110件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2020-03-11 令和 2年 3月第2回定例会 (第 9日 3月11日)

1つに、行政研修部活動各種大会などの夏の業務を大幅に削減し、業務のない期間を設け、教員が夏休みを取れる条件をつくることや、2に、休日出勤超過勤務に対する代休補償を厳格に行い、年休の取得と併せてまとまった休みが取れるようにすることです。長時間労働を根本的に解決するためには、教職員を増やし、異常な長時間労働の是正が必要であり、制度の導入に反対をしていくべきと考えます。

岩美町議会 2020-03-11 03月11日-03号

夏になれば、研修があったり、部活があったり、こうした夏の業務を大幅に削減するということが基本になると思いますし、休日出勤超過勤務代休の保障も当然必要になると。しかし、これは今の現行の制度の運用でやると。 岐阜市なんかは、よく岐阜がマスコミで出てきますけど、学校閉庁日をきちんととって、それは裏づけがあるわけです。

岩美町議会 2020-03-09 03月09日-02号

また、国家公務員につきましても、人事院規則改正され、原則として1カ月45時間かつ1年につきまして360時間の範囲内で必要最小限超過勤務を命ずると規定されました。本町におきましても同様の規定を定めることをお願いするものです。 改正内容は、説明資料で説明させていただきますので、説明資料の31ページをお願いします。 職員勤務時間、休暇等に関する条例新旧対照表でございます。

琴浦町議会 2020-03-06 令和 2年第 2回定例会(第3日 3月 6日)

そして、ただ、鬱病は、やっぱり超過勤務であるとか校務実態、こういうものをきちっと把握して、また面接も行いながら、心のケアというものを行っていかなければいけませんので、十分にこれは考慮し、そしてまた外部でも教職員とか大人を対象にした心のケア専門家精神対話士による相談会というのが行われております。  琴浦町におきましても3月に3回まなびタウンのほうで行われるというふうなこともあります。

鳥取市議会 2019-12-01 令和元年 12月定例会 目次

……………………………………………… 231 金田靖典議員(~追及~教職員の多忙や過重負担の原因について) …………………………………… 231~232 教育長答弁) ………………………………………………………………………………………………… 232 教育委員会事務局教育長答弁) ………………………………………………………………………… 232 金田靖典議員(~追及~教職員意識改革によって超過勤務

倉吉市議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第6号 3月 5日)

長時間労働削減に向けて、学校関係者及び教職員団体と協議を行っているところですが、これは学校教職員労働時間の把握など、時間外勤務削減に向けた取り組みを行うためにやっておるものですけども、その結果、今年度80時間以上の超過勤務者は、平成30年9月の調査では1人ありました。80時間を超えた超過勤務者が月に1名あったということから、大体2万円、延べ8名程度予算化をしたものであります。  

八頭町議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会(第1日目 3月 5日)

今回の改正は、そのことに伴い、地方公務員法第24条第4項の均衡の原則に基づき、八頭職員超過勤務命令を行うことができる上限を定めるものであります。  議案第14号 八頭職員自己啓発等休業に関する条例の一部改正についてであります。  平成29年5月の学校教育法の一部を改正する法律の改正に伴い、項ずれ等改正を行うものであります。  

湯梨浜町議会 2018-06-11 平成30年第 3回定例会(第 4日 6月11日)

しかし、昨年9月に全県一斉に行った教職員勤務状況調査では、1カ月間の勤務時間外の勤務時間の平均、一応超過勤務時間といいますが、これが小学校で54.1時間、中学校では66.9時間でした。湯梨浜町では、小学校平均は61.1時間、中学校は63.4時間で、小学校県平均よりも超過勤務が多い状況でした。  

鳥取市議会 2018-02-01 平成30年 2月定例会(第6号) 本文

また、教育職員給与等に関する特別措置法超過勤務の4項目にも当てはまらないものです。例えば8時15分から16時45分までが勤務時間とすれば、その時間内の部活動には職務として当たらなければなりません。しかし、16時45分以降の部活動に携わるかどうかは、時間外のため、教員の任意の判断でよいと考えます。すなわち自由意思によるということです。見解をお伺いします。  

境港市議会 2017-12-11 平成29年第6回定例会(第2号12月11日)

教職員超過勤務につきましては、近年問題視されてきており、文部科学省業務適正化の一層の推進に向けた支援をするよう通知をしております。本市では、勤務実態を把握するために勤務動向についての記録をとるよう指導しております。超過勤務が月80時間以上になる教職員のいる学校については、業務改善を図るための指示・助言を行っております。また、部活動休養日を設定するように指示をしております。  

琴浦町議会 2017-12-06 平成29年第 7回定例会(第2日12月 6日)

平成28年度の収入済み額、こちらのほうが1億4,644万円、その前年度が1億4,794万円余りですから、表面上は幾分か減っているようなことで出てくるわけですけどね、そこにはやっぱり徴収職員超過勤務であったりとか、そういったことは出てこないわけです、この中には。そういうことを考えたときに、やはりこれはもう既に破綻している。この制度自体が。

倉吉市議会 2017-08-31 平成29年第5回定例会(第4号 8月31日)

最近、新聞教員超過勤務というか、長時間労働ですね、長時間労働について新聞を2つ見ました。一つには、これは8月27日の日本海新聞で、働き方改革小中校でもということがありましたし、それから、これは中央教育審議会のほうは8月29日ですか、緊急提言を出しておられまして、教員タイムカードをということで出しておられました。

倉吉市議会 2017-06-14 平成29年第4回定例会(第3号 6月14日)

そこでお聞きしたいんですが、倉吉市の教職員勤務実態はどうなってるのか、そういった超過勤務内容、また、その超過勤務というのはどういった形で調査しているのか、また、その解決のための方策はどうなっているのか、お聞きいたします。 ○教育長福井伸一郎君) くらよしアイズ・倉吉自民共同藤井隆弘議員の確かな学びの力をつける教育力ということについての御質問でございました。