1450件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

湯梨浜町議会 2019-12-09 令和元年第 9回定例会(第 1日12月 9日)

2項の県補助金、4目農林水産費県補助金、1節の農業費県補助金の説明欄、防災安全社会資本整備交付金(地籍調査事業)でございます。本年度の補助金の額が確定したため、323万7,000円を減額をするものでございます。  それから、16款寄附金でございます。1項寄附金、1目総務費寄附金、1節総務費寄附金の説明欄でございます。

倉吉市議会 2019-12-02 令和元年第5回定例会(第1号12月 2日)

次に、農林水産施設災害復旧についてです。  7月の豪雨等で被災した農地及び農業施設の復旧を図るため、1,500万円余を計上するものです。  次に、保育所運営についてです。  令和元年度公定価格の改定及び私立保育所施設認定こども園に移行したことに伴う負担金の組みかえなど、6,300万円余を計上するものです。  次に、広瀬分校の閉校についてです。  

湯梨浜町議会 2019-11-14 令和元年第 8回臨時会(第 1日11月14日)

それから、5款農林水産費、1項農業費、4目農地費の説明欄の農地耕作条件改善事業につきましては、松崎駅南梨生産団地整備事業でかん水設備として貯水槽を新設するための工事費でありますとか、苗木、資材等の導入による委託料の増によりまして1,018万2,000円を増額補正いたします。財源につきましては、県補助金770万8,000円、それから地元負担金の51万2,000円を充当をいたします。  

北栄町議会 2019-09-18 令和元年 9月第6回定例会 (第14日 9月18日)

〔質疑なし〕 ○議長(飯田 正征君) ないようですので、次に5款農林水産費についての質疑を許します。ありませんか。                    〔質疑なし〕 ○議長(飯田 正征君) 次に、6款商工費についての質疑を許します。  5番、町田貴子議員。 ○議員(5番 町田 貴子君) 成果の66ページ、上のほうに⑥とあります。

倉吉市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第5号 9月 9日)

第6款で、農林水産費で、これもチップ等あります。原材料は一緒ですよね、使う木質チップ等を有効活用している。それから、利用の仕方もほぼ似たような形で。この4款と、あるいは第6款に係る分の整合性はどうなのかなというようなことがありまして、6款は6款でまた質問をいたしますけれども、言いますように、資源木材を利用するということで共通、それから利用方法もこの6款のものと一緒。

境港市議会 2019-09-09 令和元年 9月定例会(第2号 9月 9日)

次に、漁港水産について伺います。日韓関係の影響により、本市に水揚げする漁船は多くが操業する大和堆や隠岐の島周辺等の漁場において、果たして操業の安全は確保されているのか、その影響や対策について把握されてるかお聞かせください。以上です。 ○議長(柊 康弘君) 市長の答弁を求めます。  中村市長。 ○市長(中村勝治君) 永井議員の御質問にお答えをいたします。  

湯梨浜町議会 2019-09-06 令和元年第 7回定例会(第 1日 9月 6日)

まず、農林水産では、松崎駅南梨生産団地の客土整備2ヘクタール苗木購入2,383本を実施いたしましたほか、有害鳥獣対策では、イノシシ415頭、鹿23頭を捕獲、侵入防止柵の電気柵3,200メートル、ワイヤメッシュ4,647メートルの支援も行っております。  7月豪雨及び台風24号で農地農業施設に大きな被害を受けました。1億6,300万円を平成31年度に繰り越し、実施しております。

北栄町議会 2019-09-06 令和元年 9月第6回定例会 (第 2日 9月 6日)

5款農林水産費でございます。団体農業農村整備事業に280万円を追加いたしました。ため池のハザードマップ作成に必要な費用を計上するものでございます。  6款商工費でございます。産業振興奨励金事業に856万2,000円を追加いたしました。企業立地等促進奨励金及び雇用促進奨励金に必要な費用を計上するものでございます。観光振興事業に3,205万9,000円を追加いたしました。

北栄町議会 2019-09-05 令和元年 9月第6回定例会 (第 1日 9月 5日)

続いて、農林水産費でございます。決算額は対前年比1.5%減の6億9,483万円となりました。主な事業は、がんばる農家プラン事業3,827万円、産地パワーアップ事業2億546万円、担い手育成支援事業2,562万円、活動支援推進交付金事業8,893万円などでございます。  続いて、商工費でございます。決算額は対前年比22.7%減の2億32万円となりました。

八頭町議会 2019-09-05 令和元年第 9回定例会(第1日目 9月 5日)

次に、農林水産費です。  農業費の地籍調査事業費は、委託料、290万円余り、林業費は、野生鳥獣被害防止事業費として、110万円余りの追加であります。  商工費では、ミニSL博物館工事請負費、120万円余りを計上いたしました。  土木費では、民間の宅地造成補助金に240万円余り、道路橋梁費は、町道の補修、管理等に2,000万円の増額であります。  

境港市議会 2019-09-04 令和元年 9月定例会(第1号 9月 4日)

水産の振興について申し上げます。  令和元年上半期の境漁港における水揚げ量は、サバ、マイワシの減少により5万8,000トン余と前年比73%でありましたが、水揚げ金額につきましては124億4,000万円余、前年比105%となりました。  境漁港の高度衛生管理型漁港市場整備につきましては、「安心と安全が進化するみなと」として6月1日に陸送上屋と1号上屋が供用開始となりました。

米子市議会 2019-09-03 令和元年 9月定例会(第1号 9月 3日)

次に、農林水産費でございますが、園芸産地活力増進事業は、鳥取西部農業協同組合が行うニンジン共同選果場の加工ラインの改修に対して助成しようとするものでございます。  次に、土木費でございますが、排水路補修事業は、破損が著しい道路・側溝について緊急的に補修工事を行おうとするものでございます。  

琴浦町議会 2019-09-03 令和元年第 5回定例会(第1日 9月 3日)

農林水産費では、しっかり守る農林基盤整備事業について、元旧川上流における水路溢水対策として、水路の現況状況を把握するための現地調査を必要とすることなどに伴う経費を追加しています。また、農地中間管理機構関連の整備事業について、鳥取県が行う圃場整備事業に対し、琴浦町がその事業費の一部を負担するものですが、事業許可のおくれから翌年度に事業実施見込みとなったことに伴う経費を減額しています。  

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第6号) 本文

例えば農林水産の6次産業化であります。6月の定例議会で文教経済委員会で報告もあり、本議会で補正予算に上がっている次世代型園芸施設整備実証事業、鹿野地域でのイチゴ栽培への支援が好例となっております。本市の将来的な6次産業化、スマート農業として、地域経済の好循環を生み出す実証実験として非常に重要な意味があると考えております。

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第5号) 本文

また、負担金の根拠でございますが、地方自治法第224条の規定によりまして、農林水産の振興のために実施する事業の費用に充てるための分担金の徴収について必要な事項を定めております鳥取市農林水産振興事業分担金徴収条例に基づきまして、事業の施行により特に受益を受ける団体または個人に受益者負担金をお願いしているところでございます。  

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会 目次

………………………  33 金田靖典議員(要望) …………………………………………………………………………………………  33 議長(休憩、再開) ……………………………………………………………………………………………  33 魚崎 勇議員(~質問鳥取市観光振興〔令和元年度の観光入り込み客の状況はどのよ  うになっているのか、例年と比較してどのような傾向が生じているのか〕について、本  市農林水産

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第2号) 本文

鳥取市は農林水産生産者の所得向上のため6次化を進めていますが、6次化の進展状況はどのようになっているのか、お伺いします。  3点目は、鳥取市土地利用についてお伺いします。  道路整備が進み、宅地開発などが進んでいますが、鳥取市土地利用の現状はどのようになっているのか、お伺いします。