8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鳥取市議会 2020-06-01 令和2年 6月定例会(第3号) 本文

その後、江戸時代初頭に、鳥取東照宮別当寺院であった淳光院、現在の大雲院でありますが、この淳光院の末寺として再興されました。また、明治以降、鳥取市の一大名所として知られるようになり、市民の皆様に親しまれてまいりました。また、摩尼山は、歴史的な風致景観が良好に保全されており、自然の名勝地として大変意義深い事例であることから、平成28年には国の登録記念物に登録されております。

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会(第2号) 本文

現在、鳥取市には昭和27年指定鳥取東照宮社殿建築であります樗谿神社本殿、幣殿、拝殿及び唐門昭和48年指定明治40年に当時の皇太子の宿舎として建築されました洋風建築であります仁風閣昭和49年指定江戸時代に建てられたカヤぶき屋根の古民家であります福田家住宅、そして、先ほどお話ししました平成19年指定近代化遺産であります旧美歎水源地水道施設と、この4件の重要文化財がございます。

鳥取市議会 2017-02-01 平成29年 2月定例会(第7号) 本文

麒麟獅子舞は、鳥取藩主池田光仲公が1650年に鳥取日光東照宮の御神霊を祭り、鳥取東照宮を建立し、その2年後、1652年に祭礼の行列に麒麟獅子舞を登場させたのが始まりと伝えられております。鳥取藩獅子庄屋任命等の取り組みにより、明治時代の初期から因幡一円に麒麟獅子舞が大きく普及したと記述されております。  

鳥取市議会 2016-02-01 平成28年 2月定例会(第4号) 本文

藩主池田光仲が建てた祖父徳川家康を権現とする鳥取東照宮、池田家代々の菩提寺、栗谷にある龍峯寺光仲の死を弔って建てられた興禅寺光仲の母の芳春院菩提寺である日香寺光仲正室芳心院菩提寺である芳心寺祈願所観音院池田家にゆかり深い神社が数多くあります。このようなお寺をめぐることができたらどうでしょうか。

鳥取市議会 2014-02-01 平成26年 2月定例会(第6号) 本文

活エリアから久松山系景観形成重点区域、すなわち鳥取東照宮周辺まで制定エリアが広がったことはうれしく思っています。さらにこのエリア名勝庭園観音院から立川通りまで拡大していただけたらと思います。立川通り周辺には国の登録文化財である吉村邸岩田邸を初めとする多くの歴史遺産が現在も群をなして維持されています。  

鳥取市議会 2012-09-01 平成24年 9月定例会(第2号) 本文

この薬研堀もその1つなんですけれども、国の名勝庭園である観音院庭園仁風閣鳥取東照宮などは国の重要文化財です。このように小さな地域にたくさんの国の重要文化財がある県庁所在地というのはほかにないというのは皆さん御承知のとおりです。そのふもとには古くから神社・仏閣、武家屋敷など、その他の歴史的建造物があります。

鳥取市議会 2012-02-01 平成24年 2月定例会(第6号) 本文

やまびこ館の入り口、駐車場までは除雪が行われていたが、その先、鳥取東照宮への参道は全く除雪されず、大変歩きにくくなっていた。担当課に連絡したところ、「そこは市道ですが、除雪範囲内でないので、除雪できません」との回答でした。その後、「県道でしたので、やっぱり県に直接連絡してください」と連絡があったそうです。結局、県の担当者に連絡し、除雪していただいた。

  • 1