1223件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倉吉市議会 2019-07-04 令和元年第3回定例会(第6号 7月 4日)

核の傘論にしがみついて、トランプ大統領の言いなりとなって、莫大な見返りを負担する姿、農業貿易交渉や辺野古などの基地負担、戦闘機爆買いを約束する一方で、消費増税という国民負担増につながっています。何よりも石田市長、坂井議長もこれの国際署名にサインをし、全ての国に訴えております。あの悪魔の兵器と言われる核兵器をなくすために採択することを訴えるものであります。  最後になります。

北栄町議会 2019-07-01 令和元年 6月第4回定例会 (第 5日 7月 1日)

7、地域間の財源偏在性の是正のため、所得税・消費を対象に国税から地方税への税源移譲を行うなど、抜本的な解決策の協議を進めること。同時に、各種税制の廃止、減税を検討する際には、自治体財政に与える影響を十分検証した上で、代替財源の確保を初め、財政運営に支障が生じることがないよう対応を図ること。

境港市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第5号 6月26日)

7.地域間の財源偏在性の是正のため、偏在性の小さい所得税・消費を対象に国税から地方税への税源移譲を行うなど、抜本的な解決策の協議を進めること。  同時に、各種税制の廃止、減税を検討する際には、自治体財政に与える影響を十分検討したうえで、代替財源の確保を初め、財政運営に支障が生じることがないよう対応すること。

北栄町議会 2019-06-25 令和元年 6月第4回定例会 (第 3日 6月25日)

年金生活者支援給付金や介護保険料の新たな軽減がされたとしても、消費の増税分で吹き飛んでしまいます。日本医師会は、「アクセス制限してはいけない」と反対をしています。また、政府が検討している後期高齢者の窓口負担2割化に全国老人クラブ連合会は、「受診抑制が進み早期発見、早期治療がおくれる可能性が強く、基本的に反対」としています。

倉吉市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第5号 6月24日)

まず今回の補正ですけど、資材費、労務費の上昇ですとか、消費増税分に加えた補助単価の増額の改定がございましたので、補正予算を計上させていただいております。  その3施設についてでございます。1点目の、認知症高齢者グループホームでございますが、こちらは認知症高齢者が日常生活の世話や機能訓練を受けながら、家庭的な環境のもとで共同生活ができるといった施設でございます。

米子市議会 2019-06-20 令和元年 6月定例会(第4号 6月20日)

消費増税による無償化では、負担のなくなる分よりも給食費がふえたり、消費の負担増が重くなります。消費を引き上げなくても、税金の納め方で優遇されている大企業や大金持ちの株や証券の取引への課税を適正なものにすれば財源はあります。繰り返しますが、財源はほかにあります。

倉吉市議会 2019-06-19 令和元年第3回定例会(第3号 6月19日)

農協法の改正にしても種子法の廃止、あるいは水道民営化消費、そういうことに関して、やはり国が決めたことだから仕方がないという形ではだめだと思います。そこで、市長はやっぱり為政者であります。行政執行の最高責任者であるのはもちろんですが、やっぱり選挙で選ばれた、それも独任制の、いわゆる市民代表でありますし行政代表ということでもございます。  

湯梨浜町議会 2019-06-14 令和元年第 5回定例会(第 8日 6月14日)

議会において令和元年10月1日から消費税率が従来の8%から10%に引き上げられるのに伴い議案第60号を提案し、消費を賦課する使用料等について所要の改正を行おうとしたところでございますが、予定しておりました改正部分以外の表記に不備がございまして訂正が必要であると判断したことから、議案を撤回させていただくものでございます。御理解を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

湯梨浜町議会 2019-06-07 令和元年第 5回定例会(第 1日 6月 7日)

このたびの改正につきましては、社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律等の一部を改正する法律平成28年11月28日に公布され、令和元年10月1日から消費税率が従来の8%から10%に引き上げられるのに伴い、消費を賦課する使用料等について所要の改正を行おうとするものでございます。  

琴浦町議会 2019-06-07 令和元年第 3回定例会(第1日 6月 7日)

民生費については、介護保険事業について、消費の増税における介護保険料の低所得者に対する保険料の負担軽減に伴う経費を追加しています。  土木費では、町道等改良整備事業について、県の事業配分の結果により、今年度当初に予定していた工事内容に、橋脚と道路部分の工事を追加施工することに伴う経費を追加しています。  

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会(第2号) 本文

10月の消費10%の引き上げによる増収分の財源を活用しての政策であります。全国で約300万人の子供が恩恵を受ける見通しと言われております。政府の発表によると、合計特殊出生率は3年連続減少の1.42で、25年度末までに出生率1.8の目標達成は厳しさを増しております。幼児教育の無償化はひとづくり改革の柱として重要な少子化対策の1つと位置づけられております。

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会 目次

がないことについて) ……………………………… 185 市長(答弁) …………………………………………………………………………………………………… 185 伊藤幾子議員(~追及~現在無償の世帯には恩恵がないことについて) ……………………………… 185 市長(答弁) …………………………………………………………………………………………………… 185 伊藤幾子議員(~追及~現在無償の世帯にとっては消費増税

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会(第5号) 本文

私は、通告したとおり、消費10%増税についてと防災について質問いたします。  まず、消費10%増税についての質問です。  消費10%増税では、政府が考えている対策をやっても、食料品など、軽減、実は軽減ではなく8%据え置きでありますが、を除いた負担増の4.6兆円を世帯数で割ると、1世帯当たり8万円の負担増になります。2014年4月の8%への増税では、1世帯約12万円負担増。

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会〔資料〕

7.地域間の財源偏在性の是正のため、偏在性の小さい所得税・消費を対象に国税から地方税への税源移譲を  行うなど、抜本的な解決策の協議を進めること。   同時に、各種税制の廃止、減税を検討する際には、自治体財政に与える影響を十分検証した上で、代替財源  の確保を初め、財政運営に支障が生じることがないよう対応を図ること。

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会(第7号) 本文

まず1点目の出された意見でございますが、国が明確な方針を出していない現状ですので継続審査にという意見と、前回継続となりましたけれども、介護保険等の問題であったり、消費が10月には予定されている中で、さらに高齢者に対して負担が倍になるということを考えると、本議会意思として、国がまだ方針を決めていないとしても、意思として高齢者の生活を守るという立場に立つのであれば、むしろ2割になることを延長すべきだというふうに