2107件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2019-09-25 令和元年 9月第6回定例会 (第21日 9月25日)

議長(飯田 正征君) そうしますと、議長において発言の訂正を許可します。  続けてください。そのほか。いいですか。  前田栄治議員。 ○議員(3番 前田 栄治君) 訂正はあったんですけど、その後言われようとしたところをもう一度お聞きしたいんですけども。 ○議長(飯田 正征君) 答弁を。  井上議員

北栄町議会 2019-09-18 令和元年 9月第6回定例会 (第14日 9月18日)

〔議場開鎖〕       ─────────────・───・───────────── ○議長(飯田 正征君) ここで、もとの日程に戻る前に執行部から議案の訂正について申し入れがありますので、これを許可します。  小澤企画財政課長。 ○企画財政課長(小澤 靖君) 決算書のほうを御準備をお願いしたいと思います。  

北栄町議会 2019-09-13 令和元年 9月第6回定例会 (第 9日 9月13日)

これも歴史文化学習館の件については、当時数人の県のOB、町のOBの中から県が許可するはずないよということがございまして、私は県の企画部に行きました。その後、常任委員と一緒に再確認に行きました。県は許可しておりません。 ○議長(飯田 正征君) 阪本議員、青山剛昌ふるさと館に関する質問は通告外ですので、認めないということを申し上げまして、従ってください。 ○議員(13番 阪本 和俊君) わかりました。

北栄町議会 2019-09-12 令和元年 9月第6回定例会 (第 8日 9月12日)

殺すことができるのは、狩猟法によって狩猟許可、捕獲免許をいただいた方がその場で捕獲、補殺をすることができます。したがいまして、それ以外の方でわなを仕掛けて捕まったものというのは密猟になってしまいますので、そうしたものについては、別の地区、別の山のほうに返していただくという手順となってございます。  

倉吉市議会 2019-09-10 令和元年第4回定例会(第6号 9月10日)

また、喫茶うつぶき、年間10日間あけているので利用者もあるということで、その喫茶という観点からしますと、代替施設についてはちょっと考えてないんですけども、公園内へのキッチンカーとかの乗り入れを許可したり、また春まつりとかでしたら、それに伴う代替のテントなどの御相談があれば協議に応じたいと思いますし、それと福井議員おっしゃっていただいた飛龍閣、今度喫茶うつぶきのほうに管理人が近くに行きますので、例えば

伯耆町議会 2019-09-05 令和元年 9月第 4回定例会(第1日 9月 5日)

伯耆町有線テレビジョン放送の撮影を許可しています。  以上で諸般の報告を終わります。  休憩します。               午前9時02分休憩     ───────────────────────────────               午前9時02分再開 ○議長(幸本 元君) 再開します。     

倉吉市議会 2019-09-05 令和元年第4回定例会(第4号 9月 5日)

その後、関係者、非常に地元の方も国交省なり天神川漁業協同組合なりの許可を得て、重機で河床を掘り、今の現在の耕作には、必要なことは大丈夫だというお話をお聞きしておるところでございますが、そうはいっても、いつ大きな雨が降ったりして、来年の春でも間に合うのかなと思っておりますけども、来年以降の本格的な市の対応というのは今どう考えておられるのか、改めて、とりあえずお聞きをしておきます。

倉吉市議会 2019-09-04 令和元年第4回定例会(第3号 9月 4日)

議長(坂井 徹君) それでは、日程に先立ち、執行部から発言の申し出がありますので、これを許可いたします。  小椋教育長。 ○教育長(小椋博幸君) おはようございます。  1つ、きのうの私のお答えについて修正させていただきたい点がありますので、お願いいたします。  大津議員の御質問の件で、プールの今後の収支バランスの推計のことについてお尋ねがありました。

北栄町議会 2019-06-21 令和元年 6月第4回定例会 (第 2日 6月21日)

そのための判とりなり口座引き落としの許可の判こなりそういう提出なりが必要だと思うんですが、それらのタイムスケジュールを提示していただきたいということなんですけど、難しいですか。 ○議長(飯田 正征君) 別本教育長。 ○教育長(別本 勝美君) 議員おっしゃるとおりこれまで保育料という名目で徴収をしていますので、これを給食費という形になりますと債権者登録等の変更が必要となってまいります。