82件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2018-06-25 平成30年 6月第5回定例会 (第 7日 6月25日)

栄町の快適で豊かな環境を守るため、平成18年に北栄町環境基本条例が制定されました。平成19年には北栄町環境基本計画策定、平成29年10月に第2次北栄町環境基本計画が策定されました。この12年間でリサイクルステーションの設置、環境家計簿の普及、クリーン作戦などの取り組みが進み、一定の成果は見られました。  

米子市議会 2017-06-28 平成29年 6月定例会(第6号 6月28日)

その中で、米子市におきましては、米子市環境基本条例前文に、人と自然との共生と資源の循環を基本として、自然、歴史文化等、地域の特性を生かした環境の保全及び快適な環境の創造に努め、より良好な環境を次世代に引き継いでいくというふうに記載をしておりまして、私もこれは遵守しなければいけない理念であり、また米子市民全員がこの理念を責務と考えて、これから先の環境活動について取り組んでいかなければいけないというふうに

北栄町議会 2017-03-13 平成29年 3月第3回定例会 (第12日 3月13日)

そのほかに、北栄町環境基本条例施行自治基本条例施行、青山剛昌ふるさと館のオープン、この青山剛昌ふるさと館は、ことし3月には10年の大きな節目にかかっております。  さらに、お台場公園、北条オートキャンプ場及び蜘ケ家山山菜の里の指定管理者制度の導入、北条小学校新校舎の完成、滋賀県湖南市と友好交流協定に調印。  

倉吉市議会 2017-03-09 平成29年第2回定例会(第4号 3月 9日)

この環境基本計画については、本市では2000年、平成12年4月に環境の保全に関する基本理念等を定めた倉吉市環境基本条例を制定したところでございまして、この条例に基づいて環境の保全に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、平成17年1月に環境基本計画を策定しております。それからまた10年が経過をしたということから、今回新たに次の10年に向けての計画を策定したものでございます。  

米子市議会 2016-12-09 平成28年12月定例会(第4号12月 9日)

まず初めに、環境問題について、本市は平成17年に策定した米子市環境基本条例第8条の規定に基づき、自然の営みに感謝し、ともに歩み続ける町の実現を目指して、平成23年度から10年間を計画期間として、米子市環境基本計画平成24年3月に策定されております。この計画については、昨年度から中間見直しが行われ、先月28日には、米子市環境審議会から見直し案が妥当であるとの答申が行われました。

北栄町議会 2016-09-12 平成28年 9月第7回定例会 (第 8日 9月12日)

地球環境保全、町の快適な環境のため、平成18年に北栄町環境基本条例が制定され、平成23年北栄町まちづくりビジョンには、将来像を「人と自然が共生し、確かな豊かさを実感するまち」としています。また、平成24年3月に北栄町環境基本計画中間見直し版が策定され、実情に即した健全で恵み豊かな環境の創造に向けて、さまざまな施策が計画されています。この10年間の取り組みとその成果、課題、今後の方針を伺います。  

北栄町議会 2015-03-17 平成27年 3月第3回定例会 (第 9日 3月17日)

今後も北栄町環境基本条例の理念のもと、時代に即した環境施策に取り組んでまいりたいと考えております。  次に、地方創生事業の取り組みと町長の政治姿勢についての御質問でございます。昨年12月に策定いたしました北栄町農業振興基本計画につきましては、農業関係計画の中で最上位に位置づけているものでございます。

北栄町議会 2013-03-14 平成25年 3月第1回定例会 (第 7日 3月14日)

町長就任後、まず北条砂丘風力発電所本格稼働や北栄町環境基本条例の制定で環境の町としてスタートされました。主な事業に、青山剛昌ふるさと館の開館、自治基本条例の制定、次世代育成支援行動計画、大栄中及び大栄小学校体育耐震補強、北条小学校校舎建設工事、さらには学校給食センターの統合、北条地区及び大栄地区の地域情報通信基盤整備事業に着手されております。

北栄町議会 2012-03-12 平成24年 3月第1回定例会 (第 5日 3月12日)

第2項といたしまして、北栄町水道事業の設置等に関する条例第3項の北栄町議会委員会条例第4項の北栄町環境基本条例及び第5項の北栄町下水道使用審議会条例も、それぞれ一部を次のように改正を行うものでございます。  続きまして、11ページでございます。議案第16号、北栄町職員給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について御説明を申し上げます。  はぐっていただきまして、12ページでございます。

北栄町議会 2011-06-13 平成23年 6月第5回定例会 (第 5日 6月13日)

本町では平成18年12月に環境基本条例を制定し、さまざまな施策、事業を実施してまいりました。第1に、北条砂丘風力発電所自治体運営では日本一の規模を誇っております。これは平成17年11月より本格稼働。そのほか生ごみ処理機導入補助、ペレットストーブの導入、太陽光発電設置費補助環境家計簿の記帳などなど、数多くの事業を実施してきました。  

北栄町議会 2011-03-10 平成23年 3月第3回定例会 (第 1日 3月10日)

合併当初は北栄町のすべての町民の皆さんがより一層安全で安心して生活できる生活基盤を確保するため、上下水道の整備や由良川鉄道橋のかけかえ、北条放水路竣工を推進する一方で、町民の融和と協調を図るため鳥取中央有線放送株式会社の設立、新型ハイブリッド音声告知機の導入、地域情報通信基盤整備事業の促進や自治基本条例を初め男女共同参画推進条例環境基本条例などの制定に努めてまいりました。  

北栄町議会 2009-12-15 平成21年12月第12回定例会 (第5日12月15日)

これは合併後の私の一貫したマニフェストで、これまでに環境基本条例の制定、環境基本計画の策定、これに基づき環境家計簿、バイオディーゼル燃料リサイクルステーションの設置、緑のカーテン事業、園庭芝生化、上水道下水道整備、住宅太陽光発電設備導入補助等さまざまな取り組みを行ってまいりました。  議員御承知のとおり、地球温暖化問題は待ったなしの状態にあります。

北栄町議会 2009-09-09 平成21年 9月第8回定例会 (第 3日 9月 9日)

これまで町政運営の基本方針である自治基本条例を県内で初めて制定したほか、環境基本条例男女共同参画条例などの制定や健康ほくえい計画、次世代育成行動計画すこやかスマイルプラン、地域新エネルギー省エネルギービジョンなど各種の基本計画をまとめ、これら計画を踏まえた諸施策に取り組んでまいりました。

湯梨浜町議会 2009-07-21 平成21年第 6回臨時会(第 1日 7月21日)

そういう中にあって、今回、環境美化条例が提案されたんじゃないかなというぐあいに思っておりますけれども、先ほど全協で申しましたように基本的には、国が環境基本法を制定したように湯梨浜町環境基本条例を制定して、この部分は環境基本法委託する、この部分は環境美化条例委託するとかそれぞれ町民にもっと分かりやすい形をぜひ近い将来、町として打ち出して欲しいなあちゅうぐあいに思っております。

北栄町議会 2009-06-12 平成21年 6月第6回定例会 (第 3日 6月12日)

栄町では、平成18年12月に北栄町環境基本条例を制定、続いて平成19年3月には北栄町環境基本計画を策定して、環境に優しい町づくりの施策を進めているところであります。地球温暖化防止は、今や地球規模の問題として全世界が早急に取り組まなくてはならない喫緊の課題であり、自然エネルギーの利用促進が求められているところであります。