105件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

琴浦町議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 5日)

2番目に、国指定重要文化財河本家住宅修理・保存活用事業432万1,000円であります。  国指定重要文化財・河本家住宅の母屋、離れ、大工小屋などの修理、整備のほか、保存活用の方針を定めて計画に対し、支援を行います。このたび保存として災害や経年劣化により損傷のある箇所を修繕いたします。活用としましては、継続して文化講演会観光活用などを行っていきます。  3番目に、健康対策。  

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会 目次

質問地域歴史資源を生かした特色のあるまちづくりに対する市長の所  見について、先人の知恵を生かした災害に強いまちづくりに関する具体的な取り組みに  ついて) ………………………………………………………………………………………………………  38 市長(答弁) ……………………………………………………………………………………………………  38~ 39 太田 縁議員(~追及~旧美歎水源地水道施設重要文化財指定

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会(第4号) 本文

ことし10月27日に国指定重要文化財旧美歎水源地水道施設がグランドオープンしました。平成23年より国及び鳥取県補助を受けて文化財の保存修理と活用整備が始まり、8年の歳月をかけ、地元地域の皆様が待ち望んだ施設がやっとの思いで完成し、とても喜んでおられます。また、平成28年には、大正4年10月に旧美歎水源地水道施設が竣工され近代水道鳥取市に創設されて100年を迎えております。

北栄町議会 2018-06-26 平成30年 6月第5回定例会 (第 8日 6月26日)

外国人観光客のことを言いましたけども、多分全体的にお客さんがふえとることは事実でありますから、こういったいろんな集客の施設っていうのが町内あちこちにするということも一つの考え方としては悪いことないんですけども、既にこれだけどんどんお客さんが集まってくる場所に、やっぱり町内のいろんな文化財とかいろんなもんですね、例えば東高尾の観音寺の仏像、重要文化財あるいは前田寛治の絵についても収蔵庫にしまっておくのはもったいないと

鳥取市議会 2018-06-01 平成30年 6月定例会(第4号) 本文

◯浅井俊彦経済観光部長 観光振興に関連しました文化財のブラッシュアップといたしましては、昨年6月に運行を開始しましたトワイライトエクスプレス瑞風の立ち寄り観光地となりました重要文化財の仁風閣や有形文化財鳥取民藝美術館、さらに旧吉田医院などで、美装化修繕や受け入れ体制の向上につながります整備を行っております。

米子市議会 2018-03-02 平成30年 3月定例会(第3号 3月 2日)

○(岩崎教育委員会事務局長) 文化財の維持管理費についてでございますが、文化財には史跡重要文化財無形文化財などさまざまな種類がございます。その規模や特性も多様でございます。一つ一つの貴重な文化財を確実に保存し、後世に承継していくこと、これが行政の使命の一つでございます。適切な保護、維持管理に努めることは必要であると考えております。

鳥取市議会 2018-02-01 平成30年 2月定例会(第1号) 本文

また、国府町の重要文化財旧美歎水源地水道施設については、平成25年度から平成27年度に実施した第I期の指定文化財修理工事に続き、平成28年度から実施していた第II期修理工事が本年度完了し、本年4月に仮オープンする運びです。10月には展示施設の整備も終え、日本上水道や本市の歴史を体感できる新たな地域の名所が誕生します。  

米子市議会 2017-12-08 平成29年12月定例会(第4号12月 8日)

この中で歴史的風致の核になる歴史上価値の高い建造物等でございます、向山古墳群や米子城跡などの国指定の史跡あるいは国指定重要文化財後藤家住宅を初めまして、市指定有形文化財、無形民俗文化財、国の登録有形文化財など、有形、無形のさまざまな文化財の保存活用を通しまして、歴史的風致の維持向上に努めているというところでございます。 ○(尾沢議長) 田村議員。 ○(田村議員) わかりました。

琴浦町議会 2017-12-05 平成29年第 7回定例会(第1日12月 5日)

また、文化財保護費において、平成30年度から予定している重要文化財河本家住宅の改修事業に係る文化庁ヒアリングのための旅費16万2,000円を計上しています。  災害復旧費においては、平成28年10月21日の鳥取県中部地震により被災した町道立石台街路1号線について、平成30年度以降の国の社会資本整備総合交付金による改修を行うため3,300万円の減額を行っています。

湯梨浜町議会 2017-09-11 平成29年第 6回定例会(第 5日 9月11日)

町は、宇野地区の防火対策をどのように認識しておられるのか、国の重要文化財のある地域であります。文化財施設の防火対策は当然されなければなりませんが、地域対策が急務であると思います。町長の同地区の防火対策についての考えをお聞かせ願いたいと思います。以上です。 ○議長(入江 誠君) 町長、答弁。

伯耆町議会 2017-09-08 平成29年 9月第 5回定例会(第2日 9月 8日)

国、県、町、いわゆる国が2件、県は1件、町が12件の指定の文化財は合わせて15件あるわけですが、国に関しては登録文化財、もう1件は重要文化財があるわけですけど、国、県、町指定はどのような審議過程を経てそれぞれ決まるのでしょうか、ちょっと教育長に聞きたいと思います。 ○議長(篠原 天君) 教育長。 ○教育長(後藤 弥君) 文化財についての御質問でございます。  

琴浦町議会 2017-09-08 平成29年第 5回定例会(第1日 9月 8日)

費用弁償8万4,000円につきましては、平成30年度から重要文化財の河本家住宅の整備事業の事業説明とか現地確認で国から文化財調査官に来ていただくためのものでございます。負担金補助及び交付金でございますが68万5,000円。内訳につきましては、町指定津田家墓所の復旧事業の補助金4万3,000円、これにつきましては中部地震でございます。

倉吉市議会 2017-09-04 平成29年第5回定例会(第5号 9月 4日)

中でも重要文化財や県の指定文化財、伯耆国分寺跡、大御堂廃寺跡で出土されたものを中心に常設展示を行っております。  民俗の部門につきましては、千歯こきや太一車、倉吉絣、倉吉における近代産業や農具、民具の変遷を紹介できるものを常設展示を行っておりますが、年中行事等々につきましては、その都度、特別に展示を行っております。  

北栄町議会 2017-09-01 平成29年 9月第7回定例会 (第 2日 9月 1日)

下の修繕費(物品・備品)14万8,000円につきましては、東高尾観音寺にあります木造十一面千手観音立像につきまして、国の重要文化財でありますが、鳥取県中部地震の際、固定してある部分が傾き仏像自体が傾きを持ちましたので、国の文化庁の調査官に点検をしていただき修繕方法を指示していただいて、それを京都の美術院という業者、重要文化財でありますので指定されています業者に修繕を依頼し、この額がかかるということで

倉吉市議会 2017-08-31 平成29年第5回定例会(第4号 8月31日)

国宝童子切安綱の展示会、ぜひとも開催してほしいという願いですけれども、一般に国宝重要文化財等の指定文化財の借用及び展示については、温度や湿度調整、そうした展示環境が非常に厳しゅうございまして、むしろ普通の絵画よりもなお一層この刀剣については、やはり安全性というものは考慮された施設であることが定められておりますので、確かにこちらに持ってくる、展示をしていくというハードルは高いと私は思っています。  

米子市議会 2017-06-23 平成29年 6月定例会(第4号 6月23日)

続きまして、淀江地域の活性化につきましてお尋ねがございましたが、淀江地域の活性化ですけども、やはりその淀江地区が有する名水重要文化財など特色のある史跡、さらには観光文化施設など地域資源を連携させた観光ルートづくりや魅力の発信によりまして、地域の振興を図り、淀江地区の歴史文化を生かしたまちづくりを推進していきたいというふうに考えてございます。

倉吉市議会 2017-06-19 平成29年第4回定例会(第5号 6月19日)

次に、どういったものかといいますと、この公益財団法人につきましては、国宝であるとか重要文化財歴史的価値の高い文化財建造物の保存修理に関するというところで、設計監理業務等を受けておられるわけでありますけれども、文化庁が認められた文化財建造物修理主任技師という者がおられまして、この方々が経験をもとに、維持すべき工法や部材について指導助言をされるといった内容でございます。よろしいでしょうか。

米子市議会 2017-06-19 平成29年 6月定例会(第1号 6月19日)

また、淀江地区の歴史文化施設を活用した地域の振興についてですが、淀江地区には名水重要文化財など、特色ある史跡、豊かな自然があり、その地域資源を活用し、魅力を発信するため、観光文化施設が整備されています。これらの地域資源を連携させた観光ルートづくりや魅力の発信により、地域の振興を図ってまいります。