1338件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2021-03-15 令和 3年 3月第3回定例会 (第13日 3月15日)

橋梁につきましては、12節の委託料農村整備委託料というところに243万1,000円組ませていただいておりまして、そちらのほうが橋梁の、橋の関係でございます。 ○議長前田 栄治君) 飯田議員。 ○議員(3番 飯田 正征君) それでは、これの委託料が上がってるんですけれども、それぞれの業者さんに頼んで点検委託料というのは払っておられるということですか。 ○議長前田 栄治君) 手嶋課長

米子市議会 2021-03-08 令和 3年 3月定例会(第3号 3月 8日)

そのため、鳥取農業農村担い手育成機構西部改良普及所などの関係機関と連携いたしまして、ケース・バイ・ケース農地確保、技術や経営ノウハウの習得、親元就農支援就農後の営農指導等のフォローアップを行いまして、本市農業を支える地域担い手として鋭意育成していくことを方針としております。

米子市議会 2021-03-05 令和 3年 3月定例会(第2号 3月 5日)

昨年の12月には農村青年会議米子市で開催され、私も招待されたんですけども、残念ながら12月議会中でしたので、参加することができませんでした。この会議とまたその後に開催された会議、これには本市からも参加されたと伺っていますが、どのような意見交換をされ、どのような成果が上がったのかをお伺いします。 ○(岩﨑議長) 中久喜農林水産振興局長

北栄町議会 2021-03-03 令和 3年 3月第3回定例会 (第 1日 3月 3日)

36ページの下のほう、7目の北条改善センター費北条農村環境改善センター経費でございます。こちらにつきましてもほぼ維持管理の内容は同じですが、1つ変更点としては冷暖房について今現在灯油で行っているものを更新作業をしておりまして、来年度から電気によるものになるという変更があります。

北栄町議会 2021-02-08 令和 3年 2月第2回臨時会(第 1日 2月 8日)

健康推進課長(吉岡 正雄君) 計画といたしましては、現在のところ、北条地区北条農村環境改善センター、それから大栄地区健康増進センター、これで不足する場合は、さらに体育館等を手配して、接種をするということの体制の準備はいたしておるものでございます。 ○議長前田 栄治君) そのほかございませんか。  6番、油本朋也議員。 ○議員(6番 油本 朋也君) 恐れ入ります。

倉吉市議会 2020-12-21 令和 2年第9回定例会(第6号12月21日)

議案第106号 租税特別措置法の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について、議案第107号 倉吉手数料条例の一部改正について、議案第108号 倉吉印鑑条例の一部改正について、議案第109号 倉吉農村環境改善センター設置及び管理に関する条例の一部改正について、議案第110号 倉吉コミュニティセンター設置及び管理に関する条例の一部改正について、以上5件の条例案件につきましては、いずれも

境港市議会 2020-12-15 令和 2年12月定例会(第3号12月15日)

新たな農地耕作条件改善事業に向けまして、鳥取県をはじめ鳥取西部農業改良普及所市農業委員会鳥取西部農業協同組合鳥取農業農村担い手育成機構など関係機関と協議し、市内農業者の今後の農地需要について約30件の担い手農業者営農状況後継者の有無、今後の新規就農者の見込みなどから大まかな算出をしたところであります。

琴浦町議会 2020-12-15 令和 2年第10回定例会(第4日12月15日)

農業の新しい政策のいろいろな、働き方改革も含めて、新しい農村政策在り方検討委員会の座長が明治大学の小田切先生ということで、これは田園回帰本格的議論だということで、半農半Xをモデル、1経営体年間所得400万ということで上げておられるんですね。だけ、奥さんと夫婦で来られたら、奥さん農業をいきなりするのではなくて、サラリーマンの農外所得を求めて来られる。

倉吉市議会 2020-12-14 令和 2年第9回定例会(第5号12月14日)

次に、議案第109号 倉吉農村環境改善センター設置及び管理に関する条例の一部改正について質疑を求めます。  質疑の通告がありますので、発言を許します。  3番佐藤博英議員。 ○3番(佐藤博英君) これは、倉吉農村環境改善センター生活研修室使用について、値上げ幅がちょっと大きいので、これまで、例えば営利を目的としない利用は110円、それが165円になると。

琴浦町議会 2020-12-14 令和 2年第10回定例会(第3日12月14日)

それから、成美地区公民館ですが、これは昭和53年、農村環境改善センターとして赤碕町時代が建てたものです、補助事業で。いつから壊れていたのかという話になりますが、先ほど来聞きましたが、それを知っていて放置。多分亀裂が入ったりしてっていうのは随分前からじゃないかなと思います。今になって地区人たち活動停止先ほどから出ています、なぜ安田に行かないといけないのか。  

湯梨浜町議会 2020-12-11 令和 2年第11回定例会(第 1日12月11日)

対象施設湯梨浜町羽衣石交流センターは、町が国庫補助事業を受け平成7年度に羽衣石地区に整備した農村交流施設で、開設当初から地元羽衣石区に管理を委託してきましたが、このたび補助事業処分制限期間を過ぎ設置目的も達成した施設として、今後は地区公民館として使用管理していただくことが適切と判断し、地元羽衣石区に無償で譲渡することとして提案するものでございます。  

米子市議会 2020-12-08 令和 2年12月定例会(第4号12月 8日)

まず、行政職員農業者とじかに意見交換をする場が少ないのではないかという共通の認識がございまして、それで鳥取県の西部農村青年会議というのがございます、これは米子市と境港市の農業者が参画してるものですけれども、これについては月に1回、定例会を開いておりまして、これについて、本市農林課職員が参加しておるところですけれども、12月の15日に冬の集いというのがございます、これについては、ちょっと境港

倉吉市議会 2020-12-07 令和 2年第9回定例会(第1号12月 7日)

次に、議案第109号 倉吉農村環境改善センター設置及び管理に関する条例の一部改正についてであります。  当該施設生活研修室利用する際の利用料金について、維持管理に要する経費との均衡を図るため、その額を引き上げるものです。  次に、議案第110号 倉吉コミュニティセンター設置及び管理に関する条例の一部改正についてであります。  

鳥取市議会 2020-12-01 令和2年 12月定例会(第6号) 本文

◯加嶋辰史議員 農業経営継承が自然に進み、そのまま農村が栄えていくということが、荒地を防ぎ、自然の保全にもつながっていくのではないでしょうか。  質問を重ねますが、国の動向では近年、インバウンド需要を見越して、外国人観光客農泊誘致を推奨していました。しかし、コロナ禍での農泊利用低迷を受け、農泊施設ワーケーション利用を検討しています。