116件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2019-12-16 令和元年12月第9回定例会 (第 8日12月16日)

そうした中には、自立心とか協同性、道徳性、規範意識の芽生え、社会生活とのかかわり、思考力の芽生え、自然とのかかわり、生命尊重、数量・図形・文字等への関心・感覚、言葉による伝え合い、豊かな感性と表現というこの10のことが示されておるんですけども、やはりある程度の人数の中で友達の様子を見たりとか一緒に友達と会話をしたりとか、友達が描いている絵を見て自分の絵はどうなのかというような、そういうところが小さい

湯梨浜町議会 2018-12-18 平成30年第 8回定例会(第 9日12月18日)

多くの人命を預かり、人一倍技量と責任感や規範意識が求められるべき航空会社の運航乗務員について、ゆゆしき報道が出された。日本航空の副操縦士の呼気から英国の運輸関連法令基準値を超えるアルコールが検出されていた。当該操縦士に関しては、自社の検査を不正にすり抜けたと報道されている。飲酒不祥事は全日空グループ等でも発覚した。

倉吉市議会 2018-09-05 平成30年第5回定例会(第2号 9月 5日)

私は、この間、小椋教育長は御存じないかもわかりませんが、小規模校や目標とする中規模校、再編をして、統合をして、小規模校と中規模校の児童生徒の学力や体力や規範意識社会性にそんなに劣るところがありますか。あるとしたら、すぐにでも再編をしなければならない。あるんでしょうかということを福井教育長と議論してきました。きょう午前中にもありました。生徒の学力学習状況調査を見ても、そこは明らかであります。

鳥取市議会 2018-02-01 平成30年 2月定例会(第6号) 本文

生徒にとっては、技術や体力を向上させ、規範意識社会性、自主性を高めることで豊かな人間性を育むことができるとともに、部活動以外の学校生活にも意欲的に取り組むなど、よい影響が見られます。教員にとっては、その舞台に立つことを夢見て必死に練習を重ねてきた生徒と一緒に運動や文化的活動に携われることは大きな魅力です。

鳥取市議会 2017-09-01 平成29年 9月定例会(第4号) 本文

ちょっと紹介しますけれども、道徳性・規範意識の芽生え、そこでは、すごいですよ、決まりを守る必要性がわかり、自分の気持ちを調整し、友達と折り合いをつけながら、決まりをつくったり、守ったりするようになる。自分の気持ちを調整し、友達と折り合いをつけながらということまで書かんといかんのでしょうかという、そんなふうに思うんです。そこまで書かなくてもいいでしょうと。

鳥取市議会 2017-09-01 平成29年 9月定例会(第5号) 本文

10の姿とは、健康な心と体、自立心、協同性、道徳性・規範意識の芽生えなどなどありますが、小学校入学前の幼児期の保育教育は、到達目標、ゴールを定めるようなことはしない、特に、保育の時期には人から愛され認められるといった、人としての土台づくりを大切にするという方向に間違いがないのか確認させていただき、登壇での質問とします。

倉吉市議会 2017-08-29 平成29年第5回定例会(第2号 8月29日)

事実この間、教育長とこの議場で議論する中で、子どもにとって学力、体力、規範意識社会性、小学校6年間の間どうしても中規模あるいは大規模校に属さなければそれらのものが小規模校の子どもは劣っているかデータを示してほしい。データありませんでしょう。ないんですよ。学力テストでもそうだと思います。確かに1年でだがへごありますよ、その年によって。

倉吉市議会 2017-06-13 平成29年第4回定例会(第2号 6月13日)

じゃあ、そこの子どもたちの学びの状況、あるいは規範意識、友達との関係、運動・スポーツ、劣っていますかということです。もっと言えば、いじめ、不登校の問題であるとか、教師1人がその限られた学校の中で子どもに接する時間。そういうことが子どもの教育環境じゃないでしょうか。そこはもちろんデメリットもあります。

鳥取市議会 2017-06-01 平成29年 6月定例会(第3号) 本文

規範意識の低下や言葉遣い、礼儀作法について気になっておりました。学校での道徳教育が緩いのではないかと常々感じていたところです。現在、このPTA活動からの流れで、子供非行から守る桜ヶ丘グリーンゾーンのお世話をさせていただいております。ここでは学校、PTA、保護者地域の方々で、地域子供たちは地域で見守る活動を行っています。

米子市議会 2017-03-07 平成29年 3月定例会(第4号 3月 7日)

その中で、学校が行った意識調査において、子どもたちの規範意識や自尊感情の高まりが見られたり、小中学校児童生徒や教職員の交流が活発化したりするなどの成果が上がっていると認識しております。  その一方で、取り組みが一部の学年に偏ったり、保護者地域の皆様への発信が不十分だったりする課題もあると認識しております。

倉吉市議会 2016-09-06 平成28年第5回定例会(第2号 9月 6日)

率直に、その結果について、教育長の感想を、所信を伺いたいと思いますし、前段言いました、同じことの繰り返しですが、小規模校と中規模校の、その優劣について、何かその後、新たに中規模校のほうが優秀である、学力、体力、社会性、規範意識等で優秀であるというようなデータがあるとしたら、披瀝をいただきたいと思います。 ○教育長(福井伸一郎君) 新政会、由田隆議員学校の再編についての御質問でございました。  

米子市議会 2016-06-15 平成28年 6月定例会(第3号 6月15日)

その中で中学校生徒会を中心としたあいさつ運動や、中学校の部活動の選手が小学生の陸上や水泳指導を行うといったような取り組み、あるいは小学校学習発表会で中学生の合唱を披露するなど、今までなかった取り組みが工夫して行われておりまして、児童生徒の規範意識の向上や自尊感情の高まりなどの効果が報告されております。  

倉吉市議会 2016-06-14 平成28年第4回定例会(第2号 6月14日)

数字であらわれない部分、例えば忍耐力だとか規範意識を数字で示せとか、そんなこと言いません。小規模校と大規模校ではこういうことになっている。その中で、市民に知っていただく。文字として見ていただくということが大事だろうと思います。その中で数字も入ってくることになるでしょう。学力だとか体力だとか、そういう部分については数字であらわれますから。

境港市議会 2016-06-13 平成28年第3回定例会(第2号 6月13日)

この手引には、学校規模の適正化に関する基本的な考え方として、児童・生徒が集団の中で多様な考えに触れ、認め合い、協力し合い、切磋琢磨することを通じて思考力や表現力、判断力、問題解決能力などを育み、社会性や規範意識を身につけさせることが重要であると述べられており、そのために一定の学校規模を確保することが重要であると示されております。  

米子市議会 2016-03-09 平成28年 3月定例会(第6号 3月 9日)

学校教育環境については、教育に対する課題やニーズが多様化していることを背景に、依然としていじめや不登校などの問題、規範意識の低下やメディアリテラシーの問題などが指摘されております。これらの問題に対しては、スクールカウンセラーソーシャルワーカーなどの専門職員の配置が効果的であり、このような社会の変化に対応するためにもその取り組みをより一層強化すべきであると考えますが、所見を伺います。

米子市議会 2016-03-03 平成28年 3月定例会(第3号 3月 3日)

○(北尾教育長) 小学校施設の統廃合についての御質問でございますが、学校におきましては、単に教科等の知識技能を習得させるだけではなく、児童生徒が集団の中で多様な考えに触れ、思考力や表現力などを育み、社会性や規範意識を身につけさせることも大切であることから、一定の規模を確保することが重要となります。

倉吉市議会 2016-03-01 平成28年第3回定例会(第2号 3月 1日)

裏を返せば、北谷、高城、上小鴨、灘手、明倫、成徳の小規模の学校で学ぶ子どもたちが、教育長がずっと言われてきた学校再編で中規模以上の学校を目指す、いわゆる河北、小鴨、上灘、西郷、社、そのような学校児童と、今言う小規模校の児童切磋琢磨社会性、学力、体力、規範意識、それらについて問題があるとしたら、検証できるデータがあるとしたら示してほしい。

鳥取市議会 2015-02-01 平成27年 2月定例会(第2号) 本文

鳥取市のいじめ防止基本方針では、家庭における取り組みとして、規範意識を養うための教育その他必要な養育を行うように努めるものとあるということで、具体性にも何にも欠けるわけでして、学校のほうで保護者の皆さんに、ああしてください、こうしてくださいということは言いにくいかもしれないけれども、やはり子供の養育責任の第一義は保護者であるというふうに思っております。