113件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

湯梨浜町議会 2019-12-11 令和元年第 9回定例会(第 3日12月11日)

その周知方法についてなんですが、防災講習会で各地区に防災が回っていって、普及活動といいますか、説明しながら周知徹底していくんだというような方向性でいっとるようなんですが、先ほどの町長の答弁でも38地区が未実施の状態だというのもあって、半分以上が未実施のっちゅう話になるわけですよね。

米子市議会 2019-12-06 令和元年12月定例会(第3号12月 6日)

○(矢田貝議員) 先般、市の防災さんにお世話になりまして、地域の有志とともに避難所運営ゲームHUGを体験させていただき、避難所がいかに混乱するものなのかということや、また日ごろからの防災への取り組みの大切さを実感することができました。改めまして、地域の中でのさまざまな取り組みに対する防災安全課の皆様の地道な活動支援に感謝を申し上げたいと思います。  

米子市議会 2019-12-05 令和元年12月定例会(第2号12月 5日)

そこで、防災の活用や自主防災組織の活性化、常備消防との連携などはどのように行われているのかお尋ねしたいと思います。 ○(渡辺議長) 永瀬防災安全監。 ○(永瀬防災安全監) 議員御意見のとおり、過去の災害におきましても、多くの命が自助と共助により助かっているなど、災害時に命を守るために重要なのは自助と共助でございます。

倉吉市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第5号 9月 9日)

この中で、消防団地域防災力の中核としての役割が明確にされたということでございますので、地域自主防災組織等で一定の強化を図るため、若手隊員を中心に防災養成講習の受講を勧め、防災として今、養成をしておるというところでございます。  今後も皆様の期待に応えられる消防団員を目指して、随時資質の向上を図っていきたいと思っております。

米子市議会 2019-09-06 令和元年 9月定例会(第3号 9月 6日)

○(永瀬防災安全監) 防災分野におけます女性の人材育成の現状でございますけど、日ごろ各地域職員が出向いて行っております防災講座等を通じました人材育成に努めておりますが、加えて、本市も取り組んでおります防災の養成研修にも女性の参加をいただいておりますし、さらには、米子市消防団には女性分団がございまして、現在18名の女性分団員の皆様には、広報活動や各種大会運営等で御活躍をいただいているところでございます

琴浦町議会 2019-09-06 令和元年第 5回定例会(第3日 9月 6日)

防災について伺いたいと思います。  近年、自然災害が多発してる状況であります。防災の役割は非常に重要であると思っております。次の3項目について伺いたいと思います。  町では、平成29年度から3カ年計画で75人を予定されてるというふうに聞いております。現状はどうなっているのでしょうか。これが1つです。  

北栄町議会 2019-09-05 令和元年 9月第6回定例会 (第 1日 9月 5日)

防災資格取得につきましては、町職員1人を含む4名の方に取得をしていただいております。  次の表です。警報等による町の警戒態勢と配備等の状況です。警報が出ますと、町で警戒態勢であったり被害の状況によって非常態勢をとったりしますが、平成30年度は大雨の関係もあって非常態勢、警戒態勢、避難所開設等、例年に比べて多くなっているということです。

倉吉市議会 2019-09-03 令和元年第4回定例会(第2号 9月 3日)

○市長(石田耕太郎君) 防災リーダーについては、平成28年の鳥取県中部地震の被災を受けて防災資格を取得していただこうということで、消防団員の方と自治公民館単位に推薦をしていただいた方々に防災資格を取っていただくそういう取り組みをしておりますけれども、そうした方を地区の防災リーダーとして任命をさせていただいて、地域防災訓練ですとかさまざまな研修ですとか啓発冊子の作成ですとか、そういった活動に

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第5号) 本文

私はこの7月、防災スキルアップ研修でトイレ対策の重要性について学んでまいりました。文科省が実施した災害に強い学校施設の在り方についての調査でも、避難所で問題となった施設設備でトイレを挙げられた方が最多となっております。また、地震後何時間でトイレに行きたくなったかとの問いに対し、6時間以内と回答した方が、熊本地震で72.9%、東日本で66.7、阪神で94.3となっております。

伯耆町議会 2019-06-12 令和元年 6月第 3回定例会(第2日 6月12日)

ただ、③番目にレジュメしておりますけれども、技術技能と、なかなか町村レベル職員のレベルだと、いわゆる草刈り機であるとか、発電機の操作の扱いだとか、ドローンの操作技術でありますとか、それからNPO法人資格による防災資格であるとか、それから、何ていうんでしょうか、AEDの使い方、それから電源自動車からの照明灯の明かりをとるとか、こういったことぐらいはある程度は対応できるのではないかというふうに思

湯梨浜町議会 2019-06-12 令和元年第 5回定例会(第 6日 6月12日)

現在まで町では防災減災活動のリーダーとしての役割を担う16名の防災を養成していますけれども、昨年度はその中に1名の女性防災も誕生いたしました。火災現場での対応のほか火災予防の広報高齢者宅への防火訪問など、さまざまな面で地域コミュニティーとのつながりが深い女性が活動できることは大切なことだというふうに思っております。

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会(第3号) 本文

◯乾 秀樹危機管理部長 今年度予定されております女性防災リーダー研修におきましては、防災知識のスキルアップを図ることで、地域に出て活躍していただける人材育成することを目指しまして、既に防災リーダーとして登録されている女性リーダー、これは37名でございます、そして女性防災15名、女性消防団員17名の方に研修案内を出す予定としております。

北栄町議会 2019-03-15 平成31年 3月第2回定例会 (第11日 3月15日)

防災認定研修負担金18万円。12名、1人当たり1万5,000円ということであります。現時点で北栄町ではこの資格取得者が20名で、うち女性が7名というのを先日伺いました。この要は防災資格を取るための講習と試験の費用を、これは全額町のほうで負担をして防災資格を取得をしてもらうということですよね。 ○議長(飯田 正征君) 磯江総務課長。 ○総務課長(磯江 昭徳君) 全額です。

北栄町議会 2019-03-12 平成31年 3月第2回定例会 (第 8日 3月12日)

また、女性防災は育っているのでしょうか。本町の取り組みについて町長に伺います。  以上でこの場での質問を終わります。 ○議長(飯田 正征君) 松本町長。 ○町長(松本 昭夫君) 森本議員の御質問にお答えいたします。  自主防災組織の中での女性の役割についての御質問でございます。  まず、本町自主防災組織の状況でございますが、63自治会中47の自治会組織が設置されております。

湯梨浜町議会 2019-03-07 平成31年第 3回定例会(第 1日 3月 7日)

それから、町が避難勧告等を発令した際に要する避難所設置に係るもろもろの経費などがありますが、それを賄うための保険料でありますとか、あるいは防災育成の研修に係る受講料などをここで計上をいたしておるところでございます。  29ページ、ここも防災の関係でございます。防災行政無線管理臨時経費といたしまして、対前年度比5,501万6,000円増の1億4,195万6,000円を計上いたしました。

米子市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会(第6号 3月 7日)

また、自主防災組織のさらなる活性化に向けての取り組みとしましては、出前講座の充実や各種訓練支援を行うとともに、防災などの地域防災リーダーを育成し、自発的に防災活動を行うことができるよう支援をしていく予定でございます。  続きまして、人権施策についてのお尋ねでございます。差別防止と人権啓発の取り組みについて、現時点での取り組み状況、またその効果についてのお尋ねでございます。

米子市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第5号 3月 6日)

近年の多様な災害に対する備えが必要となる中、地域住民の安心・安全な生活のため、自主防災組織結成のさらなる促進とその活動が具体的かつ実践的なものとなるよう、自主防災組織における防災育成防災コーディネーターの活用など、支援体制の強化が必要だと思いますが、見解をお伺いをいたします。

北栄町議会 2019-03-06 平成31年 3月第2回定例会 (第 2日 3月 6日)

4目の災害対策費の一番下の19節の一番下のところです、防災認定研修負担金、12人の養成を予定しておりましたけど、4人しか養成できておりません。8人分減額をさせていただきます。以上で終わります。 ○議長(飯田 正征君) 藤江住民生活課長。 ○住民生活課長(藤江 純子君) 住民生活課関係の説明をいたします。  19ページをお願いいたします。