338件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岩美町議会 2021-06-12 06月12日-01号

ことし初めに環境省全国市区町村を対象に調査をしたところ、高齢者へのごみ出し支援自治体が取り組むべきだとの質問に対し、肯定的な意見だった自治体が半数もありました。しかし、支援を行っていない自治体は、予算の不足、人員の不足で8割を占めていることも事実であります。環境省もことし夏からモデル事業を行います。

北栄町議会 2020-06-25 令和 2年 6月第5回定例会 (第10日 6月25日)

それ以外にいただいております御質問の中で、CO2を定期的な稼働を行う中でするのではないかというところですが、基本的には短時間であるという点と、あとは、今回、木質バイオマスボイラーを導入すること、また、太陽光と蓄電池を導入すること、こちらに非常に多くのお金がかかっておりまして、こちらについては環境省補助事業を使うことを想定をしております。

米子市議会 2020-06-18 令和 2年 6月定例会(第4号 6月18日)

環境省は、ごみ発電をする場合、交付金交付率を3分の1から2分の1へ引き上げるとかという誘導策を取っています。発電量の高いごみっていうのは、廃プラスチック紙類繊維類、ゴム、皮革、革ですけど、だと言われています。これらはやはり分別すべきものです。プラスチックを燃やしてエネルギーに変えることをサーマルリサイクル、こういいますけれど、これは和製英語で日本の造語です。

米子市議会 2020-06-16 令和 2年 6月定例会(第3号 6月16日)

国の幾つかの省庁では、再委託は上限5割としており、環境省では、業務の半分以上を別会社が担うと、なぜ最初の委託先と契約したのかという問題が生じてくるとして、50%未満を原則としているとのことです。この再委託の問題について、税金を適切に取り扱わなければならない行政の長として、市長はどのようにお考えか、お聞かせください。  

米子市議会 2020-06-15 令和 2年 6月定例会(第2号 6月15日)

環境省は昨年、2019年7月、ウェブサイトで「2100年未来天気予報」を公開しています。それを見ますと、「このまま有効な対策を執らずに気候温暖化が進行すると、2000年頃からの平均気温が最大4.8℃上昇すると予測されています」とし、産業革命以前からの気温上昇を1.5度に抑える目標達成した2100年と、その目標達成できなかった2100年の天気予報を作成いたしました。その一部を紹介します。

伯耆町議会 2020-06-11 令和 2年 6月第 3回定例会(第1日 6月11日)

気候変動災害が毎年起きておりますけれど、環境省の研究所の未来天気予報というのが掲載されておりますけれど、1.5度未達成のままこの温暖化が進行した場合には、2000年度の比率で未達成の場合と達成した場合の比較、未達成の場合は4.8度上昇すると言ってます。台風の強風化大型化、大雨、暴風、高潮、その高波、こういったことについてもみんな天気予報というので発表してます。

八頭町議会 2020-06-08 令和 2年第 6回定例会(第3日目 6月 8日)

古いエアコン環境省のほうでもデータが出ています。古いエアコンだと電気代がかなりかかります。その電気代を気にしてエアコンを使わないという方もあると思います。だけど、エアコンを使いましょう。そういったときに、新規にエアコンを買う場合の補助というのも必要なのではないかと思いますが、その辺の考えを聞いて、質問を終わりたいと思います。 ○議 長(谷本正敏君) 吉田町長

八頭町議会 2020-03-11 令和 2年第 2回定例会(第3日目 3月11日)

平成30年4月、環境省より第5次環境基本計画が発表され、昨年6月には同じく環境省より、令和元年版環境白書循環型社会白書生物多様性白書の中から抜粋した記事を編集した持続可能な未来のための地域循環共生圏が取りまとめられました。これらの計画などを参考にしながら、本町の持続可能な未来のために今後、取り組む環境施策について、町長教育長にお伺いいたします。  

琴浦町議会 2020-03-06 令和 2年第 2回定例会(第3日 3月 6日)

これが政府ではことしの3月までに基本方針を策定する義務がありますが、それが消費者庁、それから農水省、環境省、3つにまたがってます。県や市町村も基本方針を踏まえてそれなりの基本方針を策定する義務が次々と出てくるとは思いますが、本町での担当課というのがどこになるかというのが見えてきません。  

米子市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会(第5号 3月 6日)

○(朝妻市民生活部長) 産廃の設置基準によりますと、廃掃法になります、そこに記載してございますのは、環境省令で定める技術上の基準に適合していること、また周辺地域生活環境保全及び周辺施設について適正な配慮がなされていること等々の規定がございます。そこらあたりを確認の上、こういった施設がつくられていくものというふうに考えます。 ○(渡辺議長) 又野議員

米子市議会 2020-03-01 令和 2年3月定例会 付録

除去土壌(除染土)の再利用(処分・拡散)を全国で│不 採 択  │ │        │進める省令案の再考を求める意見書の提出についての陳情    │      │ │        ├──────────────────────────────┤      │ │        │[意見]                          │      │ │        │1 求めるべきは国や環境省

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第6号) 本文

環境省の職員からも、ボトムアップだけではなくトップダウンも必要だから、大臣にとってもらいたいと言われた。そういったこともあり、とろうとなった。私、育児に参加して思うことは、育児休業という、休むという言葉が入っていますが、全然休みなんかじゃないですね。子供を育てる大仕事をやっている理解をさらに広げていきたい。きついこともあるが、喜び、感動、かけがえもないものがある。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第4号) 本文

このたびの事案も同じようなことが背景にあると認識を持っておりますが、許可業者数考え方について、環境省の通達によれば、最高裁判所で、廃棄物処理法において一般廃棄物処理業は専ら自由競争に委ねられるべき性格の事業とは位置づけていないものと言えるとの判断が出されており、ダンピングが起こらないように、適切な判断が求められるわけであります。  

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第5号) 本文

御承知のように、鹿野温泉は情緒あふれる城下町など周辺環境が大変すばらしいものがございまして、吉岡温泉とともに環境省国民保養温泉地に指定されております。浜村温泉も約500年前から、豊富な湯量を誇る温泉地として栄えてきた歴史がございます。貴重な地域資源として保全に努め、次世代に継承していかなければならないと考えております。

北栄町議会 2019-12-13 令和元年12月第9回定例会 (第 5日12月13日)

そのため環境省により平成18年2月に特定外来生物に指定され、運搬、栽培、販売などが禁止されています。本町におきましても、ことし5月の広報紙にその駆除についての掲載がありましたが、十分な効果が見られない模様で、その対策を急ぐ声が上がっています。町として現在この問題にどう取り組んでおられるんでしょうか。

琴浦町議会 2019-12-09 令和元年第 6回定例会(第2日12月 9日)

環境省の元審議官米谷仁さんという方をお呼びして、具体的にSDGsを使ったときにこういう話があるんだということで、ローカルエナジーということで、エネルギーの話をしてもらいました。地域でどういうふうに循環させていくのかというお話でしたけども、SDGsって何だという、総合戦略になる前の話になりますけども、経済社会環境、この3つを組み合わせていく話です。

八頭町議会 2019-12-09 令和元年第11回定例会(第3日目12月 9日)

それと、また以前紹介した環境省地域経済循環分析、そういうデータもあります。この二つデータで注目される本町産業は何だろうなと思ったところ、これから伸びていく就業人口等々も書いてあったんですが、林業が物すごく何か伸びていくように、この二つデータですね。地域経済循環分析では、林業は特異な分野である。

鳥取市議会 2019-12-01 令和元年 12月定例会(第4号) 本文

◯石田憲太郎議員 環境省が策定いたしました災害時におけるペット救護対策ガイドラインには、災害が起こったときには飼い主はペットと同行避難することが基本であるとする一方で、他の避難者への迷惑にならないように努めなければならない、そのように記載されており、実際の避難所の現場では、受け入れを断られ、避難を諦めた事例が全国に多くあると聞きます。

鳥取市議会 2019-12-01 令和元年 12月定例会(第2号) 本文

次に、ごみ袋1枚当たりの経費を算出するためには重さから体積への換算が必要でありまして、ここの計算におきまして環境省一般廃棄物処理事業実態調査で使用しておりますごみの比重、つまり1リットル当たり0.3キロという数字ですが、この値を用いまして、有料化の導入のときから使用して計算しております。