7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

北栄町議会 2019-03-06 平成31年 3月第2回定例会 (第 2日 3月 6日)

減額の主なものは、感染症等予防事業の減255万円、母子衛生事業の減205万1,000円、合併処理浄化槽整備事業の減134万円、省エネ住宅リフォーム補助金事業の減400万円、自治太陽光発電設備設置費補助金事業の減200万円、鳥取中部ふるさと広域連合負担金事業の減640万円などでございます。  5款農林水産業費でございます。総額で3,860万7,000円を減額いたしました。

北栄町議会 2018-03-06 平成30年 3月第2回定例会 (第 2日 3月 6日)

減額の主なものは、感染症等予防事業の減660万円、母子衛生事業の減194万5,000円、後期高齢者医療対策事業の減652万円、創エネ設備等設置費補助金事業の減218万4,000円、自治太陽光発電設備設置費補助金事業の減200万円などでございます。  5款農林水産業でございます。総額で9,164万1,000円を減額いたしました。

北栄町議会 2017-12-14 平成29年12月第11回定例会 (第 8日12月14日)

次に、自治太陽光発電設備補助についての御質問でございます。  自治太陽光発電設備補助事業は、風力発電による収支が計画当時は均衡を保つ程度であったものが、国による固定価格買い取り制度、いわゆるFIT制度によりまして、収支改善の見通しが立ったことから、売電収益を活用した地域活性化を目的に実施した事業でございます。  

北栄町議会 2017-03-06 平成29年 3月第3回定例会 (第 5日 3月 6日)

減額の主なものは、感染症等予防事業の減293万7,000円、母子衛生事業の減255万6,000円、後期高齢者医療対策事業の減362万2,000円、自治太陽光発電設備設置費補助金事業の減200万円などでございます。  5款農林水産業費でございます。総額で1億792万8,000円を減額いたしました。

北栄町議会 2017-03-02 平成29年 3月第3回定例会 (第 1日 3月 2日)

環境保全費では、引き続き、風のまちづくり事業として自治太陽光発電設備設置費補助金200万円を計上しております。また、住宅用太陽光発電システムのほか、太陽熱利用機器など再エネ省エネ設備設置補助に要する経費540万円を計上しております。じんかい処理費に1億896万7,000円を計上いたしました。

北栄町議会 2015-03-17 平成27年 3月第3回定例会 (第 9日 3月17日)

また、自治太陽光発電事業売電収入に係る法人税が免税にならないことになったようですが、当初、町長の説明では、税務上の問題はなく売電収入全額自治会活動費として使えますとの説明はどうなったのでありましょうか。そして、太陽光発電売電収入に係る法人税まで町が支援する必要があるのでしょうか。

北栄町議会 2013-12-10 平成25年12月第8回定例会 (第 1日12月10日)

自治太陽光発電設備設置事業に充当するためでございます。  最後に、15ページでございます。給与費明細書で、人件費等の補正に伴う比較表でございます。ごらんをいただきたいと思います。  以下につきましては、それぞれの担当課長が御説明申し上げます。以上でございます。 ○議長(井上信一郎君) 谷口政策企画課長

  • 1