8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

倉吉市議会 2008-03-05 平成20年第3回定例会(第2号 3月 5日)

しかし21年度合併特例債も基金も退職積み立てもすべてなくなります。しかも福祉の予算だけは他に例がない特別医療の助成など新規な福祉事業に市の税金を投入しておられます。  経常収支比率の内訳の中には、この扶助費補助費があります。倉吉市の扶助費は9.6%、県内で一番高い扶助費数値であります。つまり財政悪いけど福祉は非常に重点が置かれている。数値でも表れています。

岩美町議会 2007-03-12 03月12日-02号

なお、特別負担金につきましては、消防施設整備に係る起債償還並びに消防職員退職積み立てに係るものでございます。 2目非常備消防費3,525万8,000円でございますが、消防団員588名の団員報酬のほか消防団運営に係る経費をお願いしております。なお、本年度は21名の退団を予定しておりまして、上から4番目の消防団員退職報償金713万1,000円を計上いたしております。

岩美町議会 2006-03-14 03月14日-03号

なお、特別負担金につきましては、消防施設整備に係る起債償還並びに消防職員退職積み立てに係る負担金でございます。 2目非常備消防費3,082万4,000円でございますが、消防団員588名の団員報酬のほか、消防団運営に係る経費等をお願いしております。なお、本年度は23名の退団者、これを予定しておりまして、上から4行目でございますが、消防団員退職報償金698万6,000円を計上しております。 

岩美町議会 2005-03-14 03月14日-02号

なお、特別負担金につきましては、消防施設整備に係る起債償還並びに消防職員退職積み立てに係る負担金でございます。 2目非常備消防費3,347万7,000円でございますが、消防団員588名の団員報酬のほか、消防団運営に係る経費等をお願いしております。本年度消防団員27名の退団者を予定しておりまして、中ほどでございますけれども、消防団員退職報償金として903万8,000円を計上しております。 

岩美町議会 2004-03-11 03月11日-02号

なお、特別負担金につきましては、消防施設整備に係る起債償還並びに消防職員退職積み立てに係る負担金でございます。消防職員退職積み立てによりまして、前年度に比べ1,094万9,000円の負担金の増ということになっております。 2目非常備消防費3,061万4,000円でございますが、消防団員588名の団員報酬のほか、消防団運営に係る経費等をお願いしております。

岩美町議会 2002-03-11 03月11日-02号

なお、特別負担金につきましては、岩美消防署土地取得造成費並びに消防職員退職積み立てに係る負担金をお願いしております。 次に、2目非常備消防費4,505万8,000円でございますが、消防団員588名の団員報酬のほか、岩美消防団運営に係る経費等をお願いしております。なお、本年度は62名の退団者を予定いたしておりまして、消防団員退職報奨金2,028万2,000円計上させていただいております。 

  • 1