27件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

岩美町議会 2015-12-15 12月15日-01号

定期接種対象者というのは、各年度内に65歳から100歳までの5歳刻み節目年齢に該当する方となっています。そして、この定期接種は30年度までの実施となっており、その間に1人1回定期接種機会が設けられています。貴重な5年に一回の機会町民が逃してしまうということにならないように、町民への周知が必要ではないかと思いますが、その辺のお考えをお聞かせください。 ○議長船木祥一君) 町長。

湯梨浜町議会 2015-03-09 平成27年第 3回定例会(第 1日 3月 9日)

新たなステージに入ったがん検診総合支援事業ということで、女性がん節目年齢対象にして無料クーポンを配付する事業でございます。子宮頸がんにつきましては31歳と41歳、乳がんについては41歳と51歳の方を対象事業実施するようにしております。  次に、23ページをお願いします。ノルディックウオーキング教室事業でございます。

鳥取市議会 2015-02-01 平成27年 2月定例会(第6号) 本文

また、未受診者への個別受診勧奨、休日検診の拡充などの取り組みに加え、今年度新たに、41歳から61歳までの5歳ごと節目年齢の方を対象として、全てのがん検診無料となるがん検診無料クーポン券を配布するとともに、国保特定健診についても自己負担無料にして、一人でも多くの方に受診していただけるように努めているところでございます。  

鳥取市議会 2014-02-01 平成26年 2月定例会(第2号) 本文

あわせて、現在、大腸がん検診子宮がん検診乳がん検診実施しております5歳ごと節目年齢無料クーポン事業、あるいは胃がん検診肺がん検診にもこれを拡大するといったことで、死因の大きな部分を占めておりますがんについての早期発見早期治療、これは医療費適正化においても非常に大きな効果があると考えておりまして、市民の健康を守る取り組みに市を挙げて推進する必要があると思います。  

鳥取市議会 2014-02-01 平成26年 2月定例会(第1号) 本文

さらに、41歳から61歳までの節目年齢の方に対する胃がん肺がん検診無料化や、未就学乳幼児に対するインフルエンザワクチン接種費の助成、学校給食食物アレルギー対策として卵除去食を提供するための経費、空き家対策推進するための補助金の創設などを盛り込んでいます。  また、新市域において、安全・安心して暮らせる地域生活の拠点の整備を図るための都市再生整備事業推進などを実施することとしています。  

米子市議会 2013-06-18 平成25年 6月定例会(第5号 6月18日)

次に、大腸がん検診についてでございますが、大腸がん検診重要性は、国においても強く認識して、働く世代大腸がん検診特別推進事業平成23年度から実施しており、本市におきましても、40歳から60歳までの5歳刻み節目年齢の方に無料クーポン券検診手帳を送付いたしております。大腸がん検診の手順につきましては、担当部長に答弁させます。  

米子市議会 2013-03-05 平成25年 3月定例会(第2号 3月 5日)

この事業は、子宮頸がんり患率が特に高い30歳、35歳、40歳の節目年齢クーポン券を配付し、従来の細胞検査HPVウイルス感染検査するものですが、無料クーポン券を有効活用するために受診体制充実受診率向上をどのように推進するのか、また最近の子宮頸がん乳がん大腸がん受診の実績もお伺いいたします。 ○(松井議長) 山下福祉保健部長

米子市議会 2012-11-13 平成24年11月臨時会(第1号11月13日)

本市では、がん検診推進事業として、節目年齢の方を対象無料クーポン券を交付し、受診者の増加及び健康意識の高揚を図られているが、平成23年度の利用率は、子宮頸がん検診が20%、乳がん検診が24%、大腸がん検診が12%と低い状況の中で、個別勧奨をするなど、さらなる受診率向上を図られたい。  6、急傾斜地崩落対策事業について。

鳥取市議会 2012-09-01 平成24年 9月定例会(第3号) 本文

第2点目は、節目年齢の方を対象とした無料クーポン券事業無料クーポン事業を始めたわけであります。これは、国保加入者の40歳から70歳までの5年ごと節目年齢の方へ無料クーポン券を送付して、未受診者の掘り起こしにつなげるという取り組みであります。第3点目は、休日健診の拡大であります。平成24年度は休日健診を平成23年度の4回から7回にふやしました。

米子市議会 2012-03-02 平成24年 3月定例会(第3号 3月 2日)

次に、受診率向上に向けた施策についてでございますが、節目年齢対象者の方への無料クーポン券を発行する事業につきましては、女性特有がん検診事業と働く世代への大腸がん検診特別推進事業を継続して実施してまいりたいと考えております。個別肺がん検診人間ドックの中で継続して実施してまいりたいと考えております。

鳥取市議会 2011-12-01 平成23年 12月定例会(第2号) 本文

これは、平成21年度から導入した、5歳ごと節目年齢の人に対する無料クーポン券効果であると考えております。がん検診全般ではまだまだ目標とする50%の受診率にはほど遠い現状でございますので、市民の方、そして多くの医療関係者の方と連携をとりながら、協力をいただきながら、さらなる受診率向上に取り組んでまいります。  次に、引きこもりについてであります。  

岩美町議会 2011-09-13 09月13日-01号

それから、女性特有がんでは無料受診クーポン券節目年齢の方に郵送をさせていただいておるところでもあります。人間ドックの際の胃カメラ検診、肺のCT検診というようなことをドックの中に含めて実施をしておると。それから、妊婦健康診査項目子宮頸がん検診を取り入れております。これは平成21年からでございます。

岩美町議会 2011-03-10 03月10日-03号

それから、女性特有がんについては、先ほどの質問の中にも出ましたけれども、無料受診クーポン券節目年齢の方に郵送をする。人間ドックにおきましても、胃カメラ、それから肺のCT検査実施をする。21年度からは妊婦さんの健診、検査項目にも子宮頸がん検診を取り入れております。それから、乳がん検診対象につきましては、国は40歳以上でございますけれども、30歳に引き下げて実施をいたします。 

  • 1
  • 2