42件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2018-09-06 平成30年 9月第6回定例会 (第 1日 9月 6日)

こちらは年5回を開催しておりまして、選挙名簿登録であったりということを委員会の中で行っております。  次です。2目選挙啓発費です。決算書では54、55ページになります。次のページの11ページの上のほうですけど、①選挙啓発事業として明るい選挙推進協議会の開催であったり出前講座であったりということで行って、明るい選挙推進を図っております。  次です。3目の町長町議会議員選挙費です。

八頭町議会 2018-09-06 平成30年第 7回定例会(第3日目 9月 6日)

申請者内容確認、この内容確認というのは請求者がこれで言ったら鳥取市の選挙名簿登録されているか、その確認だけなんですよ。その確認ができたら、すぐ署名活動に入ってください。大体これが日数的に3日くらいでされてるんですよ、調べると。鳥取市の場合。ですけど、八頭町はまず申請者が書類を提出する。八頭町の町長が見られる。内容の文章がまずいから書き直してこい。で、また提出をする。

八頭町議会 2018-08-06 平成30年第 6回臨時会(第1日目 8月 6日)

八頭住民投票条例第8条、投票資格者としての規定があります、公選法第21条第1項の規定により、八頭町の選挙名簿登録される資格を有する者とあります。本件の直接の利害関係者は、将来の町を背負う子どもたちではないでしょうか。その子どもたちには、残念ながら住民投票投票権はありません。  

米子市議会 2018-03-07 平成30年 3月定例会(第5号 3月 7日)

居住実態がないとして選挙名簿から外されるおそれがあるということについてしっかり教えていくことが大切なのかなと思います。  米子市では、初めて選挙を迎える18歳の方へ、選挙制度説明文を含んだ封書を住民票のある居住地に送付しているとのことですが、住所を実家に置いたまま、進学や就職した若者に対して、不在者投票の仕方や宣誓書を同封すべきだと思いますが、どのように考えるかお伺いいたします。

倉吉市議会 2017-12-05 平成29年第7回定例会(第2号12月 5日)

そして、ポスター掲示場の数につきましては、公職選挙法により投票ごと選挙名簿登録者数及び面積によってその数が定められてるんです。その規定に基づいて、法定の設置数どおり175カ所としているところでございます。よろしいでしょうか。 ○14番(由田 隆君) ありがとうございました。  それでは、先ほど御答弁いただいたことに対しての再質問を行わせていただきます。

湯梨浜町議会 2015-12-11 平成27年第 9回定例会(第 1日12月11日)

4項選挙費の1目選挙管理委員会費説明欄の丸、選挙名簿システム改修事業53万円でございます。これは公職選挙法改正によりまして、選挙権年齢が18歳に引き下げられることになどによりますシステム改修経費でございます。  それから、19ページの下のほうから4つ目の丸でございますが、3款民生費、1項社会福祉費の5目の障がい者福祉費自立支援給付費でございます。

北栄町議会 2015-12-08 平成27年12月第11回定例会 (第 1日12月 8日)

一つには、18歳まで引き下げということでございますので、それのシステム改正でございますとか、それに関して選挙名簿登録制度見直しもございますので、その部分の委託料見直しでございます。  それと、19節でございますが、289万8,000円の増につきましては、広域の負担金でございます。管理費等について、実績を踏まえ、増額になっておるものでございます。  続いて、4目をお願いします。

米子市議会 2015-12-02 平成27年12月定例会(第1号12月 2日)

選挙管理委員会事務費は、選挙権年齢改正に伴い、選挙名簿システム改修を行おうとするものでございます。  次に、民生費でございますが、基礎年金等事務費は、国民年金納付猶予制度改正に伴うシステム改修に要する経費を措置しようとするものでございます。居宅介護給付事業は、障がいのある方に対するデイサービス給付費等実績見込みの増によるものでございます。

琴浦町議会 2014-09-10 平成26年第 5回定例会(第3日 9月10日)

ただ、その中のほう、その取り組みといいますか、選挙管理とはということで、衆議院、参議院、町長選などの選挙に関するものと、そういうふうにいろいろ選挙に関するもの、また、選挙名簿等のことはありますけども、後段のほうに選挙啓発に関することということが書いてあるんです。要するに、こういうことです。選挙を啓発するということに対して模擬投票というものは妥当な取り組みだと自分自身は考えます。

北栄町議会 2014-09-08 平成26年 9月第5回定例会 (第 1日 9月 8日)

それぞれ毎年調整をいたしております各種選挙名簿登録住民投票資格者名簿作成等を行っております。  続いて、9ページでございます。2目選挙啓発費でございます。決算額が2万7,000円でございます。選挙啓発に要する経費でございます。活動につきましては、記載いたしておりますので、ごらんをいただきたいと思います。  

米子市議会 2014-07-22 平成26年 7月定例会(第6号 7月22日)

あわせまして、もう一点につきましては、選挙の当日、どこの投票所でも投票する方法はないかということでございますが、御承知のように、公職選挙法におきましては、選挙人は、選挙名簿と対照しなければ投票できないということが規定されておるところでございまして、現在、選挙当日におきましては、各投票所ごとにそれぞれの選挙名簿を配置し、投票に来られました選挙人の方々を名簿と対照して行っておるところでございますが、

米子市議会 2014-07-18 平成26年 7月定例会(第5号 7月18日)

そして、同施行令におきましては、選挙名簿登録者、そして面積に応じて設置数が区分されております。なお、特別な事情がある場合につきましては、国政選挙においては県の選挙管理委員会と協議し、そしてまた、県・市の地方選挙におきましてはそれぞれ条例の定めるところにより減数することができるとされております。

琴浦町議会 2014-03-11 平成26年第 2回定例会(第2日 3月11日)

なお、全ての投票区についての調査につきましては、当時の選挙名簿手作業により集計をしなければならないということで困難ではないかというふうに考えております。  3つ目に、投票所入場券並び選挙公報の配布についてでありますが、特に今回、投票所入場券が届かなかったという苦情が多数寄せられました。この場をおかりしまして深くおわびを申し上げたいというふうに思います。

北栄町議会 2012-11-26 平成24年11月第7回臨時会 (第 1日11月26日)

13節委託料、171万2,000円で、選挙名簿などの作成や掲示板の設置・撤去の委託料でございます。14節使用料及び賃借料で51万8,000円で、投票所会場投開票所の机、いす等借り上げ料でございます。18節備品購入費で346万5,000円で、自書式投票用紙読取分類機購入に要する経費で、より迅速で正確な開票を行うためのものでございます。以上でございます。