67件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

米子市議会 2020-06-18 令和 2年 6月定例会(第4号 6月18日)

また、離乳食講習会赤ちゃんすくすく相談につきましては、現在、個別に対応しておりますが、7月から再開の予定としております。そして赤ちゃん訪問につきましては、4月と5月はまずお電話のほうで状況確認させていただきまして、必要に応じて訪問を行うという形で実施しておりましたけれども、6月から通常どおり実施のように戻しております。

北栄町議会 2019-09-05 令和元年 9月第6回定例会 (第 1日 9月 5日)

月齢年齢に合わせて離乳食指導歯磨き指導健康相談を行いました。保護者仲間づくり情報交換ができる場所にもなっております。次の訪問指導の表は、新生児訪問人数でございます。この訪問は、生後2カ月までに全ての妊産婦乳児保健師のほうが訪問して発育状況確認育児環境育児不安などを把握し、相談しやすい体制をつくっております。

米子市議会 2019-09-05 令和元年 9月定例会(第2号 9月 5日)

それでは、液体ミルクと関連いたしまして、哺乳瓶離乳食備蓄管理、また買いかえ、活用などはどのようになっているのかお伺いいたします。 ○(渡辺議長) 永瀬防災安全監。 ○(永瀬防災安全監) 哺乳瓶離乳食備蓄についてでございますが、県、あるいは県内市町村との連携備蓄一環としまして、従来からガラス製のもの、プラスチック製のものの哺乳瓶備蓄を行ってまいっております。

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第2号) 本文

業務内容としては、母子健康手帳の交付、パパの妊娠体験妊産婦相談家族計画相談、産後の相談、歯の相談離乳食幼児食相談乳幼児の成長・発達の相談乳幼児身体測定などに電話相談を含めて応じていただいているようであります。まさしく切れ目なく細やかな支援をしておられると感じるのですが、具体的に、どのような方からどのような相談があり、それらに対しどのような支援をしておられるのか、伺います。  

米子市議会 2019-06-21 令和元年 6月定例会(第5号 6月21日)

本市出産お祝いについてでございますけども、これは民間企業の御協力を得て、子どもが生まれた御家庭に対しまして、育児パッケージ離乳食を詰めた「はじめてばこ」と、そういう「はじめてばこ」を送らせていただく。それとともに、子育て支援一環といたしましては、2歳未満の乳幼児がいる世帯に対しましては、指定ごみ袋の引きかえ券を配布させていただいています。

琴浦町議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日 3月22日)

そうすると、調理室子育て健康課で3カ月から5カ月の離乳食講習会をそちらでやっておられます。そちらは和室は、調理室講習会をしておられるお母さん方子供さんを2階の和室で託児をします、ボランティアさんの方が。そういう子育て健康課とのつながりがありまして、その調理室を使うのは、教育委員会がそちらに来るというのはおかしいと思います。  

八頭町議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第3日目 3月 7日)

すごく出産される方をお祝いするということで、この金額が上がることはいいことだと思うんですが、例えばそのうちの5,000円でもいいですが、町内の産物、おくるみやスタイ、新生児の帽子、あとは間伐材を使った離乳食のスプーン、また、おわん、地元産業の物を使うことで、そこに新たな取り組みとして仕事が生まれます。

米子市議会 2018-12-06 平成30年12月定例会(第2号12月 6日)

○(斉下福祉保健部長) 福祉保健部の主な取り組みといたしましては、妊娠期乳幼児期食育推進といたしまして、妊娠届時やマタニティースクール等での啓発活動離乳食講習会乳幼児健診等での情報提供栄養相談など、また保育園職員対象の食に関する研修や保護者対象の講座を実施しております。  

境港市議会 2018-12-05 平成30年第6回定例会(第1号12月 5日)

離乳食のつくり方、片づけや沐浴の仕方などを学んでもらうことや、子育て悩みを聞きながら必要なアドバイスを行うことにより、身近に相談できる相手がいないといった悩みを解消し、子育てに自信を持っていただいたところであります。  昨年に続き、保育園の園児と、さかいみなと中野港漁村市実行委員会皆さんとの交流事業を10月に行いました。

米子市議会 2018-12-04 平成30年12月定例会(第1号12月 4日)

また、新たに鳥取県生活協同組合と協働して、赤ちゃんの生まれた家庭離乳食などのプレゼントを贈るネウボックス事業を開始したところでございます。  次に、広域連携によるまちづくり推進についてでございます。米子自動車道車線化への取り組みにつきましては、岡山米子線の全線4車線化に向けた動きを一層加速させるため、11月16日に東京で総決起大会を開催いたしました。

北栄町議会 2018-09-12 平成30年 9月第6回定例会 (第 7日 9月12日)

また、離乳食講習会や、1歳、2歳、2歳6カ月児を対象とした育児教室でも、月齢に応じた育児や歯の指導に加え、保護者仲間づくり情報交換ができ、孤立せず相談しやすい場所づくりに努めておるところであります。 ○議長(飯田 正征君) 別本教育長。 ○教育長別本 勝美君) 森本議員の安心・安全に子育てできる環境づくりについての御質問にお答えをいたします。  

北栄町議会 2018-09-06 平成30年 9月第6回定例会 (第 1日 9月 6日)

月齢年齢に合わせて離乳食指導歯磨き指導健康相談等を行いました。保護者仲間づくり情報交換ができる場所にもなっています。次の訪問指導の表は新生児訪問人数です。この訪問は、生後2カ月までに全ての妊産婦乳児保健師のほうが訪問して、発育状況確認育児環境育児不安等を把握し、相談しやすい体制をつくっております。  

琴浦町議会 2018-03-14 平成30年第 3回定例会(第4日 3月14日)

ところが、だんだんとパート職員と言いながらも、その前に、資格を持ってやらなくてはいけない人数は当然確保しますし、問題は、ゼロ歳から3歳までの間のところ、乳幼児っていうんでしょうか、お乳を飲んだりとか離乳食とかっていうことでの、これは資格がなくても子育てになれてる方っていうんで、お母さんであったり経験されてる方であれば対応できていただけるということでのパートだとか臨時職員ということで募集をかけて、その

鳥取市議会 2018-02-01 平成30年 2月定例会(第4号) 本文

毎年、米の需要量も8万トンずつ減少しているという状況の中で、米の輸出額はわずかに32億ということで、1%にも満たん状況でありまして、やはり何といっても、みそ、しょうゆ、こういった加工品にもっと地域としても力を入れていくべきだというふうに思うところでありまして、米のかわりに、酒もかなり外国の方にも好まれておるということもありますし、米ゲルを使った離乳食介護食と、それからパック御飯、こういった加工品