3814件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倉吉市議会 2019-09-26 令和元年第4回定例会(第7号 9月26日)

次に、認定第5号 平成30年度倉吉市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第6号 平成30年度倉吉市温泉配湯事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第8号 平成30年度倉吉市土地取得事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第9号 平成30年度倉吉市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第10号 平成30年度倉吉市駐車場事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第11

北栄町議会 2019-09-25 令和元年 9月第6回定例会 (第21日 9月25日)

号 平成30年度北栄町合併処理浄化槽事業特別会計歳入歳出決算の             認定について  日程第11 議案第75号 平成30年度北栄町大栄歴史文化学習特別会計歳入歳出決算の             認定について  日程第12 議案第76号 平成30年度北栄町後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算の             認定について  日程第13 議案第77号 平成30年度北栄町水道事業会計決算

伯耆町議会 2019-09-20 令和元年 9月第 4回定例会(第3日 9月20日)

─────────────・───・─────────────  ◎日程第9 議案第55号 から 日程第12 議案第58号 ○議長(幸本 元君) 日程第9、議案第55号、令和元年度伯耆町一般会計補正予算(第2号)から日程第12、議案第58号、令和元年度伯耆町水道事業会計補正予算(第1号)までの4議案を審議の都合上、一括議題とします。  

北栄町議会 2019-09-18 令和元年 9月第6回定例会 (第14日 9月18日)

号 平成30年度北栄町合併処理浄化槽事業特別会計歳入歳出決算の             認定について  日程第10 議案第75号 平成30年度北栄町大栄歴史文化学習特別会計歳入歳出決算の             認定について  日程第11 議案第76号 平成30年度北栄町後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算の             認定について  日程第12 議案第77号 平成30年度北栄町水道事業会計決算

倉吉市議会 2019-09-10 令和元年第4回定例会(第6号 9月10日)

また、もともと下水道課の公有財産ということもありまして、合併後の上下水道局の貯蔵品、水道メーター等、日常的に使用する物品を収納する倉庫として活用する予定でございます。水道局の庁舎につきましては、既存の車庫倉庫とともに、給水タンク、土砂、採石等の備品等を配置する倉庫として活用する予定ということでございます。  

倉吉市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第5号 9月 9日)

あるいは、第2庁舎には高齢者が訪れることも多いので、駐車場から距離があることと、横断歩道が少ないことなど、ルートの安全面が心配であるとか、水道の検針について、メーターを見て回るやり方だが、今、電気やガスのように、電波による検針というものに切りかわることはできないのかと、経費はかかるかもしれないが、長い目で見れば人員削減による経費節減が見込まれるということであるとか、収入確保についても工夫すること、例

伯耆町議会 2019-09-06 令和元年 9月第 4回定例会(第2日 9月 6日)

大きく言って、上下水道料金の福祉減免制度の創設と、高齢者障害者などのタクシー料金の割引、この制度について、3点目が、学校給食パン原材料に国産小麦を使用していただく、この点についてお尋ねをいたします。  第1番目の上下水道料金の福祉減免制度、この創設についてでありますが、今、町民の中には、この10月から消費税が10%になる。このために非常に不安の声が上がっています。

北栄町議会 2019-09-06 令和元年 9月第6回定例会 (第 2日 9月 6日)

駅北条公園周辺の町内3カ所で実証実験中のデオマジックによる畜産の臭気対策につきましては、活性炭などのほかの臭気対策に比べて費用対効果が大きいと判断しているところでございますが、最終年となる本年度はこれまでの検証から風向きによる薬剤のロスやタンク内の水温上昇による薬剤の劣化が生じていることがわかってきたため、道の駅北条公園に設置している装置を風向きに対してセンサーでスイッチを入れる自動投薬にして、配管をしまして水道

伯耆町議会 2019-09-05 令和元年 9月第 4回定例会(第1日 9月 5日)

議案第58号、令和元年度伯耆町水道事業会計補正予算(第1号)について。本案は、令和元年度伯耆町水道事業会計について補正するものです。  補正の内容は、落雷により被災した水道施設に係る修繕費の増額です。  補正額は収益的収支について収益的収入512万円の増額、収益的支出632万円の増額となり、補正後の予算額はそれぞれ収益的収入2億4,746万円、収益的支出2億9,109万8,000円となります。  

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第6号) 本文

次に、第138号鳥取市水道事業給水条例の一部改正についてです。  まず、2018年12月に成立した改正水道法において、指定給水装置工事事業者制度への指定の更新制度が導入されることに伴う条例改正だと認識しています。まず、指定に対する更新制度の導入により、どのような効果があると考えているのか、お尋ねします。  また、更新制度の内容はどのようなものなのかもお尋ねします。  

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第6号) 名簿

第1 市政一般に対する質問      足 立  考 史  議 員(無所属)      吉 野  恭 介  議 員(新生)      加 嶋  辰 史  議 員(開政) 第2 議案第146号鳥取市教育委員会委員の任命についてから議案第153号和解についてまで(提案説明) 第3 報告第27号専決処分事項の報告について(報告) 第4 議案第120号令和元年度鳥取市一般会計補正予算から議案第138号鳥取市水道事業給水条例

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第7号) 名簿

火曜日)             ─────────────────────────                 議  事  日  程(第 7 号) 第1 議案第120号令和元年度鳥取市一般会計補正予算から議案第123号令和元年度鳥取市温泉事業費特別会計    補正予算まで、議案第129号鳥取市会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の制定についてか    ら議案第138号鳥取市水道事業給水条例

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会〔資料〕

    原案可決        (第1号) 第 122 号  令和元年度鳥取市介護保険特別会計補正予算(第2号)      〃    原案可決 第 123 号  令和元年度鳥取市温泉事業費特別会計補正予算(第1号)      〃    原案可決 〔決 算〕 第 124 号  平成30年度鳥取市歳入歳出会計決算認定について       10月4日   認  定 第 125 号  平成30年度鳥取市水道事業剰余金処分及

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第8号) 名簿

       安  本  哲  哉  環 境 局 長      平  井  圭  介     福 祉 部 長      中  島  陽  一  健康こども部長      岩  井     郁     経済観光部長       浅  井  俊  彦  農林水産部長       谷  村  定  彦     都市整備部長       綱  田     正  下水道部長        植  村  洋  巳     水道事業管理者

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第5号) 本文

また、施設も老朽化いたしておりまして、水道施設等の大規模な修繕が必要という状況もあったもので、平成30年4月より施設の利用を休止いたしております。  現在の管理の状況につきましては、地元に委託いたしまして、週に1回程度の施設内の換気、また清掃を行っていただいているところでございます。  

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第5号) 名簿

       安  本  哲  哉  環 境 局 長      平  井  圭  介     福 祉 部 長      中  島  陽  一  健康こども部長      岩  井     郁     経済観光部長       浅  井  俊  彦  農林水産部長       谷  村  定  彦     都市整備部長       綱  田     正  下水道部長        植  村  洋  巳     水道事業管理者

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第4号) 名簿

       安  本  哲  哉  環 境 局 長      平  井  圭  介     福 祉 部 長      中  島  陽  一  健康こども部長      岩  井     郁     経済観光部長       浅  井  俊  彦  農林水産部長       谷  村  定  彦     都市整備部長       綱  田     正  下水道部長        植  村  洋  巳     水道事業管理者