129件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

米子市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会(第6号 3月 9日)

そして、このたび米子地域福祉計画地域福祉活動計画米子地域つながる福祉プラン策定され、次世代につなぐ地域共生社会実現及び地域福祉活動推進されることとなりました。そこでお尋ねしますが、このたびの米子地域つながる福祉プランの目的及び概要について、また本計画により地域福祉がどのように変わってくるのか、その期待される効果について伺います。

米子市議会 2020-03-02 令和 2年 3月定例会(第2号 3月 2日)

先日の地域福祉計画地域福祉活動計画策定委員会で、認知症に対する備えの大切さについて意見が出ておりました。私も誰もがなり得る認知症だからこそ、日ごろからの地域とのつながりや将来の自己決定への計画など、重要な視点であると共感をしているところであります。本市認知症施策は、共生、予防、備えの3本柱で推進をしていただきたいと提案いたします。御所見を伺います。 ○(渡辺議長) 景山福祉保健部長

米子市議会 2019-12-06 令和元年12月定例会(第3号12月 6日)

さらに、先ほど議員もおっしゃいましたが、必要に応じまして、現在策定中の地域福祉計画地域福祉活動計画を今後実践する中で、地域で上がった個別課題を拾い上げて、地域全体、市全体で協議検討して政策に反映できる体制を整えていきたいと考えております。 ○(渡辺議長) 安達議員。 ○(安達議員) タイムリーな対応と言いながら、ずっと変わらずに、理解をしていただいて変わらずに対応をお願いしたいと思います。  

米子市議会 2019-09-05 令和元年 9月定例会(第2号 9月 5日)

○(景山福祉保健部長) 新たな総合相談支援体制推進に当たってのセンターの位置づけについてでございますけれども、現在策定中の米子地域福祉計画地域福祉活動計画の中で、地域性地域に密着したその役割を果たしております地域包括支援センター配置等を総合的に勘案しまして、市内7つエリアに分けて、エリアごと総合相談支援体制構築するという方向性をお示ししているところでございます。  

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第3号) 本文

また、鳥取社会福祉協議会とは、平成31年3月に本市の第2次鳥取地域福祉計画鳥取社会福祉協議会の第4次鳥取地域福祉活動計画を一体化いたしまして鳥取地域福祉推進計画策定するなど、連携をとりながら、より効果的に地域福祉推進することとしておるところでございます。多様な組織連携をとりながら人材育成など地方創生取り組みを進めることは不可欠なものと考えております。

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第5号) 本文

鳥取地域福祉推進計画でございますけれども、これは、本市の将来を見据えた地域福祉のあり方や地域福祉推進のための基本的な施策方向を定めます地域福祉計画と、福祉活動を担う地域住民やボランティアなどの自主的・自発的な取り組みを体系化しました鳥取社会福祉協議会が取りまとめをします地域福祉活動計画この2つの計画を一体的に策定した計画でございます。

米子市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第2号 6月17日)

○(景山福祉保健部長) 課題を認識した上での今後でございますが、本市米子社会福祉協議会とが共同で作成いたします米子地域福祉計画地域福祉活動計画におきまして、各公民館区域地域支援を行うコミュニティワーカーを配置して、地域課題の解決に向けた多様な主体による協働取り組みを支援するとともに、地域住民相談を丸ごと受けとめ、支援機関等への適切につなぐ体制構築に向けまして検討を始めているところでございます

米子市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第5号 3月 6日)

現在、米子地域福祉計画地域福祉活動計画策定中であります。私はこの機を捉え、米子市版の地域包括ケアシステム構築へ向けた全庁的な議論取り組みを繰り返し質問し、要望してまいりましたが、このままではいけないという思いを強くしているところでございます。  初めに、市長は、去る2月4日の社会福祉審議会でどのような意見があったと報告を受けられ、どのように感じておられるのか伺います。

北栄町議会 2019-03-05 平成31年 3月第2回定例会 (第 1日 3月 5日)

平成30年度よりこの委員会を立ち上げ、アンケートの実施や自治会での地域懇談会を重ねてまいりましたが、地域福祉推進の両輪となります社会福祉協議会が既に作成しております地域福祉活動計画の見直しが平成31年度に行われることから、一体的な計画としたほうがより効果的なものとなることから、平成31年度も引き続き検討するためのものでございます。  

八頭町議会 2018-12-13 平成30年第 9回定例会(第4日目12月13日)

本町では、こうした国の動きも踏まえ、第2期の地域福祉計画町社協の第2次活動計画とあわせて本年6月に八頭地域福祉推進計画として取りまとめたところであります。  町といたしましては、計画期間の今後6年間、推進計画重点課題に取り組む覚悟でありますが、とりわけ重要課題でありますまちづくり委員会の全14地区設立をできるだけ早期に達成すべく、努力をしてまいりたいと考えております。  

米子市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第3号12月 7日)

地域包括ケアシステム推進は、地域共生社会の確立を目指すため、現在策定中であります地域福祉計画地域福祉活動計画の一つのテーマでもあり、現在福祉政策課中心に全庁的に庁内検討会を開催し、検討も進めていることから、その策定の中で支援体制づくりを考えてまいります。 ○(渡辺議長) 矢田貝議員。 ○(矢田貝議員) わかりました。

米子市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会(第3号 9月 7日)

○(斉下福祉保健部長) 今後の拡充の方策についてでございますが、地域共生社会構築をするに当たりまして、この地区版地域福祉活動計画は不可欠なものと考えており、今後計画策定地区数をふやすために、地区住民の方に地区版地域福祉活動計画必要性普及啓発を行うとともに、事務局を担います地域福祉コーディネーターの適切な配置について研究してまいりたいと考えております。

米子市議会 2018-07-17 平成30年 7月定例会(第3号 7月17日)

○(斉下福祉保健部長) 基幹型センターの設置につきましては、地域包括支援センター運営協議会や第7期計画の検証の中で議論することに加えまして、地域包括支援センター地域福祉拠点とするなど必要が生じれば、地域福祉計画地域福祉活動計画策定作業においても議論をしていくよう考えております。 ○(渡辺議長) 矢田貝議員。 ○(矢田貝議員) 私は、両方でしっかりと議論を進めていかれるべきだと思います。

倉吉市議会 2018-06-18 平成30年第4回定例会(第2号 6月18日)

その中身は、やはり相談体制の充実であるとか教育、啓発、あるいは実態調査を各自治体にやっぱり求めていこうと、会長であるあなたの組織活動計画としてそう言っておられるんです。複雑なのは、求める側の市長もあれば、これを盾に文句を言う私みたいな者がおるからちょっと複雑になってますけど、やはりこの精神大事にしてください、この精神を。部落差別があることは重々承知でしょう。確信的な差別もある。