8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

北栄町議会 2017-10-23 平成29年10月第9回臨時会 (第 1日10月23日)

そのときに技術のほうで技術点ということでとっていくわけでございますけど、その中で経営審査のところで例えばその点数が1,000点以上という基準をこちらで持っております。そこが1,000点以上がいいか悪いかはちょっと別にしまして、例えばその基準で1,000点以上のところを大体それがクリアできたのが4社だったということでございます。  こちらにつきましては、通常の指名競争入札でございます。

湯梨浜町議会 2004-12-16 平成16年第 2回定例会(第 3日12月16日)

詳細については、実施計画がまだ未定でありますと、事業者についても未定で、大きな範囲にわたる工事なので、国交省経営審査基準に基づいて業者選定をするというぐあいに回答は得ております。それで、この点について非常に危惧するのは、最近どこの自治体でも、ITゼネコンによる不当な請求をいかにチェックするかということが喫緊の課題となってきてるわけですね。

倉吉市議会 2004-03-11 平成16年第2回定例会(第5号 3月11日)

しかし、またこれを最近の国土交通省のいわゆる企業経営審査を行う場合は、身軽にしなさいということの方が評価基準が高くて、たくさん例えば社屋だとか家屋を抱えている、重機を持ってる、そういうところの方が評価が下がるような今仕組みになっておりますね。これはもう大変なことだと思います。そこで、企業に対しては統合、いわゆる合併というものを勧めているわけであります。

鳥取市議会 2002-06-01 平成14年 6月定例会(第3号) 本文

それによって、会社経営審査が行われるわけです。当然、この受注をした金額を、工事を、今年度の事業実績に上げるというような形で取り組んでおる業者もあるわけです。それが、実績が上がるか上がらないか、このことによって会社生命線を絶つことができてくるんです。市長はこの辺まで実態を把握されておるのかどうなのか。ただ単に中止をして、それに伴う損害金を払えばいいというふうな安易な問題じゃないんです。

  • 1