201件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倉吉市議会 2019-09-03 令和元年第4回定例会(第2号 9月 3日)

○市長(石田耕太郎君) 市道に張り出した樹木の伐採についての考え方ということでありますけれども、ちょっと法律論を申し上げると、民法第233条第1項では、隣地の樹木の枝が境界線を超えるときは、その樹木の所有者にその枝を切除させることができると規定をされております。逆にその反対解釈として、隣地の樹木の枝を勝手に切ることはできないと解釈をされております。

八頭町議会 2019-07-24 令和元年第 7回臨時会(第1日目 7月24日)

民法にはこういうふうにあるんです。民法第136条、期限の利益及びその放棄と。「期限債務者の利益のために定めたものと推定する。期限の利益は放棄することができる。ただし、これによって相手方の利益を害することはできない。」町長は、この法をどのように解釈され、第70号議案を提案されたのか、お聞きしたいです。 ○議 長(谷本正敏君) 吉田町長。 ○町 長(吉田英人君) ちょっと休憩してください。

北栄町議会 2019-06-25 令和元年 6月第4回定例会 (第 3日 6月25日)

一方、民法第108条でも同条に抵触することはありません」との回答でありました。  執行部法解釈はあながち間違っているとは言い切れるものではないかもしれませんが、現状のイチゴ工場は「株式会社ドリーム農場」であります。地方自治法民法だけでなく、会社法に基づいた取り組みが重要であり、会社法423条、423条の1項、429条1項に抵触するものと考えます。

北栄町議会 2019-03-13 平成31年 3月第2回定例会 (第 9日 3月13日)

民法をもっと勉強すべきだと思います。この件についても伺います。  5番目、健康増進法の改正について。国は、法律の改正により学校病院等を含む公共施設内での喫煙禁止することになり、県内の自治体でも対策を講じつつあります。北栄町でも取り組む必要があると感じますが、伺います。 ○議長(飯田 正征君) 松本町長。 ○町長(松本 昭夫君) 阪本議員の御質問にお答えいたします。  

湯梨浜町議会 2019-03-11 平成31年第 3回定例会(第 5日 3月11日)

まず、1問目ですが、成年後見制度は、認知症、知的障がい、精神障がいなどにより判断能力が不十分な方々の権利擁護の観点から、平成12年に民法が改正されて、新しくできた制度です。  しかし、最高裁の統計によりますと、全国でも3万5,000人程度の利用で、横ばい状態が続いておりまして、制度が活用されることが少なかったようであります。  

湯梨浜町議会 2019-03-07 平成31年第 3回定例会(第 1日 3月 7日)

具体的には、児童福祉法の規定による児童福祉施設に入所している児童または小規模住居型児童養育事業を行う者もしくは里親委託されている児童で、民法の規定により扶養義務者のない者を被保険者としないことを定めるものでございます。これにつきましては、昭和34年6月17日、保険発90号で国より国民健康保険法児童福祉法との関係についてという通知がありまして、その中に被保険者としない者が提示されておりました。

琴浦町議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 5日)

改正内容としては、児童福祉法の規定により、児童福祉施設に入所している児童または里親委託される児童にあって、民法の規定による扶養義務者のないものを国民健康保険の適用除外とするものであります。  このことについて既に運用は行われておりますが、今年度から国保が広域化したことに伴い、県内で統一的な条例への記載を行うものであります。  

伯耆町議会 2018-12-07 平成30年12月第 4回定例会(第2日12月 7日)

起こったときにじゃどう対応するかというと誰も対応する人がいないので、家屋の場合なんかも端的にそういうことが起こってくると代執行しないといけないとか民法上の措置を講じるとか、わけのわからん話になってきます。ですので放置できない問題になってきたという認識があって、今回国のほうでも法制度を新たに施行されるということですので、これは地方自治体としてもやっぱり重大な関心を持って向かわないといけません。  

湯梨浜町議会 2018-09-25 平成30年第 5回定例会(第13日 9月25日)

それで、町長が言われたように、最後に、最後というよりも、これは弁護士との相談等によって、民法の641条の契約解除という方法として、方法論としてそれをやっていく、あるいは財務規則の任意解除権を使ってやっていくという、言ってみれば事務的にはそういう淡々とした流れ方にならざるを得んのかと思いはありますけど、今言いましたように、冒頭言いましたように、やはり損害賠償を払うだけが私は正しいやり方だとは、常々

鳥取市議会 2018-09-01 平成30年 9月定例会(第5号) 本文

◯平井圭介環境局長 議員がおっしゃいましたとおり、民法上は無主物という扱いという考え方がありますが、市町村条例で持ち去りを禁止しているというような場合には、市町村所有権があるというような解釈で、裁判でそれが不法だと、それが窃盗に当たるというような解釈がなされたケースもございます。  

湯梨浜町議会 2018-06-11 平成30年第 3回定例会(第 4日 6月11日)

民法のほうの条項の適用、これもそういう点から見れば非常に違和感があります。  この問題は、平成29年7月の28日に町内業者のほうから、以前町が実施した土地改良工事の未払いが発覚したというのが最初のときの状況であります。その後、8月23日にも建設議会が町長のほうに要望書を提出された際にもこの問題が取り上げられたというぐあいに町のほうからは聞きました。

鳥取市議会 2018-06-01 平成30年 6月定例会 目次

連帯保証人の連署を必要としない者に該当する特別の事情とは  どのような場合を指しているのか) ……………………………………………………………………… 109 市長(答弁) …………………………………………………………………………………………………… 109 都市整備部長(答弁) ………………………………………………………………………………………… 109 石田憲太郎議員(~追及~公営住宅入居者の契約時期と民法改正

琴浦町議会 2018-03-14 平成30年第 3回定例会(第4日 3月14日)

議員(14番 桑本 始君) Uターンの婚活ということになって、琴浦の出身者が出ておりますから、関西2府8県、多分西日本の会もその方だし、その方にはネットワークをつくられて関西の交流会にも出られてもらって、ちょっと20代は早いと思いますから、民法で18歳が成人になるといっても30代もターゲットに、うちの娘も出させますんで、そこを農業委員会とマッチングさせて引き戻す、琴浦に、結婚させる、子供を産む、これはええ