96件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倉吉市議会 2019-09-05 令和元年第4回定例会(第4号 9月 5日)

その後、関係者、非常に地元の方も国交省なり天神川漁業協同組合なりの許可を得て、重機で河床を掘り、今の現在の耕作には、必要なことは大丈夫だというお話をお聞きしておるところでございますが、そうはいっても、いつ大きな雨が降ったりして、来年の春でも間に合うのかなと思っておりますけども、来年以降の本格的な市の対応というのは今どう考えておられるのか、改めて、とりあえずお聞きをしておきます。

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会(第2号) 本文

回収につきましては、漁業協同組合による収集、ボランティアによる地域清掃、各総合支所によるパトロールなど、さまざまな形で行っております。  その処理についてですが、ボランティア清掃などによる少量の可燃物であれば、本市の神谷清掃工場で受け入れる場合もございますけれども、塩分を含む大量の草などにつきましては、主に民間施設に搬入しリサイクルなどの処理を行っております。

北栄町議会 2018-06-25 平成30年 6月第5回定例会 (第 7日 6月25日)

しかしながら、現在事業を行っている中部漁業協同組合につきましては年々会員数が減少しており存続が危ぶまれている状況にありますので、まずは存続を含めしっかり中部漁協と連携しながら事業を展開してまいりたいと考えているところであります。  次に、山林事業の対策と今後の課題についての御質問でございます。  

湯梨浜町議会 2018-03-08 平成30年第 2回定例会(第 1日 3月 8日)

14款県支出金、2項県補助金、4目農林水産業補助金、3節水産業費県補助金の説明欄、定置網漁業導入支援事業2,110万円は鳥取県漁業協同組合が泊地区の尾後の鼻沖で操業する小型定置網のための定置網設置に補助いたします。それからその4つ下の漁業研修事業補助金1,114万円については、この定置網漁業に係る5名の船員に対する指導経費、あるいは研修手当などの漁業研修費の補助という内容のものでございます。  

米子市議会 2017-09-06 平成29年 9月定例会(第3号 9月 6日)

本年6月、県漁業協同組合淀江支所の朝市が2年ぶりに復活をいたしました。この朝市復活については、6月に地元紙で報道され、大変な盛況でございました。私も6月24日と、7月にはちょっと行けなかったもので残念なんですが、8月の26日の朝市に行ってまいりました。

鳥取市議会 2017-09-01 平成29年 9月定例会(第5号) 本文

このほか、林業では森林組合等による担い手の新規雇用や機械等の購入、漁業では漁業協同組合等による新規漁業就業者の研修事業や漁船等の購入に対する支援も行っておるところでございます。  しかしながら、就農後も必要な機械設備の整備助成や生活安定のための支援措置等を行っているものの、なかなか経営が軌道に乗らないといった新規就農者の方も見受けられるところでございます。

境港市議会 2017-03-01 平成29年第2回定例会(第1号 3月 1日)

また、漁船の航行、操業の安全を図るため、気象情報等を提供している鳥取県無線漁業協同組合通信設備の更新支援を行うこととしております。  農業の振興について申し上げます。  本市特産の白ネギ栽培につきましては、連作障害に効果のある緑肥作物の種子代助成や病害虫防除薬剤費助成に加えて、近年猛威を振るう黒腐菌核病の防除支援を継続し、白ネギ産地の維持、拡大を図ってまいります。  

鳥取市議会 2016-02-01 平成28年 2月定例会(第2号) 本文

御指摘のありましたように、市町村の中には農家等から依頼を受けた自治体が捕獲従事者の取りまとめをされまして、みずから申請事務許可事務を行っていらっしゃいます事例もございますが、本市ではこれまで、農家から依頼を受けられました狩猟免許を持っている方、あるいは農協の支店長名、また漁業協同組合組合長からの許可申請を受けて、それを許可し、捕獲を行っているのが現況でございます。

琴浦町議会 2015-03-09 平成27年第 2回定例会(第1日 3月 9日)

当該施設は、赤碕町漁業協同組合指定管理者として指定し、施設の管理運営を行っておりますが、施設管理期間が今年度末で終了することから、今後の業務の効率化を図るため、施設管理期間を3年間とし、所要の改正をするものであります。  次に、議案第27号、琴浦町営住宅管理条例の一部改正についてであります。  

琴浦町議会 2013-12-09 平成25年第11回定例会(第2日12月 9日)

漁村センターの取り組みにつきましては、先ごろ赤碕町漁業協同組合指定管理者に選定したところであり、引き続き管理運営を行っていただく方針でございます。以上です。 ○議長(川本正一郎君) 続いて追及質問ですが、都合により、石賀議員には自席のほうで追及質問をしていただきます。  それでは、石賀栄君。 ○議員(17番 石賀 栄君) 1番の統廃合の……。

琴浦町議会 2013-10-23 平成25年第10回臨時会(第1日10月23日)

次に、議案第116号、これはさきの9月定例議会で御承認を賜りました琴浦町漁村センター条例指定管理者について、琴浦町指定管理者の指定手続等に関する条例第8条第1項第1号の規定により、赤碕町漁業協同組合代表理事組合長、祇園行裕氏から申請書類の提出を受け、審査した結果、組織運営体制が確立し、これまでの施設管理の実績を生かして赤碕港周辺の水産振興並びに地域活性化の推進に寄与するものと判断いたしましたので、

琴浦町議会 2013-09-20 平成25年第 9回定例会(第5日 9月20日)

議会運営委員会の中でも指定管理というような御提案もいただきましたし、漁業協同組合とお話をする中でも、直営でやりますと当然に使用される場合は条例に基づく使用料というものをいただくことになりますけれども、今までの利用形態とそこで若干の違いが出てくるということで、それはいかがなものかという御提案もありました。  

境港市議会 2013-09-11 平成25年第3回定例会(第1号 9月11日)

水産業を取り巻く状況は、資源の減少、魚価の低迷、燃油高騰、漁業就業者の減少と高齢化など、さまざまな課題を抱えておりますが、漁業就業者対策においては、本年度は14人が企業等で漁船員として新たに雇用され研修が行われているほか、新規漁業就業者の沿岸漁業の経営開始に協力する漁業協同組合鳥取県とともに支援をしており、現在のところ4人を対象に事業を実施しているところであります。