿野城下町とか、生姜と干拓の日光池とか、鳴りで有名な井手ケ浜などの貴重な地形地質あるいは歴史的な暮らしがあります。青谷の上寺地遺跡手すき和紙の因州和紙気高青谷沿岸漁業といった、この地域風土歴史に根差した人々暮らしがあるわけで、こういうのをトータルに山陰海岸ジオパークとして位置づけておりまして、これからも大いに情報発信していきたいと考えております。  

鳥取市議会 2013-12-01 平成25年 12月定例会(第5号) 本文

現在のエリア拡大取り組みは、さらに白兎海岸西側等においても青谷鳴り井手ヶ浜など美しい海岸線が連続しておりますし、活断層の痕跡が残る鹿野断層など貴重な地形地質があることから、鳥取県、山陰海岸ジオパーク推進協議会学術部会と連携し取り組んでまいりました。本年5月10日の山陰海岸ジオパーク推進協議会エリア拡大の承認を受けまして、エリア拡大フォーラムパネル展示など積極的に展開しております。

鳥取市議会 2008-09-01 平成20年 9月定例会(第5号) 本文

青谷町につきましては鳴りの浜、あるいは青谷上寺地遺跡等々、これらはほんの一例でございます。これらのテーマのほかに各地域にはさまざまなすばらしい地域資源がございます。  地域活性化を図る、あるいは生活拠点活性化を図る、このためには、地域に暮らす住民の皆さんがよく話し合いをして、地域の特色を生かす地域おこしの取り組みを進めることが重要であると考えております。

北栄町議会 2006-09-22 平成18年 9月第7回定例会 (第11日 9月22日)

人口40,699人(平成17年10月1日)面積436.11平方キロメートルで、美しい自然に恵まれた国立公園三瓶山をはじめ、徳川幕府直轄の天領として栄え日本有数の銀の産出を誇った石見銀山遺跡、あるいは風光明媚な石東海岸や「鳴りの浜で知られる琴ケ浜海岸を有し、情緒あふれる温泉津温泉街など、自然環境歴史風土伝統文化に育まれた田園都市である。  

  • 1