24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第3号) 本文

ここ最近では8月15日、鳥取直撃の大型で勢力の強い台風10号で、鳥取気象台は、24時間降水量は多いところで100から200ミリに達するおそれがあり、土砂災害河川増水警戒を呼びかけ、1時間の最大雨量は60ミリと予想気象情報に注意し、必要な場合は早目避難をと注意喚起JR運休、一部取りやめ。また、各種行事も中止。

湯梨浜町議会 2018-12-12 平成30年第 8回定例会(第 3日12月12日)

本年度の訓練では、想定を台風による水害とし、町民に対し、土砂災害警戒情報大雨特別警報などの気象情報伝達避難準備情報避難勧告避難指示を行い、避難行動をとっていただくとともに、避難終了時には鳥取気象台などの職員による水害に必要な情報提供浸水害土砂災害について講義を行ったところでございます。先ほどその一部を申し上げました。

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会(第2号) 本文

ところが、昨年、平成29年9月16日から17日にかけての台風18号の被害は深刻で、鳥取気象台は本市など県東中部の2市10町に土砂災害警戒情報発令浸水被害も各地で出ました。JRも、山陰線や因美線、伯備線の計6路線で運転取りやめ、計261本が運休。空の便も欠航が相次ぎました。特に本市の河原町では、千代川及び大井手川の増水床上浸水被害が多数発生。

米子市議会 2018-07-18 平成30年 7月定例会(第4号 7月18日)

○(武田防災安全監) 西日本豪雨に対する米子市の対応についてでございますが、鳥取気象台と緊密に連携しまして、最新の気象情報に基づき、先行的に自主避難所避難所を開設するとともに、適宜、注意喚起避難勧告発令を行ったところであります。住民の命を最優先に対応したつもりでございます。天候の回復に伴いまして避難勧告を解除し、避難場所も閉鎖したところでございます。  

湯梨浜町議会 2017-09-11 平成29年第 6回定例会(第 5日 9月11日)

それを受け、平成28年7月、昨年ですが、河川管理者鳥取気象台、倉吉市、三朝町、湯梨浜町、北栄町から成る天神川水系規模氾濫時の減災対策協議会というのが設立され、現状と課題など情報を共有し、おおむね5年、平成32年度までに達成すべき減災目標として、大規模水害に対してハード、ソフト対策を推進する取り組みを協議しているところでございます。  

琴浦町議会 2017-03-09 平成29年第 2回定例会(第3日 3月 9日)

大雪でありますけれども、雪対策について、6年前の反省、教訓が生かされたかという点ですが、大雪の際は、鳥取気象台鳥取県などから事前に大雪のおそれがあるとして気象情報提供があったため、2月の9日の警報発表から警報解除までの間、職員のシフトを組み、24時間体制対応したところであります。

倉吉市議会 2017-03-08 平成29年第2回定例会(第3号 3月 8日)

それから、天候がどうなるかわからないということもございますので、鳥取気象台随時連絡をとりながら、情報を収集しながらしているところでございます。保護者も、学校が休校するなどの場合は次の対応が必要になってきますので、これについては早い判断をして、できるだけ早く連絡態勢をとるようにしております。  ただ、天候のことでございますので、非常にその状況によって違うことがございます。

鳥取市議会 2017-02-01 平成29年 2月定例会(第7号) 本文

鳥取市は、2月9日夜の鳥取気象台大雪警報発令を受けてどんな影響被害を想定されたのか、また、市道の交通確保市民の安全を守る危機管理上の対策についてどんな体制をとられたのか、質問いたします。  2点目は、公共交通における地域要望対応について質問いたします。  昨年2月議会で私は、中心市街地から周辺地域へ100円バスの路線延長の質問をいたしました。

八頭町議会 2015-12-09 平成27年第11回定例会(第3日目12月 9日)

熱中症特別警報は、鳥取気象台から予想最高気温が35度以上になる高温注意情報発表された場合であり、その都度、特別警報発令されたことを放送しているというところであります。  また、熱中症警報鳥取気象台から最高気温がおおむね30度以上になることが県内で1地点でも予想される場合に発令されており、八頭町では週に一度、月曜日もしくは火曜日に放送しているというところであります。  

八頭町議会 2015-09-09 平成27年第 9回定例会(第3日目 9月 9日)

熱中症特別警報は、鳥取気象台から予想最高気温が35度以上となる高温注意情報発表された場合であり、その都度、特別警報発令されたことを放送いたしております。  また、熱中症警報は、鳥取気象台から最高気温がおおむね30度以上になることが県内地点でも予想される場合に発令されており、町では週1度、月曜日または火曜日に放送をしております。  

鳥取市議会 2005-03-01 平成17年 3月定例会(第5号) 本文

鳥取気象台発表では51センチの積雪ということで、過去3番目に大きな3月に入ってからの積雪になっておるということでございます。除雪など各地域で取り組んでおりまして、市民生活への影響が最小限になることを願っておるところでございますが、兵庫県などで、この降雪によって交通事故等が起こっておる、あるいは視界不良で事故によって死傷者が出ておるというようなことでございます。

鳥取市議会 2003-09-01 平成15年 9月定例会(第3号) 本文

ことしの夏の鳥取地方気象状況の特徴は、鳥取気象台によりますと、6月から8月にかけての、1つ、梅雨入りは平年より4日遅く、梅雨明けも平年より6日遅かった、2つ、気温は7月が平年より約二、三度低かった、3点目は、日照時間は6月中旬から低かったが、特に7月が少なく、平年の35%しかなく、鳥取では統計開始以来一番少なかった、4つ目は、降雨量降水量は7月上旬から8月中旬まで、夏の盛りですね、平年より約20

  • 1
  • 2