6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

米子市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第2号 6月17日)

○(永瀬防災安全監) 災害時の、市民皆様への情報伝達方法についてございますが、主な方法といたしましては、防災行政無線あるいはその防災行政無線の内容をフリーダイヤルで聞き直すことのできるサービスあるいは広報車による広報中海テレビテロップ放送、また、インターネットを活用したものといたしましては、携帯電話回線を利用いたしました緊急速報エリアメールあるいはトリピーメール、SNS、米子市ホームページ

境港市議会 2017-12-06 平成29年第6回定例会(第1号12月 6日)

また、11月19日の住民避難訓練では、市内全域緊急速報エリアメール訓練配信を行った上で、外江、境、余子の3地区から約100人の市民の方々に御参加いただき、安定ヨウ素剤服用訓練や、イオンモール日吉津を避難退域時検査会場とした被曝検査などを体験していただきました。あわせて、済生会境港総合病院では、自衛隊と連携した入院患者搬送訓練を実施したところであります。

境港市議会 2016-12-01 平成28年第6回定例会(第1号12月 1日)

避難訓練では、今回初めて緊急速報エリアメール市内全域にテスト配信し、携帯電話等をお持ちの多くの市民皆様災害時の情報伝達手段の一つとして、受信体験をしていただきました。訓練に参加された皆様には、災害時に実際使用する江府町の避難退域時検査会場被曝検査をした後、原子力防災講習を受講していただきました。  今後も、訓練での課題を検証し、避難計画実効性を高めてまいりたいと考えております。  

米子市議会 2015-09-03 平成27年 9月定例会(第2号 9月 3日)

また、市民への伝達方法等につきましては、防災行政無線あんしんトリピーメール中海テレビテロップ放送ダラズFMなどの報道機関や、消防団による広報、市の広報車による対象区域での広報緊急速報エリアメール等、あらゆる方法を用いて伝達することとしております。 ○(渡辺議長) 田村議員。 ○(田村議員) わかりました。

倉吉市議会 2011-09-06 平成23年第4回定例会(第2号 9月 6日)

次に、質問ですが、倉吉市の防災メールの現状、そして緊急速報エリアメールについてお尋ねしたいと思います。  このエリアメールというのは、3月の大震災の後、ドコモが取り入れて、気象庁が配信する緊急地震速報や国、あるいは地方公共団体が配信する災害避難情報回線混雑の影響を受けずに受信できて、登録は無料使用料無料ということでありました。

  • 1