153件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倉吉市議会 2022-06-15 令和 4年第 5回定例会(第3号 6月15日)

目標時期については令和7年度で、例えば児童手当住民基本台帳選挙名簿管理固定資産税個人住民税等々、対象事業を17事業として、順次国の策定する標準仕様に準拠したシステムへ移行することになると考えているところでございます。現時点では、住民基本台帳税関係システムについての標準仕様が示され始めたところでございまして、国の進捗に沿ってシステムの移行を実施していこうというところでございます。  

倉吉市議会 2021-10-25 令和 3年第8回臨時会(第1号10月25日)

投票用紙に被選挙氏名記載の上、点呼に応じて順次、投票をお願いいたします。  それでは、ただいまから投票に移ります。                    〔職員点呼投票〕 ○臨時議長大月悦子君) 投票漏れはありませんか。                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○臨時議長大月悦子君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。  

倉吉市議会 2021-03-09 令和 3年第3回定例会(第5号 3月 9日)

そこでは、通常、投票所で行う選挙名簿の照合をその都度役場と電話確認をされてるということ。当然ながら、増設する場合と同数の投票管理者投票立会人、さらには事務従事者確保する必要があること等、業務の負担が増すということではございました。倉吉市も北栄町と同時期から投票所を削減しており、その際、従来、1か所であった期日投票所を3か所に増設しております。

倉吉市議会 2019-09-26 令和元年第4回定例会(第7号 9月26日)

投票用紙に被選挙氏名記載の上、点呼に応じて順次、投票をお願いいたします。  点呼を命じます。                    〔職員点呼投票〕 ○副議長福谷直美君) 投票漏れはございませんか。                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○副議長福谷直美君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたしました。  

倉吉市議会 2019-06-20 令和元年第3回定例会(第4号 6月20日)

明るい選挙推進協議会による啓発事業に加え、防災行政無線による広報、市報、ホームページによる啓発懸垂幕、横断幕、駅前電光掲示板での啓発等行っておりますが、明るい選挙推進協議会との連携を一層強化するなどして地道に選挙啓発活動推進し、選挙の皆様に、自分へと必ずつながるその1票という意識を深めていただくことが大切だと思っております。  

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会(第2号) 本文

◯吉野恭介議員 私は自宅近くで投票できる移動投票所の仕組みができれば一番いいなと思うわけでありますが、公職選挙法関係で、選挙選挙の当日みずから投票所に行き投票しなければならないという、そうした法律はなかなかハードルが高いなと思うわけであります。そうしたときに、やっぱり交通弱者にとっては近くに、各町内では最近空き家がどんどんふえております。そうした空き家を有効活用して投票所に活用できないか。

八頭町議会 2018-09-06 平成30年第 7回定例会(第3日目 9月 6日)

申請者内容確認、この内容確認というのは請求者がこれで言ったら鳥取市の選挙名簿登録されているか、その確認だけなんですよ。その確認ができたら、すぐ署名活動に入ってください。大体これが日数的に3日くらいでされてるんですよ、調べると。鳥取市の場合。ですけど、八頭町はまず申請者が書類を提出する。八頭町の町長が見られる。内容の文章がまずいから書き直してこい。で、また提出をする。

北栄町議会 2018-09-06 平成30年 9月第6回定例会 (第 1日 9月 6日)

こちらは年5回を開催しておりまして、選挙名簿登録であったりということを委員会の中で行っております。  次です。2目選挙啓発費です。決算書では54、55ページになります。次のページの11ページの上のほうですけど、①選挙啓発事業として明るい選挙推進協議会の開催であったり出前講座であったりということで行って、明るい選挙推進を図っております。  次です。3目の町長町議会議員選挙費です。

八頭町議会 2018-08-06 平成30年第 6回臨時会(第1日目 8月 6日)

八頭住民投票条例第8条、投票資格者としての規定があります、公選法第21条第1項の規定により、八頭町の選挙名簿登録される資格を有する者とあります。本件の直接の利害関係者は、将来の町を背負う子どもたちではないでしょうか。その子どもたちには、残念ながら住民投票投票権はありません。  

米子市議会 2018-03-07 平成30年 3月定例会(第5号 3月 7日)

居住実態がないとして選挙名簿から外されるおそれがあるということについてしっかり教えていくことが大切なのかなと思います。  米子市では、初めて選挙を迎える18歳の方へ、選挙制度説明文を含んだ封書を住民票のある居住地に送付しているとのことですが、住所を実家に置いたまま、進学や就職した若者に対して、不在者投票の仕方や宣誓書を同封すべきだと思いますが、どのように考えるかお伺いいたします。

倉吉市議会 2017-12-07 平成29年第7回定例会(第4号12月 7日)

確かに電話事務局のほうも受けたようでありますが、そこのところ、どなたか私は詰めては聞いてはおりませんが、ただ、この話を投票管理者とか立ち会いをしていらっしゃった方々に聞く中では、思うのは、投票管理者投票立会人は、選挙投票用紙投票箱に入れないで持ち帰ることがないように、細心の注意を払っておく必要があるわけです。もし持ち帰り票というようなことがあれば、開票時に大混乱になります。

倉吉市議会 2017-12-05 平成29年第7回定例会(第2号12月 5日)

そして、ポスターの掲示場の数につきましては、公職選挙法により投票区ごとの選挙名簿登録者数及び面積によってその数が定められてるんです。その規定に基づいて、法定の設置数どおり175カ所としているところでございます。よろしいでしょうか。 ○14番(由田 隆君) ありがとうございました。  それでは、先ほど御答弁いただいたことに対しての再質問を行わせていただきます。