40件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

琴浦町議会 2020-03-09 令和 2年第 2回定例会(第4日 3月 9日)

言ってみれば、不妊・去勢手術を野良猫にすることによって、耳に印はするそうですけども、そうやると、今までけんかしてた猫が一緒になる、一緒になってよそから来た野良猫を追い出すと要はコロニーができる、その中でやがて死に絶えていく。したがって、野良猫がいなくなるというプロセスだと思うんですが、そういったことがやっぱり認知されてないんじゃないかと思いますが、いかがでしょうか。

伯耆町議会 2020-03-03 令和 2年 3月第 1回定例会(第1日 3月 3日)

次に、令和元年度から増加傾向にある野良猫等のふん尿被害への対応として、野良猫等の不妊去勢手術に対する補助事業を行っています。新年度は集落などによる地域での取り組みについて、補助率を2分の1から4分の3へ、補助上限額も1万円から1万5,000円へと引き上げ、さらなる取り組みの推進を図ります。  

鳥取市議会 2019-12-01 令和元年 12月定例会(第4号) 本文

鳥取市では野良猫の不妊去勢手術助成事業を行っておりますが、野良猫の場合、動物病院での受け入れが対応しがたい、そのような場合もあるというふうに仄聞しております。そこで、鳥取市が管理されている犬管理所に手術の場を設け、動物病院獣医師に提供して不妊去勢手術を実施する、そのような方法もあるのではないかと思います。

琴浦町議会 2019-09-09 令和元年第 5回定例会(第4日 9月 9日)

猫の話については、現状どうなのか、野良猫対策ということでされてることだったと思いますけども、建設環境課長に答えさせます。  それからあわせての話、商工になると思います。印刷のデザインとか、枚数とか、そういうところの答弁をさせます。  5番目が空き家対策の120万、60万2件分じゃないかということでの具体的な話というのは、総務課長に答えさせます。  

米子市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第3号12月 7日)

平成28年4月に、鳥取県はそれまでの動物愛護に関する方針を転換しまして、飼い主のいない猫繁殖制限対策事業として、野良猫の不妊去勢手術の助成を始めました。米子市はおくれること半年、その年の12月に飼い主のいない猫の不妊去勢手術費用の一部補助をスタートいたしました。今では全国的に犬・猫の殺処分ゼロ運動を行っています。

北栄町議会 2018-09-18 平成30年 9月第6回定例会 (第13日 9月18日)

そうしますと、近所を見渡しても野良猫が減ったようにも見えませんし、また、さくらねこというんですかね、去勢した猫ちゃんは、そういうのもなかなか見えておりません。ですからそういう申請を、そういう動きが今少なくなったのかなと今の報告を受けて感じております。猫に餌をやるということ自体が猫にとって不幸なんだと、要は野良猫ですよね。野良猫に餌をやるということは不幸なんだという世の中の流れがあります。

北栄町議会 2018-03-12 平成30年 3月第2回定例会 (第 8日 3月12日)

私も野良猫がうろうろしているのでどうにかしてほしい、餌を上げていたら苦情が来たなど、よく苦情や相談を受けることがあります。動物好きの方などは、外の猫が心配で夜も眠れない、近所の人から苦情が出るけれども、解決策が見つからず、いずれあの猫たちは殺処分になるのではと、大変心を痛めておられます。そもそも、それらの野良猫たちは人間によって捨てられました。

伯耆町議会 2017-09-08 平成29年 9月第 5回定例会(第2日 9月 8日)

議員(3番 杉本 大介君) そうしましたら次の質問野良猫の苦情について私も直接お聞きしたこともございますが、そういった野良猫について住民からの苦情、相談の件数や内容というのがこの事業を実施する以前と比べて変化がありましたでしょうか、お聞きします。 ○議長(篠原 天君) 井本課長

伯耆町議会 2017-03-03 平成29年 3月第 1回定例会(第1日 3月 3日)

良好な住環境の維持・保全のために、野良猫よけガーデンバリアの貸し出しやごみの不法投棄防止を目的とした監視カメラ試験的設置などにも取り組みます。  そのほか、新たな省エネルギー対策として、家庭用コージェネレーションシステム及び太陽光発電システムとセットとなる蓄電池等を新たに補助対象品目に加えます。  次に、協働のまちづくりの推進です。  

米子市議会 2016-06-15 平成28年 6月定例会(第3号 6月15日)

県は、本年4月に住民への啓発のみであった野良猫対策を大きく方向転換しました。新たに飼い主のいない猫繁殖制限対策事業をスタートいたしました。この事業は、市町村自治会ボランティア等が取り組む飼い主のいない猫の不妊・去勢手術に要する経費に対して補助する場合、県は猫1頭につき5,000円を上限とし、補助事業者が設定した助成金額の2分の1を交付する事業であります。

北栄町議会 2016-06-10 平成28年 6月第4回定例会 (第 1日 6月10日)

猫避妊・去勢手術助成事業補助金ということで、野良猫に対する避妊手術等に対する補助金でございます。支出の額に対する2分の1の額を県の補助金ということで受けるようにしております。これにつきましては、支出が13ページ、4款衛生費、1項保健衛生費、7目環境衛生費のところで猫避妊・去勢手術費補助金ということで支出を予定しております。野良猫につきましては、1万円が上限ということになっております。

鳥取市議会 2016-06-01 平成28年 6月定例会 目次

…………………………………………… 257 勝田鮮二議員(~質疑~何十年経過しても人体に影響はないのか) …………………………………… 257 庁舎整備局長(答弁) ………………………………………………………………………………………… 257 桑田達也議員(~質疑~鳥取砂丘イリュージョンが事業継続に至った経緯について、野良  猫不妊・去勢手術費補助金〔手術にかかる費用はどのぐらいか、飼い主のいない野良猫

鳥取市議会 2016-06-01 平成28年 6月定例会(第6号) 本文

次に、動物愛護事業費、野良猫不妊・去勢手術費補助金について、環境下水道部長にお尋ねいたします。  このたび計上されている予算ですが、鳥取県が実施しております人と動物の共生社会実現推進事業の間接補助であり、県・市2分の1ずつ負担するものでありますが、野良猫の不妊・去勢手術費の助成額は1匹当たり上限1万円となっております。

伯耆町議会 2016-03-15 平成28年 3月第 2回定例会(第3日 3月15日)

新年度予算動物愛護管理推進事業として、野良猫等避妊・去勢手術費の補助金制度を新設されました。これは、野良猫及び飼い猫の望まれない繁殖を抑制することによって殺処分数を減少させ、また、ふん尿被害等のトラブルを防止することを目的として、新設というか、新規事業として取り組まれるということになっております。

  • 1
  • 2