914件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2019-06-25 令和元年 6月第4回定例会 (第 3日 6月25日)

だから会社の社長で融資を受けてもね、町長が兼務ですからね、町が責任持たなければいけないんですよ。だから曖昧な経営ではだめだということ。違いますか、町長。 ○議長(飯田 正征君) 松本町長。 ○町長(松本 昭夫君) 夕張市は、観光事業をやって、ちょうどバブルがはじけてだんだんだんだん減ってきて、それがずっと重荷になってきたというようなことで、破綻に至ったわけであります。

倉吉市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第5号 6月24日)

あわせて、中小企業への助成や融資、仕事おこしや単価改善につながる施策を拡充することが重要であります。地域経済を支える主役である中小企業、小規模事業者の最低賃金引き上げを可能とする支援策を、実態に応じて継続に行うことが今求められております。最低賃金を今すぐ1,000円に引き上げると同時に、全国一律最賃制度を求めるものであります。  次に、請願第3号でございます。

倉吉市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第2号 6月18日)

例えば倉吉市中小企業小口融資審査委員会、これはゼロ%、これも充て職でありますけれども、役職の方が全て男性だと。やはりどうしても委員を出していただく組織というのがほぼ特定されてしまう審議会委員会ということになると、そこから委員を出していただくと、どうしても限られてしまうというのが主な理由になってるのではないかなと思っております。  

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会 目次

……………………… 238~239 椋田昇一議員(~追及~インクルーシブのさらなる推進について) …………………………………… 239 教育長(答弁) ………………………………………………………………………………………………… 239 椋田昇一議員(要望) ………………………………………………………………………………………… 239 雲坂 衛議員(~質問地域経済循環構造による政策実施〔金融機関融資

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会(第6号) 本文

従来から本市におきましては、ふるさと融資企業立地促進補助金などによりまして民間投資を支援することで、金融機関からの融資促進にもつなげてきているところでございます。また、本市では毎年80億円前後の制度融資資金を無利子で預託しております。これにより、金融機関中小企業向けに貸し出しを行う際の原資となり、市中金利より低利の資金が可能となっております。

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会(第5号) 本文

故郷へ帰り事業を継承したくても、今まで融資を受けていることができ、事業の展開ができているから、そんな後継ぎの人にはそういう支援は要らないと言われてきました。本当にそうなんでしょうか。しかし、現在、事業を継承したくてもできない状況に陥っています。何の保証もありません。新規事業、また新規移住者に対しては大変な手厚い支援が見らます。

八頭町議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第3日目 3月 7日)

鳥取県とされても、そのかなりの融資をされるということで、融資って、助成出されます。それからまあ、どちらの銀行になるかはわかりません。どちらって、どの銀行かわかりませんけど、多分、融資はされるだろうというふうに思います。  そういった中で、その意気込みでというお話ですけど、私は決してそういうことではないと思います。

北栄町議会 2019-03-06 平成31年 3月第2回定例会 (第 2日 3月 6日)

マル経融資利子補助金15万円の減額につきましては、当初の見込みより平成30年度、新規で借り入れをされる方が少なかったことによる不用額でございます。また、企業立地等促進奨励金の95万2,000円と雇用促進奨励金で150万円の減額は、当初、5名の町民の常用雇用を見込んでおりましたが、有効求人倍率が2倍に迫るような雇用情勢や採用時期などを受けて求職と求人が結びつかず、不用額となったものでございます。

北栄町議会 2019-03-05 平成31年 3月第2回定例会 (第 1日 3月 5日)

貸付額は、事業費の総額から補助金を控除した額の35%の額を上限にしたもので、無利子融資します。歳入で説明しましたとおり、町はこの資金調達のために地域総合整備資金貸付事業債を発行します。この地方債に係る利子は町が負担をしますが、この利子の75%は地方交付税で措置されます。企業からの償還につきましては、平成35年3月から平成46年3月までの期間で償還予定でございます。

八頭町議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会(第1日目 3月 5日)

商工会による経営指導中小企業小口融資により、経営改善や経営拡大を図る事業者を支援してまいります。また、町内事業者の後継者不足が深刻化しており、現状を放置しますと廃業が急増し、多数の雇用経済価値を失うことから、鳥取県事業引継ぎ支援センター等と連携して、円滑な事業承継に取り組みます。

北栄町議会 2018-12-07 平成30年12月第8回定例会 (第 1日12月 7日)

産地パワーアップ事業を活用いたしまして、鳥取型低コストハウスを導入いたしました農家で自己負担分について農業近代化資金の融資で対応するため、5カ年の経営改善計画を提出して認定を受けようとする農家の申請があったため、急遽認定審査会を開催するに当たり審査員報酬が必要となりましたので計上したものであります。  次に、13目で15節に605万4,000円を計上いたしました。

倉吉市議会 2018-12-05 平成30年第6回定例会(第3号12月 5日)

例えばかかる費用の何割か、あるいは融資を受ける際にその金利の補助、いろんなことができると思うんです。ぜひ、制度設計に動き出してほしいなと思いますが、感想を求めておきたいと思います。  それと、あと残りの時間を河川整備とその維持管理ということで質問をいたします。きょうは市長と副市長、それから建設部長写真を届けております。写真1を見てください。

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会(第3号) 本文

具体的には、有利な財源の活用に努めながら一定量を確保する公共投資、また、布袋工業団地の拡張整備や三洋電機跡地の取得などとあわせて行った積極的な企業誘致による雇用の創出、さまざまな資金需要に対応できるようきめ細やかに行った制度融資のメニューの細分化、エネルギー分野を初めとする成長産業育成支援などを行ってきておるところでございます。  

境港市議会 2018-09-25 平成30年第4回定例会(第5号 9月25日)

次に、議案第59号、平成30年度境港市下水道事業費特別会計補正予算(第1号)は、水洗便所等改造資金融資損失補償金を増額するもので、歳入歳出ともに42万2,000円を増額し、予算総額を26億7,824万3,000円とするものでありました。  委員からは、水洗化普及促進事業についての質疑があり、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  

倉吉市議会 2018-09-10 平成30年第5回定例会(第5号 9月10日)

まず、公共下水道への接続についてのPR、広報ということでございますが、毎年、市報の6月号、9月号やホームページによりまして毎年度の下水道使用ができる拡大地域の状況、普及率、水洗化率等を伝えておりますし、また、下水道の整備の必要性を広く知っていただくとともに、トイレの水洗化に必要な資金の融資制度もございますので、そのPR、活用していただくことの働きかけも行っております。

北栄町議会 2018-09-06 平成30年 9月第6回定例会 (第 1日 9月 6日)

次の②小口融資等貸付事業の30万1,000円を支出したところでございます。新たな貸し付けはありませんでしたが、これまでの貸し付けの返済分について預託金という形で支出しております。運営に係る経費の貸し付けが円滑に行われ、地域経済の活性化が図られたところでございます。次の③マル経融資利子補助事業といたしまして50万4,000円を支出いたしました。

八頭町議会 2018-09-06 平成30年第 7回定例会(第3日目 9月 6日)

この協議結果から八頭町としましては、八頭町が全面的に経費負担をする河北省、企業進出、融資を要望される大安市との交流を継続することは困難であるとの判断をし、現在は韓国横城郡と子ども交流、文化交流などを実施しているところであります。  最初の答弁といたします。 ○議 長(谷本正敏君) 小原議員。 ○9 番(小原徹也君) 済みませんね。ちょっと言い方が悪いかもしれませんけど、申しわけありません。

境港市議会 2018-09-05 平成30年第4回定例会(第1号 9月 5日)

商工費におきましては、平成30年7月豪雨で被害を受けた市内中小企業者等が利用する災害融資の償還利子に対する補助金23万円余、水木しげるロードに冬季のイルミネーションを整備するための経費305万円余などをそれぞれ増額。  土木費におきましては、危険性が認められたブロック塀の撤去等に対する補助金600万円、民間建築物のアスベスト除去に対する補助金943万円余をそれぞれ増額。