239件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八頭町議会 2020-04-21 令和 2年第 3回臨時会(第1日目 4月21日)

簡易水道料金につきましては、債務者破産法の規定に基づき債務が免除され、徴収困難となりました簡易水道料金、8万3,380円を八頭簡易水道事業給水条例第30条第1項第1号の規定により、債権放棄いたしました。  八頭水道料金滞納整理事務規程第12条第4項の規定により報告を行うものであります。  続きまして、報告第2号 債権放棄について(公共下水道使用料)であります。  

八頭町議会 2020-03-25 令和 2年第 2回定例会(第5日目 3月25日)

でも、行政とされて困る人を、その当事者破産されたんですよ、破産宣告されて。そんな人を追い込むようなことはやっぱりだめなんですよ。まちとしては、やっぱり温情的にこのまま粛々と進めていく中では債権放棄もあり得る話だなと。よって、町長の提案されたことは私は容認して正しいんだと。  賛成討論といたします。 ○議 長(谷本正敏君) 次に、原案に反対者の発言を許します。                

琴浦町議会 2020-03-04 令和 2年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

2人目の理由としましては、債務者平成13年に破産手続によって免責決定を受けており、また保証人は死亡されているためであります。  次に、議案第3号、令和元年度琴浦一般会計補正予算(第7号)であります。  今回の補正は、既定の歳入歳出からそれぞれ9,062万6,000円を減額し、総額を102万1,822万1,000円とするものであります。  

琴浦町議会 2019-12-11 令和元年第 6回定例会(第4日12月11日)

3件ございまして、1件が本人自己破産の申し立てによる自主退去ということで、これが1件予定が減っております。それから、当事者本人が亡くなられまして、未成年の子供さんがいらっしゃいましたけれども、これも自主退去ということで2件、それからもう1件も不正退去ということで自主退去ということで、この3件の関係する減額でございます。 ○議長小椋 正和君) そのほか質疑ございませんか。  澤田豊秋君。

琴浦町議会 2019-09-09 令和元年第 5回定例会(第4日 9月 9日)

相続人がいわゆる自己破産をした場合にはそうなるかもわかりません。そういうようなことでこれはあり得ん話じゃないですか。  それから、これはほかの議員もおっしゃいましたけども、町はこれまで保証人に積極的に請求を行ってこなかったがというふうにありますね。保証人をつけてない部分もある。保証人保証能力のある、そういう人でない場合もある。あるいは金を借りた人同士保証人になりっこしている場合もある。

湯梨浜町議会 2019-09-06 令和元年第 7回定例会(第 1日 9月 6日)

災害救助法による救助の対象となった災害により被災された方が一定の条件のもとに借り入れできる災害援護資金償還等について定められた条例第15条について、このたびの法改正により償還金支払い猶予について法第13条に規定されたこと、償還免除について法第14条第1項により死亡、重度障がい以外に破産手続開始決定等を受けたときも償還免除することができるとされたこと、また法第16条により償還猶予償還免除の可否

北栄町議会 2019-06-25 令和元年 6月第4回定例会 (第 3日 6月25日)

もうにっちもさっちもいかなくなって、結局あってはならない自治体の破産ということになった。  この間も、3月16日だったですかね、公会計の関係の研修会がありました。ここで2日間ございましたね。そのときの講師先生も、やっぱり第三セクターは気をつけてほしい。議員研修会でも監査委員研修会でも第三セクターは気をつけなければいけないと。第三セクターでなくても、やっぱり指定管理にしてもそうなんですよね。

境港市議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第3号 6月14日)

このような自転車事故をめぐっては高額な賠償命令が出されるケースも多く、自己破産に至るケースも少なくありません。子供への精神的ショックもはかり知れません。  そこで、本市の児童・生徒の自転車損害賠償保険加入率とかはわかりますでしょうか、お伺いします。 ○議長(柊 康弘君) 答弁を求めます。  松本教育長

琴浦町議会 2019-03-12 平成31年第 2回定例会(第4日 3月12日)

議員(9番 高塚 勝君) リストを見ますと、破産平成15年とか、古いときに破産なんですね。今回提案されたのは、平成15年に破産しておられるのに今こういうぐあいに提案される理由をお願いします。 ○議長小椋 正和君) 小松町長。 ○町長小松 弘明君) 確かに古い話でありますけども、今まで手がつけてなかったという反省はあると思います。

湯梨浜町議会 2019-03-11 平成31年第 3回定例会(第 5日 3月11日)

皆さんの中にはそういう思いはないかもしれないけど、本当に破産したり、生活苦でどうしようかと思っている人もたくさんあるということもぜひとも自覚しながら連携をとって対応していただきたいということを申し上げまして、終わります。ありがとうございました。 ○議長(入江 誠君) 以上で増井久美議員一般質問は終わります。  以上をもって一般質問を終結いたします。     

琴浦町議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 5日)

これは、水道料金未納分47万8,328円につきまして、債務者破産手続により債務免責決定し、債権回収が不可能となったため、当該債権放棄するもので、地方自治法規定により、本会議の議決を求めるものであります。  次に、議案第42号、債権放棄農業集落排水処理施設使用料)についてであります。  

倉吉市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第4号 2月28日)

現在、奨学金返済に関して保証人まで含めた自己破産や厳しい回収が問題になっていますが、その背景には、近年の授業料の高騰と卒業後の不安定雇用による低収入があります。例えば年間授業料ですが、文科省資料によりますと、私の世代が現役だった平成4年入学当時、私立大学平均約66.8万円だったものが、平成27年時点で約86.8万円です。

琴浦町議会 2018-12-07 平成30年第 8回定例会(第1日12月 7日)

これは農業集落排水使用料未納5万8,955円につきまして、債務者破産手続により債務免責決定当該債権回収が不能となったことから、当該債権放棄するものであります。  最後に、議案第144号、鳥取県町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合規約変更についてであります。  

倉吉市議会 2018-09-11 平成30年第5回定例会(第6号 9月11日)

当然それには議会の承認が要るわけでございますが、今までも例えば破産手続をされた方とかということではさせていただいた経緯もございますが、議員おっしゃるとおり時効の援用ということは私債権ではあります。それがなされても困るのでいろいろ私たちは対応をとっていますが、今度裁判所に訴えると強制執行になりますので、今度は時効が出てきます。