190件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第7号) 本文

この前の包括外部監査でも、鳥取市の用地が3カ所ごみステーションになっているということがあったりして、それはきちっとした管理形態を、普通財産にして、生活環境、局といいますか、担当部局にしての取り組みにすればできると思いますので、その辺をどのように考えておられるのか、お尋ねします。

北栄町議会 2018-03-12 平成30年 3月第2回定例会 (第 8日 3月12日)

町長は連合も環境のほうにおられますので、一度そういうお話を将来に向けてちょっと相談してみていただけたらなと思いますが、どうでしょう。 ○議長(飯田 正征君) 松本町長。 ○町長(松本 昭夫君) 紙おむつのためだけに新たな焼却施設をつくるということはどうかなと、こう思っております。

倉吉市議会 2018-02-26 平成30年第2回定例会(第5号 2月26日)

今回提案させていただいた機構改革によって、来年度は企画振興部と産業環境が一緒になるということで企画産業部。ですから、観光に加えて商工、農林の産業面でも連携していく部になります。そこでふるさと納税を担当しますので、新たに改めて返礼品の充実や地域産品のPR、地域産業の活性化を目的に一体化した取り組みができるんではないかと考えております。  

倉吉市議会 2018-02-22 平成30年第2回定例会(第4号 2月22日)

この辺を合わせてやろうと思うと、企画振興部で持っておりますまちづくり分野と産業振興を所管する産業環境と合わせてやるということは、ある意味非常に自然なことではないかなと思っております。そういう意味で考えたときに、企画部門の持っている総合政策課をなくすわけでもありませんし、そこのところは御懸念ないようにお願いしたいと思います。  

倉吉市議会 2017-06-15 平成29年第4回定例会(第4号 6月15日)

災害後の時間外勤務は当然のことながら、防災安全課ですとか、災害査定、復旧に向けた設計等に対応するような部署、建設の関係とか産業環境の農林課だとか、そういったところで多かったわけですけれども、4月、人員配置等の対応もさせていただいて、4月以降、大分落ちついてきたんではないかと思っています。100時間を超えるような時間外勤務を行った職員はゼロになりました。

倉吉市議会 2016-09-13 平成28年第5回定例会(第6号 9月13日)

担当は産業環境商工課です。7款商工費、1項商工費、2目商工業振興費です。事業名は市場開拓支援事業です。補正額は200万円です。4つ質問いたします。  最初に、この市場開拓支援事業の概要を教えていただきたいと思います。 ○産業環境部長(田中規靖君) 米田議員の御質問にお答えいたします。  この事業でございますけれども、地方創生推進交付金を活用する予定でございます。

湯梨浜町議会 2016-09-12 平成28年第 6回定例会(第 5日 9月12日)

この対策の関係でこのたびの御質問を受け、県の生活環境のほうに設けております生物多様性保全事業という事業がございまして、これはセイタカアワダチソウとかオオキンケイギクですとかそういったものが繁殖して在来の日本植物を脅かしたりすることのないように、その対策のために1団体当たり10万円の補助金を支給して支援するというものです。

倉吉市議会 2016-06-20 平成28年第4回定例会(第5号 6月20日)

ただ、加算措置もありますから、進出いただいた企業というのは、内容的にはそんなに企業立地促進補助金が極端には減ってないと思うんですけども、そういう中では産業環境の担当でしょうけど、具体的な企業立地促進補助金を適用するに当たって、投下固定資産の評価とか、あるいは雇用の従業員の確保についての確認作業、そうしたものがどういうことできっちりなされてるのか、やっぱりそのあたりを精査しながら。

米子市議会 2016-03-24 平成28年 3月定例会(第8号 3月24日)

初めに、議案第62号米子市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、米子市組織条例の一部を改正する条例が本年4月1日から施行されることにより、本市組織の部の名称及び所管事務が改正されることに伴い、委員会条例第2条第2項の市民福祉委員会の所管を市民環境から市民人権部に改めるなど、所要の整備を行おうとするものであります。  

倉吉市議会 2016-03-07 平成28年第3回定例会(第5号 3月 7日)

やっぱり年間を通じて一つの商品でも、例えばさっきのニンニク等あるいはまた、商工品とセットでというようなことも、そういう機会を産業環境、担当課でつくっていただいて連携できて新しいものが生まれるようなことをぜひとも努力をしていただきたいと思いますし、また、私も機会があれば御紹介をしたいと思います。  

米子市議会 2015-12-10 平成27年12月定例会(第5号12月10日)

本年度も先進地視察や専門知識習得のための研修事項などとして、総務部が7件、企画部が2件、市民環境4件、福祉保健部5件、経済部が3件、建設部4件、下水道部3件、教育委員会3件の計31件の派遣研修を実施しております。 ○(渡辺議長) 村井議員。 ○(村井議員) ということで、米子市から見に行くということも大事なんですけども、例えば米子市も先進的な取り組みがあると思うわけです。

倉吉市議会 2015-09-08 平成27年第7回定例会(第6号 9月 8日)

税収のこともあるし、財政の健全化ということもありますし、倉吉の企業、頑張ってもらわないけん、そういうことで、総務部もだし、産業環境も力入れて、倉吉の産業推進につきましては、よろしくお願いしたい。  それから、スイカの話がこの事業で出とるわけですけども、県の事業、国の事業いろいろあるけれども、上手に利活用しながら倉吉の農業を推進してくと、足腰を強くすると、これも一つ大事なことです。

倉吉市議会 2015-09-07 平成27年第7回定例会(第5号 9月 7日)

こうなるめて考えてみますと、環境課と建設課、産業環境建設部、あるいは、もっと言うと不法投棄対策連絡協議会、これがつながっていないっていう実態もあらわになりました。この辺について、部長はどのようにお考えでしょうか。 ○産業環境部長(田中規靖君) 中部の不法投棄対策連絡協議会での不法投棄の撤去やその協議というところでございます。  

倉吉市議会 2015-02-17 平成27年第2回臨時会(第1号 2月17日)

産業環境部長(岩本善文君) 産業環境関係の2点、質問にお答えします。  先ほど資料を配付させていただきました。今回、補正で出させていただいた5社の交付見込み額と算出基礎、そこの中に新規常用雇用労働者数というところを入れております。一番上のモリタ製作所に関しては2億円ということで、新規常用雇用労働者数は40名でございます。このように見ていただければと思います。  

倉吉市議会 2014-12-08 平成26年第8回定例会(第5号12月 8日)

産業環境部長(岩本善文君) 先般開催されました中山間地の特別委員会においても、産業環境としましては有害鳥獣の関係、それから竹、この2つについて検討ということで御指摘をいただいたところでございます。どちらについても来年度予算、あるいは国の地方創生の動きをにらんで動いていきたいなと思っておるところでございます。  

倉吉市議会 2014-09-08 平成26年第7回定例会(第5号 9月 8日)

また、例えば企業誘致に絡みましてトップ同士での交渉でありますとか、あるいは農産品の大阪なり東京なりの消費地でのトップセールス、こういったものにつきましては例えば産業環境さんのほうで予算措置があったりとか、あるいは公共事業予算確保等に向けました要望活動につきましては建設部さんの予算もございます。

倉吉市議会 2014-09-02 平成26年第7回定例会(第2号 9月 2日)

ウンマネジャーにもそういった役回りをぜひ果たしていただきたいというふうに思いますけれども、行政としても、今でも、午前中も申し上げたんですけれども、検討委員会に所属される団体の皆さんにもぜひ民間事業者として参画をしてほしいということも申し上げておりますし、市の職員が関係する団体産業環境だけじゃなくて、あるいは企画だけじゃなくて、関連する団体等があれば、そういった団体に働きかけて、こういった市街地活性化