34件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

米子市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会(第4号 3月 4日)

また、この用地の選定に関して、その理由に対する見解でございますが、鳥取県環境理事業センターによりますと、平成15年に選定方針を作成いたしまして、候補地を探しておられましたが、環境プラント工業から候補地の提案がありまして、処分容量の確保や法的規制災害危険性や施工等に問題がなく、適格性を有していると判断したことから候補地とされたものと聞いております。本市といたしましても妥当と考えております。  

米子市議会 2018-12-12 平成30年12月定例会(第5号12月12日)

原点に返ってということでございますが、まず出だしは鳥取県環境理事業センターのほうが平成15年度に選定方針を作成されまして、候補地を探しておられまして、環境プラント工業から候補地の提案があり、処分容量の確保、法的規制災害危険性や施工等に問題がないということで、適格性を有していると判断されて候補地とされたというふうに承知しております。

米子市議会 2018-12-06 平成30年12月定例会(第2号12月 6日)

○(朝妻市民生活部長) 候補地につきまして、鳥取県環境理事業センターによりますと、平成15年度に選定方針を作成され、候補地を探しておられたところ、環境プラント工業から候補地の提案があり、処分容量の確保、法的規制災害危険性や施工等に問題はなく、適格性を有していると判断されたことから候補地としたものというふうに伺っております、候補地選定につきましては。 ○(渡辺議長) 又野議員

琴浦町議会 2018-06-13 平成30年第 4回定例会(第4日 6月13日)

前々から私は、ああいう学校のようなものを用途変更する場合には非常に法的規制がかかってきて、簡単にはいきませんよということで念を押しました。資料請求でそれをやったんですけども、きのう出てきましたけども、予算が通ってから最終的には行政と相談をするっていうようなことが返ってまいりました。言語道断と私は思っております。

琴浦町議会 2017-09-25 平成29年第 5回定例会(第5日 9月25日)

この建物、大きな小学校を、それをましてや2階にそういうものをつくるとなると、非常に法的規制がかかってまいります。皆さん、この延べ50坪の住宅を建てるのに6,000万ですか、さらに、普通工事費だけでも坪当たり127万円、設計監理を含めると140万ぐらいかかります、坪当たりですよ。リフォームですから、古い建物があってそこをリフォームするわけですから安く上がるのが当然です。

米子市議会 2017-09-08 平成29年 9月定例会(第4号 9月 8日)

候補地を選定基準に照らし確認したところ、処分容量の確保、法的規制災害危険性や施工等に問題はなく、適格性を有していると判断されることから候補地としたものですと、鳥取県環境理事業センターの見解書に記載されております。また、福井水源への影響についてでございますが、平成26年度に調査を実施されておりまして、事業計画地を通る地下水は、福井水源地に影響しないことが確認できたとされております。

米子市議会 2017-06-28 平成29年 6月定例会(第6号 6月28日)

鳥取県環境理事業センターの見解書によりますと、平成15年度に選定方針を作成し、候補地を探していたが、環境プラント工業から候補地の提案があり、処分容量の確保、法的規制災害危険性や施工等に問題はなく、的確性を有していると判断していることから、候補地とされたものとされております。 ○(尾沢議長) 岡村議員

米子市議会 2016-06-15 平成28年 6月定例会(第3号 6月15日)

そして、同弁護士は、日本ダイオキシン類法的規制基準国際基準の800倍も緩く、基準を守ったとしても安全だとは言えないと強調されました。  国の基準を守ってさえいれば大丈夫という安全神話が成り立たないことは、東京電力福島第一原発の過酷事故が証明しています。所見を伺います。 ○(中田副議長) 角副市長。

琴浦町議会 2016-03-09 平成28年第 2回定例会(第3日 3月 9日)

中山間地域農地維持対応として、農地中間管理機構を通じて集積し法人化を加速化させる事業も進行中でありますが、法的規制もかなりあり、着手を断念する地域も見られます。規制の緩和策なり首長の認定などにより取り組みが容易にできることで、維持管理の集積、法人化、集落営農の活性化は図られないのでしょうか。中山間だけではなく、農地の維持管理には多くの農業者が多額の経費をかけて取り組んでいます。

米子市議会 2016-03-08 平成28年 3月定例会(第5号 3月 8日)

それによると、その回答の中で、文化庁の見解ということを市長は盛んに言われますけども、文化庁の見解は、市の政策判断を拘束する法的規制には当たらない、こういうことを教育委員会が公式見解で述べています。もう一つ、湊山球場敷地を市が開発行為に至った場合でも文化庁のペナルティーはない、こういう認識でおります、こういうふうに回答がありますね、これは間違いないですね。 ○(渡辺議長) 北尾教育長

米子市議会 2015-09-09 平成27年 9月定例会(第5号 9月 9日)

そうすると、今、三の丸の法的規制はないわけですよ。そういうことから考えれば、幾らでも土地開発を行ってやることもできる。そのことによって米子市の将来の市の発展につながっていく、そういう土地の選択があるんじゃないんですか。そのことを伺ってるんですよ。閉じ込めた場合には、どういう結果が次世代につながります。経済発展効果が見込めますか、その点を伺っておきたいと思います。 ○(渡辺議長) 野坂市長。

八頭町議会 2007-06-14 平成19年第6回定例会(第3日目 6月14日)

○町 長(平木 誠君) 具体的に、いろんなお話が出ましたけども、その事業を執行するにあたりまして、法的規制があって、八頭町が一番いいと思う部分ができないということになりますれば、町としていろんな分野におきまして考えていきたいというふうに思っております。  絶えず、このことを念頭に仕事を進めたいと思います。 ○議 長(松田秋夫君) 森山議員

鳥取市議会 2006-12-01 平成18年 12月定例会(第5号) 本文

法的規制はないものの、今日の時代背景を考察すれば、鳥取市も外部監査の導入を検討すべき時期に来ていると考えますが、市長の御所見をお伺いいたします。  3点目として、鳥取中央変電所についてお尋ねいたします。  先日の12月15日、中国電力は、遷喬小学校隣接地である片原角地の自社有地での建設に向け、地域住民が反対の抗議行動を展開する中、地質調査に入りました。

北栄町議会 2006-06-14 平成18年 6月第5回定例会 (第 1日 6月14日)

しかし、今、政府は、民間参入を阻害している法的規制を一括して緩和する法律で個別法の制約をなくそうとしています。  指定管理者制度では、施設の管理だけでなく、運営についても指定管理者が一定の枠の中で自由にできることになります。まさに税金でつくった施設で民間会社が利益を上げることができる制度であります。もうけを上げなければ民間事業者にとってはメリットはありません。

倉吉市議会 2005-11-14 平成17年第8回定例会(第2号11月14日)

特段法的規制がないからやらないんじゃなくして、その中で全体の予算の中で老人と乳幼児の対象を含めた助成があってもいいのではないか。そのような検討がやっていただけるかどうか再度お尋ねをしておきます。  次に、グリーンスコーレの問題と指定管理者制度についてお尋ねをいたします。  まず、グリーンスコーレについてでありますけれども、国民宿舎グリーンスコーレせきがね再建策というのがございます。

  • 1
  • 2