9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

倉吉市議会 2019-09-04 令和元年第4回定例会(第3号 9月 4日)

大阪北部茨木等で議会と大学との連携事業なども取り組まれているようでございまして、ぜひ視察をということで計画しかけましたけども、間に合いませんでした。いろいろこれからまた大学との連携については研究しながら、ぜひまた反映できるような形で質問ができたらなと思っております。  そこで、市長、もう一度答弁お願いします。

八頭町議会 2018-12-13 平成30年第 9回定例会(第4日目12月13日)

それから、大阪茨木は、立命館大学と提携して、新しいキャンパスの開設と同時に東京オリンピック事前キャンプ地誘致を目指しております、大学との連携です。  それから、岐阜の各務原市は、各務野高校女子ホッケー部が非常に強いところです。丹生高校と一緒のライバルの高校です。ここは、川崎重工、企業チームがあります。企業連携をして、ホッケーの推進を図っているようです。

鳥取市議会 2015-09-01 平成27年 9月定例会(第5号) 本文

それで、例えば大阪茨木では公契約制度調査検討プロジェクトチームというのを立ち上げて、当然事業者労働者のアンケートもやられて、調査・研究・検討がされました。その結果、結局、条例制定緊急性は認められないと結論づけられたんです。だけど、やっぱり公契約の適正な発注方法等をちゃんと定めないといけないということで、指針を昨年12月につくられて、引き続き検討していくということはされました。

琴浦町議会 2011-03-09 平成23年第2回定例会(第1日 3月 9日)

議案第9号、琴浦職員等の旅費に関する条例等の一部改正についてでございますが、先ほど町長が申し上げましたように、現在、琴浦町では非常勤職員臨時的任用職員を雇用していますが、その給料や勤務時間、休暇その他に関する具体的な規定がない状態であったため、平成22年度には内規を定めて行っているところでございますが、昨年、大阪茨木条例の定めなく臨時職員にボーナスを支給したことの違法性が争われ、住民訴訟

倉吉市議会 2008-03-05 平成20年第3回定例会(第2号 3月 5日)

さて、今、本当に日本国内すべての、かつては地方の都市企業誘致に熱心ということが言われていたわけでありますが、今、大都市周辺大阪周辺などでも、結構茨木だとか、ああいうあたりの30万、40万の都市でも本当に有利な条件のところが誘致活動が功を奏せば、工場を本当に失ってしまうというような状況というものが生まれてきております。

米子市議会 2005-07-07 平成17年 6月定例会(第6号 7月 7日)

まだ実施の自治体は少ないようですけれども、摂津市、茨木ではシルバー人材センターの派遣で1校に3人でグループをつくっての受付員制度実施、また特に茨木では休業中の学童保育にも配置されています。また子どもを見守っていますというサインを発信するために、市の自動車、公用の自転車・バイクにもパトロール中と書いたプレートを取りつけ、すべての公立保育所には施錠とインターホンがこの4月から設置されました。

米子市議会 1997-06-19 平成 9年第404回定例会(第4号 6月19日)

たちも、市議会の会派としても、直接溶融炉の以前から取り入れております茨木視察に参りました。全国から希望者が殺到しておりまして、私たちも2カ月前から申し込んでようやく見学ができました。後でお聞きしますと、当局は申し込んだけど断わられたということのようであります。それほど注目されております直接溶融炉がそんなに悪いもんでしょうか、私は疑問を持っております。市民も恐らく疑問を持っておると思います。

  • 1