49件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

境港市議会 2020-09-24 令和 2年 9月定例会(第3号 9月24日)

また、管理運営検討により設計変更が必要となった場合、中国四国防衛協議の上、担当課設計事務所及び建設事業者が出席して行われる総合定例会議において適宜建設工事へ反映させることとしております。以上でございます。 ◎休  憩 ○議長森岡俊夫君) 荒井議員質問の途中ですが、ここで休憩いたします。再開は午前11時20分といたします。        

境港市議会 2018-12-12 平成30年第6回定例会(第4号12月12日)

その県の埋め立て承認撤回決定に対して、新基地建設を推し進めてきた沖縄防衛行政不服審査法を使って国に申し立て、それを受けた国土交通大臣沖縄県の埋め立て承認撤回の一時執行停止を命じ、埋め立て工事を強行するなど、民主主義国家にとって、あってはならない暴政と言わなければなりません。

米子市議会 2018-10-03 平成30年 9月定例会(第6号10月 3日)

さらに、今回の承認撤回の理由として沖縄県は、埋め立て予定海域の一部に護岸が沈下する可能性がある軟弱な地盤存在すること、そのことが承認後明らかになったことや、承認時の留意事項に基づく事前協議をせず、防衛工事を開始し、行政指導を繰り返しても是正しなかったことなどとしており、今回の承認撤回は正当な措置であります。

岩美町議会 2018-09-21 09月21日-04号

地質学者などが指摘してきた活断層存在について、沖縄防衛文献にも記載がなく、活断層存在するとは認識していないと否定し続け、海上ボーリング調査資料公開も拒否し続けてきました。ところが、ことし公開された調査報告書では、活断層の疑いがあるとした文献が引用されており、文献にも記載がないとしてきた従来の政府見解との矛盾が明らかになっています。同時に調査報告書でさらに重大な事実が判明しています。

北栄町議会 2018-09-18 平成30年 9月第6回定例会 (第13日 9月18日)

沖縄県が8月31日、防衛省沖縄防衛に提出した撤回通知書は、そうした違法工事を総まとめにして突きつけています。沖縄県が撤回の根拠としたのは、県との事前協議を行わずに工事を開始したという違反行為があり、行政指導を重ねても是正しない、護岸工事予定地の海底に軟弱地盤の判明や活断層存在が指摘されるなどの問題が承認後に判明したことなどです。

米子市議会 2018-03-01 平成30年 3月定例会(第2号 3月 1日)

○(大江企画部長) 先ほど申しました5キロの距離要件が廃止されたことは、うちのほうも確知するのがちょっとおくれたという事情もございまして、そこはおわびするべきところですけれど、既にそのことについても中国四国防衛確認済みでございまして、ほかにもそういう補助要件で、何か採択に関して要件が変わるようなことがあれば、法令や通達等により確認するのはもちろんのこと、個別の案件について、中国四国防衛との協議

境港市議会 2017-06-19 平成29年第3回定例会(第2号 6月19日)

実は事故3日前の6日、社民党中国ブロック協議会中国地方における基地機能強化に反対する要請を広島の中四国防衛に行ったばかりでした。つまり要請の3日後の事故でした。要請内容は、鳥取県は美保基地への空中空輸機配備、山口県は在日米軍岩国基地への空母艦載機の移転、岡山県は日本原演習場での米軍訓練受け入れ、島根県は米軍機による低空飛行訓練について、各県連合から中四国防衛申し入れをしました。  

境港市議会 2016-12-01 平成28年第6回定例会(第1号12月 1日)

9月8日、中国四国防衛から鳥取県に対し、平成32年度以降、航空自衛隊美保基地空中給油輸送機配備する計画があることについて事前協議申し入れがありました。  これを受けて、本市では9月下旬に市議会や地元中浜地区を初め関係者への説明会を開催し、さらに10月22日に実施されたデモフライト騒音測定結果等を踏まえた全市民対象住民説明会を11月18日から22日にかけて開催したところであります。  

境港市議会 2016-09-13 平成28年第4回定例会(第3号 9月13日)

財源につきましては、現行の防災行政無線防衛省補助で整備していることから中国四国防衛協議するとともに、他の財源についても検討している段階でございます。  次に、国が示している防災行政無線代替手段としてコミュニティFMなどがあるが、それらのメリット、デメリット、導入コストランニングコスト戸別受信機への対応などを含めた検討、試算はなされているのかということであります。  

境港市議会 2016-09-12 平成28年第4回定例会(第2号 9月12日)

なお、引き続き中国四国防衛との窓口であったり全体の調整については、自治防災課が行うこととしております。 ○議長岡空研二君) 追及質問がございましたらどうぞ。  米村議員。 ○8番(米村一三君) わかりました。今までの経緯なりその辺のことは全てきちっと引き継ぎをしていただいて、さまざまな部署が担当するようですから、相互に漏れがないような進め方をぜひお願いしたいと思います。  

八頭町議会 2015-12-18 平成27年第11回定例会(第6日目12月18日)

ところが、翁長さんの決定について、行政不服審査法に基づいて何をやったか、訴えたのはどこか、沖縄防衛。私人ですか、沖縄防衛が誰に対して提訴したか、国土交通大臣ですよ。国土交通大臣に一私人でない沖縄防衛が、翁長知事決定に対して不服を申し立てる、前代未聞ですよ、これは。  ある新聞は、何とか姉妹だということを言っておりました。国交大臣に行政不服の審査申し立てて、第三者機関ないんですよ。