37件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

琴浦町議会 2020-03-04 令和 2年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

住宅新築資金滞納件数35件で434万5,000円、住宅改修資金滞納件数4件で14万1,000円、宅地取得資金滞納件数23件で128万8,000円に、競売売却金見込み額を、75万円を加えまして、203万8,000円を計上しております。  次に、2項雑入についてです。まず、令和2年度に1件、競売申し立てを計画しております。

八頭町議会 2019-09-10 令和元年第 9回定例会(第4日目 9月10日)

軽自動車税では、平成28年度よりグリーン化特例で古い車の自動車税額が上がり、前年に比べ滞納件数は減ったものの、滞納金額がふえたため、徴収率が下がっております。また、特別会計では、国民健康保険税の現年分で対前年0.36%、滞納繰越分で対前年0.61%の徴収率の減少となっており、国保に加入される方は、離職、退職による方が多いため、収入状況が安定せず、滞納となり、徴収率が下がったものと推測しております。

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会 目次

 …………………………………………………………………………………………  30 金田靖典議員(~追及~第1号の法令等に定めがあるときという条項には該当しないので  はないか) ……………………………………………………………………………………………………  30 市長答弁) ……………………………………………………………………………………………………  30 金田靖典議員(~追及~近年の水道料金滞納件数

琴浦町議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 5日)

住宅新築資金は、滞納件数36件、目標徴収率を5.28%として437万円、住宅改修資金は、滞納件数5件、目標徴収率を2.64%として29万7,000円、宅地取得資金は、滞納件数21件、目標徴収率を3.64%として178万8,000円です。  4ページをお開きください。3款1項繰越金につきましては、前年度繰越見込み額が390万円です。  次に、歳出についてです。

倉吉市議会 2018-09-11 平成30年第5回定例会(第6号 9月11日)

済みません、先ほど件数を間違えておりまして、市がこれからそういう法的措置をとろうとした人数を言ってしまいまして、滞納件数としては80件でございます。申しわけございませんでした。  それで法的措置でございますが、まず最初に通常の業務でございますと滞納があれば督促状を送付しまして、納付期限後の20日以内。

八頭町議会 2018-09-07 平成30年第 7回定例会(第4日目 9月 7日)

軽自動車税では、平成28年度よりグリーン化特例で古い車の自動車税の単価が上がり、前年に比べ滞納件数は減ったものの、滞納金額がふえたため、徴収率が若干下がっております。また、特別会計後期高齢者医療保険料ですが、保険料徴収の基本は年金から特別徴収へとなっています。年金担保借入者等による普通徴収への切りかえがふえてきており、普通徴収分の未納がふえてきたと考えているところであります。  

米子市議会 2018-03-08 平成30年 3月定例会(第6号 3月 8日)

そこで伺いますが、ここ3年の滞納件数滞納金額、直近の滞納世帯数加入者全体に対する割合、県内他市との比較はどうなっているのか伺います。 ○(尾沢議長) 長井市民人権部長。 ○(長井市民人権部長) 国保料について、滞納件数などについてのお尋ねでございます。本市におけます過去3年の現年賦課分滞納件数滞納金額でございます。これはいずれも各年度末の決算に基づくものでございます。

琴浦町議会 2018-03-07 平成30年第 3回定例会(第1日 3月 7日)

住宅新築資金は、滞納件数37件、目標徴収率を5.28%として485万9,000円、住宅改修資金は、滞納件数6件、目標徴収率を2.63%として31万5,000円、宅地取得資金は、滞納件数23件、目標徴収率を3.65%として191万2,000円です。  次に、3款1項繰越金につきましては、前年度繰越見込み額が620万円です。この見込み額は12月時点のものであります。  

琴浦町議会 2017-03-07 平成29年第 2回定例会(第1日 3月 7日)

住宅新築資金は、滞納件数39件、目標徴収率を5.27%として486万6,000円、住宅改修資金は、滞納件数6件、目標徴収率を2.63%として31万8,000円、宅地取得資金は、滞納件数23件、目標徴収率を3.65%として191万円です。  次に、3款1項繰越金につきましては、前年度繰越見込み額が930万円です。この見込み額は12月時点のものであります。  次に、歳出について説明いたします。

琴浦町議会 2016-03-07 平成28年第 2回定例会(第1日 3月 7日)

住宅新築資金滞納件数42件、目標徴収率を5.39%として489万円、住宅改修資金滞納件数6件、目標徴収率を2.61%として31万8,000円、宅地取得資金滞納件数25件、目標徴収率を3.69%として193万円、次に、3款1項繰越金については、前年度繰り越し見込み額が756万2,000円です。この見込み額は12月時点のもので、平成27年度3号補正分は含まれてはいません。  

米子市議会 2013-06-14 平成25年 6月定例会(第3号 6月14日)

○(北尾教育長) 給食費滞納推移と対応についてのお尋ねでございますが、滞納推移といたしましては、平成23年7月集計では滞納件数これ世帯でございますけども、178件、滞納額は約781万円、平成24年4月集計では、滞納件数178件、滞納額は約776万円、平成25年4月集計では、滞納件数149件、滞納額は約678万円でございます。

琴浦町議会 2012-09-13 平成24年第9回定例会(第4日 9月13日)

人権同和教育課長(森 実男君) 先ほど青亀議員の方から指摘がありましたように、滞納件数は120件ということで、1億7,000万ほどあります。その実態につきましては、各戸別訪問しながら、借り受け者につきましてどういう実態であるかということを把握しながら回収に努めてまいっております。  

米子市議会 2011-06-13 平成23年 6月定例会(第2号 6月13日)

したがって、再質問の冒頭に申し上げましたけれども、早く徴収率等を数値化したもの、あるいは滞納件数が何人、何件といったほうがいいでしょうか、あるか示していただかないと、こちらも金額だけのチェックであって、実際に中身が全く見えてこないものをこれ以上チェックがしようがありませんので、しかるべき早い時期に、6月早々とおっしゃられたと思いますので、これ、しかと業務として遂行していただきたいと思います。  

倉吉市議会 2010-12-14 平成22年第8回定例会(第6号12月14日)

その滞納を減らすために、うがった質問をするかもわかりません、滞納件数を減らすためにこの条例がつくられたんではないかなというそういう変な言い方をすれば邪推というか、そういう思いもちらっとこの条例を読んだときに思ったもんでして、その辺はそういう考えというのは全くないということなのでしょうか。答弁をお願いします。 ○教育次長池田弘之君) 高田議員の御質問にお答えします。  

境港市議会 2010-03-11 平成22年第1回定例会(第3号 3月11日)

○17番(松尾好行君) 滞納件数市長中村勝治君) 滞納件数。数字は整合してるの。  それで、ちょっとここから遠くてよく私も見えないんでありますが、これは経年変化をあらわしてあるわけですね。何年度からですか、何年度が1,100……。 ○17番(松尾好行君) ちょっと見えませんかね。 ○市長中村勝治君) はい。 ○17番(松尾好行君) 平成20年度は1,113件です。

倉吉市議会 2010-03-08 平成22年第2回定例会(第5号 3月 8日)

食彩館滞納件数及び金額につきましては、昨年の9月議会の総務経済常任委員会におきまして、総額及び件数について報告を求められ、滞納件数5件、総額260万円と報告しております。 ○18番(大田 進君)(登壇) それならば、今聞きましたけども、私のそういうところに限定したことは一切ないということなんですね。よくわかりました。私はこれは刑事問題だと思って今回質問してるんです。

北栄町議会 2009-12-18 平成21年12月第12回定例会 (第8日12月18日)

ところが、合併以後の納付状況を見ますと、納期がふえた大栄地区滞納件数が増加し、納期が減った北条地区滞納件数が減っている現状にあります。この推移は、多少なり経済状況の影響もあるかと思いますが、納期をふやせば1期ごとの納付額は減ることは当然ながら、それが滞納額の減につながるとは考えにくいところであります。なぜなら、8期だろうと4期だろうと税金の額は変わらないわけであります。

北栄町議会 2009-12-16 平成21年12月第12回定例会 (第6日12月16日)

この支払い回数だけがふえたり減ったりしたことによって、つまり支払い回数が8期から4期になった方が滞納件数が減るというその根拠ですね、お聞かせいただきたいと思います。 ○議長池田 捷昭君) 松井税務課長。 ○税務課長松井 慶徳君) 長谷川議員の再度の質問にお答えいたします。  参考資料滞納者数のグラフの件でのお尋ねと思いますけども、要因は何かということでございます。

北栄町議会 2009-12-15 平成21年12月第12回定例会 (第5日12月15日)

法的な裏づけがないまま合併後4年間が経過する中で、滞納件数推移収納率などの検証を進めてまいりました。社会情勢等要因とした滞納によるもののほかに、反復し継続して発生されるとされる地方税の場合、特に本町では各期の納期が重複しているため、一度納付を怠ると続く納期税金がすぐにとどまり、納税者も納税しにくくあきらめてしまわれる傾向がございます。

北栄町議会 2009-12-11 平成21年12月第12回定例会 (第1日12月11日)

町税納期につきまして、滞納件数徴収率推移及び徴収事務状況等を多角的に検討してまいりました。徴収事務をより改善するため、このたび全体の納期を見直しながら町県民税及び固定資産税納期8期を法定に基づく4期の納期に変更するものでございます。  なお、国保税介護保険料長寿医療保険料につきましては異動が多いため、現在の納期のとおり8期のままといたしております。  

  • 1
  • 2