8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

米子市議会 2008-03-10 平成20年 3月定例会(第6号 3月10日)

次に、税制改悪により高齢者住民税非課税措置が廃止されたため、これまでの非課税世帯に課税し、暮らしを圧迫しています。生活保護基準以下の収入世帯にも、原油高騰による支援が必要と思います。市長の見解を求めます。  次に、私たちは原油高騰に伴う障がい者作業所への影響について調査しました。

伯耆町議会 2007-12-12 平成19年12月第 8回定例会(第2日12月12日)

医療や介護や水準を維持していくためには消費税で賄うのだ、こんなことを経団連の会長が言い、そして民間の議員も言って、そして検討するというようなことも言われてきておりますけれども、これはこれまで国の税制改悪昨年からことしにかけてこの6月になると恐ろしくなるほどの住民税が引き上げられました。

境港市議会 2007-12-05 平成19年第4回定例会(第1号12月 5日)

老人保健費特別会計にもかかわるこれらの負担増は、それぞれ自民党・公明党が高齢者にねらいを定めた一連の税制改悪、社会保障改悪によって余儀なくされたことではありましたけれども、一般会計決算報告によれば、この庶民増税による増収分は8,000万円に近いものとなっています。  予算審議でも主張しましたように、暮らしの困難が広がる中、この増収分ぐらいは市民負担の緩和につぎ込むべきものだったと考えます。

琴浦町議会 2006-12-14 平成18年第7回定例会(第2日12月14日)

このような税制改悪により、一体どれだけ町には増収になり、どれだけ地方交付税などが減らされるのでしょうか。まずこの点を明らかにしていただきたいと思います。  境港市では、市民税増収分を財源にして、税制改悪増税になった低所得者への対策をとるように求める決議を全会一致で行い、市長も尊重すると言っています。

米子市議会 2006-08-08 平成18年 7月定例会(第8号 8月 8日)

今回の税制改悪のもと、とりわけお年寄りを中心に急激な増税負担増への悲鳴が沸き上がっています。老年者控除の廃止、公的年金控除縮小定率減税縮小などが一斉に襲いかかり、米子市の窓口でもこの6月、住民税が9倍にはね上がった、何でこんなに上がるんだなど怒りの問い合わせが殺到いたしました。市内の65歳以上のお年寄りの大半は生活していく上でぎりぎりの年金だけを頼りにして暮らしていらっしゃいます。

米子市議会 2006-07-27 平成18年 7月定例会(第5号 7月27日)

そこでまず伺いますが、今回の税制改悪によってとりわけお年寄りの方々への影響額、また非課税から今年度新たに課税対象となった人数をお示しください。さらに問題なのは、住民税増税に連動して介護保険料国民健康保険料などが雪だるま式に膨れ上がるという事態です。これはお年寄りが耐えられる限度をはるかに超えた、まさに生存権を脅かす負担増です。

  • 1