357件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倉吉市議会 2019-12-05 令和元年第5回定例会(第4号12月 5日)

それで、前回9月議会で、私、福岡社会福祉議会に行かせていただいて、その折に同じことをやってました。それは、保険会社と提携をしてるんです。やはり、そのお母さんの判断能力がきちっとしっかりしてる間に、万が一の事態を想定して保険会社等との契約ができるような体制をつくっておられます。

米子市議会 2019-12-05 令和元年12月定例会(第2号12月 5日)

平成29年11月、総務文教委員会公民館を活用した子ども食堂の設置に係る連携について、福岡県大野城市を視察してまいりました。ほとんどの公民館が子ども食堂を実施して、開催しておられました。また、鳥取市でも公民館を活用して、子ども食堂が開催されているそうです。各公民館でモデル的に実施が可能となれば、さまざまな形の子ども食堂が米子市内で広がっていくのではと期待しての質問でございました。

境港市議会 2019-09-10 令和元年 9月定例会(第3号 9月10日)

2番目の質問ですが、これは質問というより、私たちは政務活動費というものをいただいてそれぞれ自分に合った講演会などに出かけるわけですが、8月に熊本であった研修会、これは福岡県みやま市の「地域経済発展を脱原発の自然エネルギー政策から考える」、そういう実践報告がありました。別段これが原発反対運動を訴えてる団体だとか、そういう分科会だったということではありません。

八頭町議会 2019-09-09 令和元年第 9回定例会(第3日目 9月 9日)

これは、福岡県の糸島市なんですけど、ことしの3月から死亡届を市に提出後に遺族が行う手続を支援するため、市役所にお悔やみ案内コーナーを設置しているということです。同市では、市の職員が独自にお悔やみ案内システムを構築しておりまして、市民課が死亡届を受け付けして情報を入力すると、その後の手続が関係する課が、亡くなった人の情報共有できる仕組みがつくられてるそうです。

倉吉市議会 2019-09-05 令和元年第4回定例会(第4号 9月 5日)

次に、6月議会で鳥羽議員より福岡社会福祉議会、この視察を通して孤立防止等を目的とした、高齢者が日常的に気軽に集える場としてのふれあいサロン、地域カフェについて取り上げさせていただきました。この後は社会福祉議会のことは市社協と言わせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。私からは、同じく福岡市社協の取り組みを参考に高齢者の居住支援について少し伺ってみたいと思います。  

琴浦町議会 2019-09-05 令和元年第 5回定例会(第2日 9月 5日)

それは余談になりますけれども、余談の続きになりますけども、これは芝にはちょっと関係ないんですけれども、福岡県のある中学校では、何ていうんですか、10分間お昼寝をするそうです、中学生が。次の授業が始まると、頭がすっきりして何か効率がとてもよく、勉強には意欲が出てるということをおっしゃっておられました。子供たちはやっぱりストレスがたまる。

倉吉市議会 2019-09-03 令和元年第4回定例会(第2号 9月 3日)

例えば福岡市では地域団体への要援護者への提供についてというような形での研究が進んでいます。正直、私はこの面で倉吉市はまだ不十分ではないかと思っておりますが、この面での改定にどのように取り組んでおられるのかお聞かせください。  3つ目は、地域防災リーダー、サブリーダーの育成についてです。このことは午後、同僚議員も関連した質問がありました。

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第3号) 本文

8月28日、九州北部を豪雨が襲い、気象庁福岡佐賀長崎に警戒レベル5と発表し、大雨特別警報が発令、85万人に避難指示が出されましたが、死者3名、全壊建物1棟、床上浸水535棟という大災害に見舞われました。佐賀市の24時間降雨量は8月の平均雨量の2倍になり、佐賀市中心部など広域にわたって冠水し、河川では越流氾濫、内水氾濫が多数の箇所で起きました。

倉吉市議会 2019-06-20 令和元年第3回定例会(第4号 6月20日)

先日、会派福岡市に視察に行ってまいりまして、福岡市では、いち早く世帯内訳の将来推計を行って、孤立防止等、単身高齢者でも安心して暮らしていける支援体制づくりに取り組まれておりました。詳しくは今後、会派として取り上げたいなと思っておりますので、今回、私からは孤立防止としての高齢者の居場所づくりについて簡単にちょっと紹介させていただきたいと思います。  

境港市議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第3号 6月14日)

愛知、福岡、京都ナンバーも上位を占めていました。ちなみに鳥取ナンバーは5位、島根ナンバーは6位のシェアだったそうです。  このことは、今後のPR活動の指針になり得ると考えます。市長のお考えをお聞かせください。  次に、観光地としての施設充実について伺います。  最近、旅行マニアが石見銀山の観光客減少を記述した記事を見る機会がありました。

琴浦町議会 2019-06-11 令和元年第 3回定例会(第3日 6月11日)

これからの後々の定住人口、交流人口、関係人口につながる分だと私は思っておりますけども、ここに大体関西系、鳥取から関西四国福岡の辺の上位50大学で昨年の県内のUターンが30%ぐらい。ましてや名古屋圏、東京圏などは3%しかUターンで戻ってきてない、これが現状でございます。だから何ぼ、幾ら5%どまり、3%から5%どまりが東京名古屋圏です。中京圏です。

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会(第3号) 本文

高齢になっても問題なく自動車を運転できるうちはまだよいのですが、最近では、福岡交通事故、池袋の交通事故などの、高齢者による事故が大きな社会問題となっています。2017年3月12日に道路交通法が改正され、高齢者に対して運転免許証の返納を促すようになりましたが、今後は、自動車を運転できない人の大幅な増加も考えられます。

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会(第7号) 本文

同じような開きが出ているのが東北4県、島根愛媛、徳島、高知そして福岡を除く九州の各県です。こうした自治体は、沖縄を除いて、いずれも人口減が進み、県民所得も低い結果となっています。  事業費の支払い能力というのが1つの規定になっていますが、実は、このことが地域格差を起こす一番の原因でもあります。

伯耆町議会 2019-03-14 平成31年 3月第 1回定例会(第3日 3月14日)

この72カ所は、既に防災重点ため池ということで指定されている4カ所、番原、清山、福岡原、父原を含んだため池の数となります。  現地調査の結果といたしまして、伯耆町で現地に行き状態を確認できたため池の数は66カ所でした。既にため池が存在していないのではないかとの理由で確認できてないため池が6カ所、合計で72カ所ということになります。  

琴浦町議会 2019-03-12 平成31年第 2回定例会(第4日 3月12日)

これらを考えると、先ほど課長の御答弁にもありましたけれども、公共交通のあり方会議というふうなことを計画されているということでしたので、これについては、事業レビューをやっておられる構想日本のほうでも、福岡県の大刀洗町のほうで、公共交通のあり方を町民評議会でやられたりしておりますので、そのあり方会議を、事業レビューは何も仕分けで何をやめるかということじゃなくてあり方を考える協議会でもありますので、その辺

米子市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第8号 3月12日)

この城跡の整備についてでございますけども、城跡の整備は長期に及ぶことが多くございまして、例えば鳥取城跡が30年、盛岡城跡が20年、福岡城跡が15年といったように、各地でさまざまな長期的な計画期間を設定しておられます。いずれもこういった長期計画の中で、年度ごとに議会承認等を得ながら進められておるものでございます。 ○(渡辺議長) 遠藤議員