194件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第3号) 本文

また、耐震基準を満たさない施設本体を今後どうするのかといったことや、コールドチェーンによる温度管理など品質確保のために必要な施設の機能を向上させるための根本的な施設改修が課題であると考えております。こういった課題の解決に向けた市場関係者の皆様の合意形成が進んでおりまして、今後も、生産者にも消費者にも信頼される流通の拠点として運営してまいりたいと考えております。  

鳥取市議会 2019-12-01 令和元年 12月定例会(第2号) 本文

また、既存の公共施設鳥取市福祉文化会館、鳥取市文化センター鳥取市民会館)の統合、鳥取市福祉文化会館と鳥取市文化センター耐震基準を満たしていないことに加え、数年前に耐震補強された鳥取市民会館を含め、稼働率の低さが問題と考えられます。また、建設時と現在では施設に求める住民のニーズも変わっています。

湯梨浜町議会 2019-06-14 令和元年第 5回定例会(第 8日 6月14日)

湯梨浜学園教室棟につきましては昭和54年9月が建築年度でございまして、現行の新耐震基準以前の建物だということでございます。  このたびの耐震診断に当たりましては、校長室前の廊下の窓の外側に耐震補強用のブレースを設置したりですとか、美術技術室の教室窓の外側に同じくその耐震補強用のブレースを設置。

境港市議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第3号 6月14日)

重ねて質問しますが、現在の建築基準法耐震基準震度7の地震が起きることが前提になっています。地震が起きれば倒壊による損害賠償を伴う危険性があることを認識することと、ブロック塀はむき出しになっていて、約20年で鉄筋のさびが出て、耐久年数は約30年で適切なメンテナンスが必要となります。

倉吉市議会 2018-12-10 平成30年第6回定例会(第5号12月10日)

あれも大丈夫かな、あそこの歩道を結構生徒も通りますし、一般市民も通るわけで、危険ではないといいながら、ああいうものが目の前にあると非常に不安に思うわけでありますが、一旦そうしたものを撤去して、きちっと耐震基準に合ったもので設置をするということですから、これは早く、また子どもの安全の上からも、しっかり対応していただきたいと思います。終わります。 ○議長(坂井 徹君) 大津議員

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会(第4号) 本文

鳥取市建築物耐震診断計画の方針に基づきまして、平成21年度及び平成23年度に診断が必要な9施設につきまして耐震診断を実施し、その結果、8施設耐震基準を満たしていないことが明らかとなったところでございます。現在までに改築等によりまして6施設耐震整備が終わっておりますが、残りの倉田保育園と豊実保育園の2施設につきましてはまだ整備を行っていないという状況でございます。  

湯梨浜町議会 2018-09-18 平成30年第 5回定例会(第 6日 9月18日)

建物の安全基準を定めるものとしましては建築基準法があり、阪神・淡路大震災など大災害のたびに改正されてきていますが、現在の基準昭和53年の宮城県沖地震を受けて昭和56年に改正されたもので、新耐震基準と呼ばれております。この新耐震基準を一言で言えば、大地震が起きても人命にかかわる甚大な被害が出ないことと言えるようです。  

琴浦町議会 2018-09-06 平成30年第 6回定例会(第2日 9月 6日)

議員(12番 青亀 壽宏君) 耐震基準は満たしているんでしょうか。 ○議長(小椋 正和君) 小松町長。 ○町長(小松 弘明君) ちょっと私の詳細がわかりません。総務課長に答えさせます。 ○議長(小椋 正和君) 山田総務課長。 ○総務課長(山田 明君) 1度検査いたしました結果、問題があるということで、報告のほうも以前議会にさせていただいたところです。 ○議長(小椋 正和君) 青亀壽宏君。

倉吉市議会 2018-02-26 平成30年第2回定例会(第5号 2月26日)

今回につきましても、先ほど言われました民間と比べて高いと言われる要因についてちょっと確認しましたところ、1室当たりの面積、間口が大きいということがありまして、その分耐震基準がより厳しくなるということと、それから空調についても業務用をつけざるを得ないということがあるようです。

境港市議会 2017-12-13 平成29年第6回定例会(第4号12月13日)

今回の調査結果を受け、バスケットボールのゴールの更新を行うとともに、照明器具につきましては、耐震性を確保するとともに、施設のランニングコスト削減を目指し、耐震基準を満たしたLED照明器具へ更新したいと考えております。  次に、第2市民体育館の床の劣化や、ハンドボールゴールの設置方法について対応はどのように考えるかとのお尋ねでございます。  

鳥取市議会 2017-12-01 平成29年 12月定例会(第2号) 本文

◯橋尾泰博議員 それでは、同じような視点で申しますが、第2庁舎は公共施設としての耐震基準を満たしていないため、公共施設としての使用は考えていないとのことでございますが、民間への使用は可能であると考えますが、鳥取市はそのような活用方法も今後検討していかれるのか、この点も再度確認いたしてみたいと思います。

伯耆町議会 2017-09-08 平成29年 9月第 5回定例会(第2日 9月 8日)

これに国土交通省、それから総務省の行いました統計調査等をもとに旧耐震基準耐震性をそれでもまだ持っている住宅の率を掛け合わせますと、現在本町では1,144軒が耐震性が不足しているということになります。  ちなみに、29年1月1日現在での耐震化率は、推計ですけども75.4%ということになります。  それから、平成27年度末までに耐震化すべき住宅戸数と進捗状況と……。

北栄町議会 2017-09-08 平成29年 9月第7回定例会 (第 9日 9月 8日)

それと、耐震改修ですけれども、北栄町耐震改修計画によりますと、旧耐震基準耐震性があるというのと不十分とを合わせますと、まだ2,106戸がこの新しい基準から見れば耐震性が低いということになっているようであります。現状の住宅耐震化率は74.3%で、2020年度の目標が89%、これは県の目標と同じのようでありますけれども、なっているということであります。

鳥取市議会 2017-09-01 平成29年 9月定例会(第5号) 本文

したがいまして、開設に当たっては、洪水浸水想定区域外であるか、また耐震基準を満たしている施設であるかなど、各災害に対する適用性を地域の皆さんに事前に確認していただいておくということが大切であります。本市といたしましては、生命を守ることを第一に行動していただいた上で、集会所などに避難しておられます方々への支援も可能な限り行っていかなければならないと考えております。  

境港市議会 2017-06-19 平成29年第3回定例会(第2号 6月19日)

避難施設につきましては、平成28年3月に鳥取県津波避難ビル指定ガイドラインに基づき、現在の耐震基準に合わない建物は指定を解除したところであります。現在指定しております施設に関しましては、ふだんから多くの方が利用される建物でありますので、所有者が適正に管理をされておると、このように認識をしております。  公民館の状況につきましては、教育長から答弁をさせていただきます。以上であります。

倉吉市議会 2017-04-27 平成29年第3回臨時会(第1号 4月27日)

ただ、昭和56年の耐震基準においての審査を受けられて、現在の建物があるということでありますので、耐震性においては問題はないとは考えておりますけれども、このたび、本庁舎、東庁舎等も診断を行いましたけども、この震災におけるダメージというものは当然ゼロではないと考えておりますので、そのダメージについては調査する必要があるなと考えているところでございます。