53件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

米子市議会 2018-09-12 平成30年 9月定例会(第5号 9月12日)

工事を実施する時点では、従来の地上権などの何らかの権利を設定すべきであったのではないかというふうに考えますが、当時は農林省地上権に係る取り扱い指針というのが通知される前のことでございまして、権利設定に対応していなかったというふうに考えられますので、民法改正以降に速やかに区分地上権の設定が行われるべきであったのではないかというふうに考えております。 ○(渡辺議長) 安田議員

琴浦町議会 2017-06-14 平成29年第 3回定例会(第4日 6月14日)

農林省の関係からいうと。だけ、そこらのところに最初出された要項等のいろんな中での問題と、今、いろいろと、農林省、やっぱり国のほうからの意向というものがちょっと食い違っているじゃないかなというふうな感じを受けたもんですから、そこら辺をやっぱり整理しながら、このように決定したというものをきちっとやっぱり説明する必要があるんじゃないかなというふうに感じました。 ○議長(手嶋 正巳君) 答弁要りませんね。

鳥取市議会 2017-02-01 平成29年 2月定例会(第2号) 本文

農林省によると、野生鳥獣による農作物の被害額は2010年度の239億円をピークに2014年度は191億円まで減ったと発表しております。電気柵や捕獲わななどにより農地への進入を防ぐなど熱心に対策を講じ、被害を減らしている地域もふえてきましたが、イノシシや鹿が減ったという実感はないとも言われております。国の調査では、イノシシ推定生息数は、2013年度末に約98万頭でした。

鳥取市議会 2016-06-01 平成28年 6月定例会(第3号) 本文

農林省果樹試験場が鳥取県に移転することは、鳥取県河原試験地を有する本市にとっても、果樹振興に大いに役立つものと考えますが、市長の所見をお伺いいたします。  最後に、内水漁業アユ)についてお伺いいたします。  千代川鳥取県代表するアユ漁場として古くから親しまれてきました。河原地区ではあゆ祭など、アユを活用したまちづくりを進めてきました。

鳥取市議会 2013-02-01 平成25年 2月定例会(第5号) 本文

県のほうも国の事業が、農林省の事業だから、県を通じて入ってくるのはそれでわかるんです。ただ、考えてください。さっき質問の中で答えられましたように、企画部の関係では、狐川の環境美化、それでさらに山白川の下水池の関係もあると思います。こういう関係がある。それから、農業用水の関係で農林部。それから、中小河川の整備は都市整備部。それから、市街化の地域の下水の関係については環境下水道部。

米子市議会 2011-06-16 平成23年 6月定例会(第3号 6月16日)

例えばね、当時同じように農林省職員跡地を土地公社に売却されています。そのときのお金が2,764万円、はしたは切りますよ、2,764万円で土地公社に買わせた、米子市の普通財産を。そして平成18年度これ処分した、土地開発公社債務残高は3,037万円まで膨らんでいた。ところが18年度に処分したことによって、これが2,510万で売れた。

琴浦町議会 2011-03-10 平成23年第2回定例会(第2日 3月10日)

再三申し上げております温泉病気にかかりにくい予防施設として、また漁業農業の産物を絡めて史跡船上山、伯耆酪農、農林省畜産試験場、他町にはない施設が多くあります。琴浦町の活性化の施設の核として取り組まれたい。町長答弁では、特別に非公開とする情報でもない、調査結果に関する資料の閲覧ができる行政放送などもお知らせしたいというふうに考えておるという答弁がなされています。

八頭町議会 2010-12-13 平成22年第12回定例会(第5日目12月13日)

○5 番(下田敏夫君) ことしの10月16、17、18と八東体育文化センター農林省企画官、スーパー公務員と言われております木村俊昭氏を招いて、商工会が主催し、町が共催の講演会が開かれました。  たくさんの方に来ていただいたんですが、その中で、来られた方の中から、役場の職員来とったか、どこにおったえ、えらい少ないでないかいなという声が出ておりました。

琴浦町議会 2010-06-16 平成22年第4回定例会(第3日 6月16日)

それに付随して漁業農業の産物を、温泉を絡めて史跡船上山、伯耆酪農、農林省畜産試験場、もろもろが、他町にはない施設がいっぱいある。したがって、大きな宿泊のやかたを建てということは言っておりませんがな。そこらをどのような構想でということを町長みずから立てられ、企画課という独立した課があるでしょうがな。企画課は寝とられるだかいな。僕の目線でいったら企画課は寝とるだないかいな。

鳥取市議会 2009-12-01 平成21年 12月定例会(第4号) 本文

しかし、遊具の設置されたきっかけが農林省補助事業によるもの、または、旧学校施設の一部であったものなどは、現在、その位置づけが明確にされていないように見受けられます。そのため、維持管理があいまいにされているのではないかと危惧するところであります。遊具は、安全に管理されてこそ安心して利用し、その機能を発揮するものです。  

倉吉市議会 2009-09-01 平成21年第7回定例会(第2号 9月 1日)

次に、炊飯器の給食についてでありますが、農林省は炊飯給食の推進のために各種の補助制度を創設し、米の消費拡大を含め米飯給食の普及に努めていることは御存じのことだと思いますが、地元JAからも炊飯器の導入について提案があったというふうに思っておりますが、これも一向に進展しておりません。

八頭町議会 2009-06-11 平成21年第 8回定例会(第3日目 6月11日)

先ほどありましたようなお話もよくわかるんですが、特に今、ほかの農林省の事業とかそういう部分で、どんどんどんどんそういう部分ができるようになっております。だから、そういうものを活用して、まずいただきたいというふうには考えておるところでありまして、町独自のものを考えるということになれば、今あります合併特例債で積んでおります1億5,000万円ずつですな、この利子はまだ使っておりません。

鳥取市議会 2009-02-01 平成21年 2月定例会(第4号) 本文

この見直しとして選択制減反を農林省が提案しておりましたが、もし導入された場合の本市農業に与える影響をどのようにとらえておられるのかお伺いします。  遊休農地に対する農業委員会の対応を、こう風の代表質問、入江議員への答弁でお聞きしました。現在、農業振興課では農地データベースを作成中とのことですが、これらの農地情報共有化の目的と、これをどのように活用するのかお伺いします。  

倉吉市議会 2008-09-25 平成20年第6回定例会(第6号 9月25日)

それから、次の御質問でございますけれども、先ほども都市交流センターの施設利用のことをおっしゃいましたけれども、これにつきましては、先ほど言いましたように、都市交流センターの利用促進につきまして、具体的に、今、議員の方から、例えばトレーニングルームだとか薬膳のレストラン等、おっしゃいましたけど、これにつきましては、この事業は農林省の山村振興農漁業対策事業で、平成7年4月に設置されて、現在に至っておりまして